東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

一週間担当します、香です。よろしくお願いいたします。 このところ、雨が続いている。 雨が強く降り、雨粒が窓ガラスを滴る方向性に意識を向けると、 雨で冷たく濡れたつま先を忘れる時間がある。 自然に生かされていることを 雨粒とともに実感する。 2017…

感謝⑦

臨床結果に感謝 私は療法家として生計を立てるようになって、もう随分と年月が流れた。 その間に色んな患者さんと接してきたが、今回紹介するような臨床例も多々ある。 参考にしていただければ幸いである。 その人、A氏はこう訴える 「頭痛がするんです。 長…

感謝⑥

心の傷を感謝で受け容れる 我々人間は自我という過敏なものを持っている。 それは傷口のようにいつも開いていて生々しい。 それは触れられると痛む心の傷でもある。 ちょっとした言葉、ちょっとした仕草・・・・・・相手は自分に何をしたか気づいてさえいない。 だ…

感謝⑤

痛みに感謝 もし、「痛み」 というのが本当は自分の友達だとしたら、どういうことになるのだろうか。 痛みとは自分の人生について重要な情報を与えてくれるもので、それに耳を傾け、その情報に従った場合、痛みは消えてしまうとしたら・・・・・・? きっと、痛み…

感謝④

食べ物に感謝 「医食同源」 や 「食は薬なり」 や 「身土不二」 などの言葉を聞いたことがあると思う。 これは健康のためには何を食べたら良いか、というようなことを言っている。 しかしながら、食養の専門家たちの中には、「食」 を 「物」 の面からだけし…

感謝③

健康と病気、共に感謝 我々人類において、感謝といえば何をさておいてもまず、「健康」 に感謝せずにはおれない。 健康であればこそ何でもできる。 努力することも怠けることも、善人であることも悪人になることも、すべて自由に選ぶことができる。 健康とは…

感謝②

人類誕生の功労者、月に感謝 昨日は生物の主要な形態要素である 「ナトリウム」 について述べたが、今日はそのナトリウムを含んだ海水ができる一番の功労者である 「月」 を考察してみる。 銀河系宇宙の中で地球は水の惑星と呼ばれているが、地球の表面を覆…

感謝➀

人類にとって最も基本的な感謝 地球生物の生命活動の根幹を担う重要な元素であるナトリウム。 地球上のすべての生物といってもいいくらい生命体にとって、ナトリウムは生きていくのに必要不可欠な元素である。 我々人体についても例外ではない。 本来、ナト…

世代を超えて繋がる伝説

何が正しくて、何が間違えているのか。 それが全てわかったら、一体どうなってしまうのでしょうね。 正しいだけでは、良いことばかりではないような気もしますし、 かといって、間違っているのが多すぎてもやはり困るでしょう。 正しい暮し方読本 (福音館の…

細かい事は、見えない世界

見えている(認識できる)から話す。 見えていない(認識しない)から話さない。 お金を払わない(無料)のは、認識できないから。 お金を払う(有料)なのは、認識できるから。 自分のエネルギー(個人所有)だとおもっているから。 自然のエネルギー(所有出来な…

悩んでいるときほど、体感できる

目的達成に向かう欲望。 その渇望ともいえるエネルギーを支えているのは、前頭葉に向かうホルモン。 壁は高く、多ければ大きいほど、ヒトの脳にあるドーパミンは放出されます。 アルフレッド・アドラーも語っています。 「マイナスをプラスに変えることがで…

過去の矛盾を取り払う

青春、萌夏、紅秋、白冬という並びを知ったのは、 サムエル・ウルマンで有名な「青春」の詩を知った後でした。 生きているからできる事、眠っていてもできる事、そして生き方次第では、 亡くなってからでも出来てるんじゃないかナ・・・と感じることは多くなります…

逆にありがとう、と感じる今

今回のテーマ「感謝」の意味をググって(検索)してみたんですよ。 すると語源とか、感の意味と謝の意味とか、色々調べて書いてある。 いや~ほんとうにいい時代になりましたねぇ・・・(遠い目) そういえば先日のことなんですけど、私の親が孫である私の娘に、…

探検しなければ、発見できない

概知の世界から未知の世界に行かなければ、 人は何も知ることはできない・・・と語っていたのは、 ホメオスタシスで有名な生理学者クロード・ベルナール。 ワタシ自身、探検の少ない人生の冒険は苦手なんですよ。 逆を言えば、マンネリするくらいならニンマリし…

