読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

皮膚へのアプローチの歴史(7)

最終日になりました。 「アプローチ」と「メッセージ」というのは、 「からださん、どうですか?皮膚を介して教えて」というこちらからのアクションに、からだが「ハイ、きもちいいですよ~」と、答えを返してくれることなのではないでしょうか。 そういえば…

皮膚へのアプローチの歴史(6)

渦状波を受けたクライアントから「家でセンセイの真似したけど、全然効かない」という話を聞くことがあります。 仲間に聞いてみても、やはり「クライアントが真似してやってみたけど反応がなかった」という話を聞きます。 これは、操者自身の「作法」や「呼…

皮膚へのアプローチの歴史(5)

そして実際に「渦状波®(かじょうは)」を受けて頂くと「気功ですか?」とか聞かれたりします。私は外気功もやりますので(操体とはミックスしませんが、外気功のスキルは非常に役に立っています)違いがわかるのですが、気功はエネルギーの移動があります。…

皮膚へのアプローチの歴史(4)

皮膚へのアプローチが何故生まれたかというと、第一分析、動きの操体では対応できない患者さんの存在があったからだと聞いています。 動けない場合は手も足もでないという、まさに操体の盲点です。 その時、三浦先生から「生体の歪みを正す」の一節に「運動…

皮膚へのアプローチの歴史(3)

皮膚へのアプローチ、すなわち渦状波を受けて、どんな感じがするのでしょう。 ある人は、全身の毛穴が開いたようになったとか、ある人は自分が宇宙空間に浮いているようだったとか、ある方は、私は実際横で見学させていただいていたのですが、エクスタシーと…

皮膚へのアプローチの歴史(2)

私も最初は「操体は動かすものだ」という固定観念があったりして「??」という感じでした。 が、その後、座骨神経痛(臀部の筋肉注射ミスらしい)で三浦先生に患者としてかかった(まだ弟子入り前)時、皮膚へのアプローチ、すなわち渦状波を受けたわけです…

皮膚へのアプローチの歴史(1)

こんにちは。畠山裕美です。一週間よろしくお願い致します。 アプローチとメッセージ、というテーマで、 「皮膚へのアプローチ」 「皮膚からのメッセージ」 という言葉を思い出した方も多いのではないでしょうか。 皮膚からのメッセージ―操体臨床の要妙part …

目的意識。

おはようございます。 満開だった白梅も、そよそよと吹く春の風にふかれながら、一枚、また一枚と花びらを散らせています。 ♪吹け~ば、飛ぶような、将棋の駒に~♪ 往年のヒット曲が浮かんできました。王将という曲で、作詞は西條八十氏、作曲は船村徹氏、歌…

不足の美より。

おはようございます。 夜に見る月も、冬の寒く張り詰めた空気の中で見る白い月とは違い、なにか朧気。 この朧な月も、週の始まりの頃は満月でしたが、日が経つにつれて欠けていき、週の後半になってくると半分近くが欠けてきてしまいました。 「花は盛りに、…

コンサルタントとしてのアプローチ・・・4。

おはようございます。 操体の臨床は妙な世界です。患者が治療者になったり、患者から先生と呼ばれている治療者(操者)が、患者のからだに対して、先生と崇め慕う場でもあります。 操者は、患者のからだの要求というアプローチに対して、アプローチで返す、…

コンサルタントとしてのアプローチ・・・3。

おはようございます。 操者はコンサルタント。こう書くと経営コンサルタントとか企業コンサルタントのようなイメージを持つ人がいるかもしれませんが、そうではありません。 経営コンサルタントとか企業コンサルタントといった通常のコンサルタントであれば…

コンサルタントとしてのアプローチ・・・2.

おはようございます。 治すのはからだであり、自分自身が治療者となる。その治しに向く、からだは何を求めているのでしょうか。少なくとも自分の我欲が求めるような、お金とかステータスのようなものは求めていないでしょう。では、どのような求めがあるので…

コンサルタントとしてのアプローチ。

おはようございます。 ふと操体創始者、橋本敬三先生が「さしずめ、ここは患者の墓場だ」と自身の営む温古堂について言っていた、と聞いたことを思い返していました。 当時は全国各地から「どこに行っても良くならない」「何をやっても治らない」といったよ…

道行く人を見ていて。

こんにちは。 梅の花がほのかに香り、陽の光にも春の訪れが感じられる今日この頃です。私の住む地域も、からっ風が吹かなければ、日中は穏やかでついウトウトしてしまう陽気なのですが、雲が立ち込みひとたび風が吹くと、春めいた空気は飛ばされ、土煙ととも…

てがみがくるまえに

童謡・唱歌で有名な「やぎさんゆうびん」を 7日間、「臨床」の観点から覗いてみてきました。 やぎさんゆうびん (はじめましてのえほん) 作者: まどみちお,渡辺有一 出版社/メーカー: チャイルド本社 発売日: 2009/12 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商…

しかたがないので2

童謡・唱歌で有名な「やぎさんゆうびん」を 「臨床」の観点から覗いてみています。 『やぎさんゆうびん』作詞:まど みちお 作曲:團伊玖磨 1しろやぎさんから おてがみ ついたくろやぎさんたら よまずに たべたしかたがないので おてがみ かいたさっきのて…

よまずに たべた2

童謡・唱歌で有名な「やぎさんゆうびん」を 「臨床」の観点から覗いてみています。 『やぎさんゆうびん』作詞:まど みちお 作曲:團伊玖磨 1しろやぎさんから おてがみ ついたくろやぎさんたら よまずに たべたしかたがないので おてがみ かいたさっきのて…

さっきのてがみ

童謡・唱歌で有名な「やぎさんゆうびん」を 「臨床」の観点から覗いてみています。 『やぎさんゆうびん』作詞:まど みちお 作曲:團伊玖磨 1しろやぎさんから おてがみ ついたくろやぎさんたら よまずに たべたしかたがないので おてがみ かいたさっきのて…

しかたがないので おてがみ かいた

童謡・唱歌で有名な「やぎさんゆうびん」を 「臨床」の観点から覗いてみています。 『やぎさんゆうびん』作詞:まど みちお 作曲:團伊玖磨 1しろやぎさんから おてがみ ついたくろやぎさんたら よまずに たべたしかたがないので おてがみ かいたさっきのて…

よまずに たべた

童謡・唱歌で有名な「やぎさんゆうびん」を 「臨床」の観点から覗いてみています。 『やぎさんゆうびん』 作詞:まど みちお 作曲:團伊玖磨 1 しろやぎさんから おてがみ ついた くろやぎさんたら よまずに たべた しかたがないので おてがみ かいた さっ…

やぎさんゆうびん考

おはようございます。 瀧澤さん一週間ありがとうございます。 操体臨床のホントのところ。 それを「生音」で聴いているようでした。 今年開催される4月の春季フォーラムの醍醐味のひとつは 操体臨床の「事例発表」の機会をたっぷり体験できることです。 操…

誰の手の中にも

今回のブログテーマは「メッセージとアプローチ」で す。 自分自身にとって身近に存在する「臨床」を通して、 一週間このテーマと向かい合ってみました。 「どんなメッセージを発することができるのか」 「どんなメッセージを受け取ることができるのか」 「…

「これでいい」もあり

「よく分からないです」 臨床後に「今どんな感じですか?」と伺うと、こんな 返答をいただくことがあります。 操体に出会う以前は「よく分からないです」と言われ ることに不安を感じていました。自分のやったことが 効いているのか、効いていないのか分から…

元に戻ると何になる?

「続けないと元に戻るんですよね?」 初診の時点でこんなことを言われることがあります。 長いこと症状を抱えていると、その状態がその方の元 になってしまうんですね。 痛くて当たり前、辛くて当たり前、症状があって当た り前… でも、よく考えたら診る方も…

きっかけづくり

最近感じること。 それは、「気づく」って大事だなあということです。 「ずーっと痛いから、今も痛い(はず)」 とおっしゃっていた方が、 「あれっ?痛いと思っていたけど痛くない」 とか、 「からだが固くて動けない(はず)」 とおっしゃっていた方が、 …

分かって欲しい

操体と出会う前、こんな会話を患者さんとよく交わし ていました。 「なかなか良くならない」 「(慢性的だから時間はかかりますよ)」 「また戻っちゃう」 「(セルフケアもしてください)」 「マッサージして」 「(筋肉ほぐすだけじゃ…)」 こんな時は患者…

何か違う

「ここが痛いんです」 「ずっと辛いんです」 現場にいるとこんな声を受け取ります。さらに、 「治るんですか?」 「どれくらいかかるんですか?」 「通わなくてはいけないんですか?」 こんな声も受け取ります。 問診がてら、色んなお話を伺いますが、話の中…

臨床って何だろう?

香さん 一週間ありがとうございます。 香さんからのメッセージを受け取り、 今週は瀧澤が担当致します。 よろしくお願い致します。 「結局、臨床って何だろう?」 最近こんなことを考えています。 腕が良いとか悪いとか、相性が良いとか悪いとか、 臨床家は…

引越

ここ数年、引越に縁があります。 プライベートでの引越に続き、職場の引越もしました。 引越をすると普段忘れ去られているモノに意識がいき、 手放すか、より活かす方法を考える良い機会になります。 職場でモノを手放す、処分する場合にはモノによっては、…

ミガク

本物にふれたことがないと、本物はわからない。 偽物にしかふれたことがないのに、本物はわからない。 自分を磨いておかないと、 いざ本物にであっても、気づくことができない。 メッセージも同じこと。 受け取るためには、 メッセージに気づけなければ、 ど…

手段と目的

日常を振り返ると、 目的達成の手段として用いていたことが、いつのまにか目的になっていることがある。 手段が主になり、そこにばかり意識が向いている。 この状態が続くと、本来の目的にはたどり着くことはできない。

主訴

何を選ぶか。 どんな情報もインターネットで調べれば手軽にわかる今、 選択する力が身についていないと、思わぬ事態が展開されてしまう。 情報は少なくても問題になるが、多くても問題になる。 何をメッセージとして受け取り、 何にアプローチ、何をアプロー…

日常の選択

最近読んだ本、「がんが自然に治る生き方」。 私にとって、からだからのメッセージをどう受け止めるかを考える良い一冊でした。 記載されていることが、万人に当てはまることではないかもしれません。しかし、記載されているように患者さんが変化することで…

マリー・アントワネット

昨年秋から六本木ヒルズで開催されている、マリー・アントワネット展。 終了が近づき、ようやく見に行ってきました。 今まで興味がなかったもの、知らなかったことに「興味がないから」と情報を排除しがちになりますが… 「はい」と受け取ると メッセージをメ…

ウェディングマーチ

今日から七日間、香が担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。 立春が過ぎると日の入りが伸び、夕方になっても明るい日が増えてきます。 今年も春が来ると体感するこの頃です。 東京操体フォーラムでも春のイベントが開催されます。 2017春季…

禅師廓庵のアプローチ⑥

昨日のつづき 最終日は、廓庵の 「詩」 へのアプローチで、十牛図の最初に書かれた牛の探索である “尋牛” からのメッセージをひも解いてみよう。 『この世の草原に、私は牛を訪ね、果てしなく、高い草をかき分ける』 この高い草とは何だろう? これはとても…

禅師廓庵のアプローチ⑤

六日目は、十牛図に追加した廓庵の「詩」の題名へのアプローチに入っていきたい。 最初の詩の題名は “尋牛” これは牛の探索について 書かれたものである。 この 「牛」 というのは、生命力や活力やダイナミズムの象徴と言われている。 牛はまさに生命そのも…

禅師廓庵のアプローチ④

昨日のつづき 廓庵はまず、絵や夢でものを考える子どもたちと同じ無意識の言語を試みた。 なぜなら、それが最も深いものだからである。 そして廓庵は十牛の図を描いた。 だが、廓庵は不満足を感じていた。 そこで廓庵はその不満足を埋めるために、付録として…

禅師廓庵のアプローチ③

昨日のつづき 昨日、絵や夢でものを考える子どもたちや未開地の人たちのそれは無意識の言語だと言った。 そして、文明化した我々はモノクロームだと。 そのようなモノクロは文明の言語であるが、虹は未開の言語になる。 モノクロは本当の言語ではない。 しか…

禅師廓庵のアプローチ②

昨日のつづき 廓庵の描いたあのような牛の図は無意識の言語と言われている。 それは視覚化の言語でもある。 また、それは子どもたちの言語である。 子どもたちは絵でものを考える。 それだからこそ、子どものために絵本ができた。 そして、子どもの本に大人…

禅師廓庵のアプローチ

二日目からは、東洋の覚者、中国の禅師廓庵のアプローチを題材にした。 禅師、廓庵といえば、「禅の十牛図」 を描いた人物として知られている。 が、禅の十牛図は、元々は十ではなく八つだった。 というのも、十牛図は仏教のものではなく、老荘思想の流れを…

ソクラーテスのアプローチ

今回の大テーマは 「アプローチとメッセージ」 である。 これを受けて初日は、真実へのアプローチとそのメッセージという 「ソクラーテスのクライマックス」 を題材にしてみようと思う。 時代は二千数百年遡ったギリシャ、アテネの裁判で神を冒涜した罪で毒…

メッセンジャー

生きているということは、生活の場を持っているということですね。 基本的に生活の場とは、人それぞれアプローチする方法があります。 生かされているというのは、意識の場を持っているということです。 日々の生活で、時間・空間を共有したパラレルワールド…

皮膚からいただいて、皮膚に生かす

すぐに役立つ、なにかしらの効用を求める人が多くなった気がします。 例えば、なんでもやってもいないのに、やる前から効果を知りたがり、 「それって、何の役に立つのですか?」と聞いてしまう・・・。 ワタシ自身は三浦理事長に、”渦状波®”を臨床で見せて…

永遠に申し送りされるもの

ほんの一瞬の出来事でも、生涯忘れることのない出来事はあります。 経験に裏付けられた事実は、常に私たちの活力のもとになるのです。 その活力は細胞へのアプローチであって、 「感動」はその意識を変え働き続ける源、ほとばしるエネルギーなんですね。 人…

どんな病気も治る?

なにかしら中身が壊れてきて、目に見えて不自然な状態。 そのようなときにようやく現代医学の病名は診断されますよね。 なにかしら心身が歪になって、目に見えなくとも不自然な状態。 そのようなときに東洋医学は診断即治療を施すこともできます。 では・・…

なぜ不健康になり病気になるのか?

現代の医学のアプローチ。 病原菌に対する手段としての免疫学や公衆衛生学、 怪我に対する応急的処置としての外科的処置は素晴らしい。 ただ、なぜ健康な状態から不健康になってしまうのだろうか? そのアプローチは、現代も未だ藪の中である。 病気になった…

まわりから始まる

生きているだけでメッセージはあるものなんですね。 そして、アプローチをしている人間の何かをきっかけに、 あらゆる変化を通じて、この空間は現象を生み出せるようです。 始原東洋医学という故有川貞清医師の著書があります。 この書籍は面白いことに読む…

響いてくるもの、生みだすもの

今週一週間、ブログ担当となる岡村郁生です。 脱線しつつ目的地に進みますので、よろしくお願い致します。 お題「アプローチとメッセージ」 このお題をいただいたとき、何かに”なる”アプローチって何だろう? そして、何かに”頂いている”メッセージって何を…

アプローチとメッセージ その7(非接触)

雰囲気は重要だ。嫌な空間にいると嫌な気持ちになり、善い空間にいると善い雰囲気になる。操体では人のからだに触れずともからだが改善できる。物質的には触れていなくても、その空間でその人々と触れているのだ。私は常に嫉妬されるほど善い空間の中にいた…