歳(よわい)を重ねる

今週から、テーマ「感謝」で担当する岡村です。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 操体を学んでいると出会うのは、様々な言霊の宝石です。 感謝して想う言葉の宝石は、「言葉は運命のハンドル」 ハンドルが必要なのは、誤って動かすと危険だからですよね…

感謝 その7

笑えることは非常にうれしい。 愉しいこと、おもしろい話題。 何か愉しいことに触れていたい。 触れているといい流れが来るようだ。 引き寄せの効果に日々感謝している。 一週間お付き合いいただきありがとうございました。 2017年秋季東京操体フォーラムは…

感謝 その6

私は営業という職種で毎日お願いしている。 ほんと一人では何もできないし、わからないことだらけだ。 私よりも知識や経験に長けた人はまわりにいっぱいいる。 その方々の協力なしには仕事ができない。 その方々への感謝の気持ちがなくなったら私は営業とし…

感謝 その5

最近、私はメルカリにハマッっている。 私に必要にないものでも他人にとって必要なものはいくらでもあると実感している。 ただのネットでのやり取りだが人格も出る。 ネット上の付き合いでも人付き合いは大切にしたい。 購入してくれる方への感謝の気持ちを…

感謝 その4

毎月、三浦先生のところへ行き操体を学ばせていただいている。 学ぶことがなくなったらなんてさびしいことだろう。 日々学べることへ感謝したい。 中国では102歳のおばあちゃんも学んでいます。 2017年秋季東京操体フォーラムは、2017年11月23日(木)に開催…

感謝 その3

毎日、健康でいられることへの感謝。 美味しいごはんが食べることも、気持ちよく朝起きられるのも健康であることが条件。 あたりまえの毎日が来ることへの感謝。2017年秋季東京操体フォーラムは、2017年11月23日(木)に開催致します。 テーマは「生エネルギ…

感謝 その2

人は一人では生きていけない。 何らかの形で交わっている。 朝ごはんも食べることができるのも誰かがお米を作ってくれている。 誰かが納豆を作ってくれている。 誰かがお味噌汁を作ってくれている。 毎日美味しいものを食べることができることへの感謝。 201…

感謝 その1

今週からブログのテーマが「感謝」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 朝起きて今日も生かされていると実感する。 生きていることへの感謝で朝が始まる。 朝日を浴びる。 天気が良ければなおさらだ。 2017年秋季東京操体フォーラムは、…

見た手

最近、プロの棋士とAIとの将棋対戦が話題になった。 羽生善治氏は、人間とAIの将棋の違いについて、「人間は、連続性や規則性によって記憶し理解するが、AIは一手進むと過去はなかったかのように判断を下す。思い込みや先入観が除かれた手が生まれる。」と分…

身立て Ⅱ

「立身出世」という言葉がある。 一般的には、社会的に成功して偉くなる、という事を言うのであろうが、ここでは、私は別の意味で使わせて頂きたい。 生まれたての赤ん坊が、やがて首が坐り、寝返りを打ち、腹這い、四つ這い、ヨチヨチ歩き、やがて学童、生…

身立て Ⅰ

「鍼灸聚永(じゅえい)」の四総穴に、「腰背委中」(腰背は委中に求む)というものがある。腰背部の疾患には委中が有効である、という事を述べている。 腰背:これは、骨盤を中心に腰椎、股関節を含めた骨盤周りのことを言っている、と私は考えている。 委…

観立て

宮本武蔵は、『五輪書』において、「観の目(心の働きにより状況全体を見る目)つよく、 見る目(目で追って物を見る目)よはく」と言っている。 「達観」という言葉がある。 ・眼前の成行き、小さな失敗などにとらわれず、全体の情勢を広い視野に立って見渡…

見立て

枯山水の庭では、巨石を蓬莱山に見立て、そこから流れ出る滝や川、そして海を小砂利に波や渦の文様を付けて表現する。 古人は、人体の部分を、自然界や動植物に見立ててツボを命名した。例えば、両膝蓋下の「犢鼻(とくび)」は、この凹みが牛の鼻の穴に見え…

診立て Ⅱ

患者さんが知りたいもう一つの事は、予後である。 「治るでしょうか?」 「治療にどのくらいの期間がかかりますか?」 からだは、そんな事は聴いていない。 ただ、その治療者の生命生理観、診方、力量、境涯、等を見透して反応する。 我々が、「操体法」と呼…

診立て Ⅰ

「先生のお診立ては?」 患者さんが一番知りたいのは、そこである。 これこれこういう説があります。とか、こういう考え方も出来ます。というものは、どうでもいい。 「お前は、どう思うのか?(=お前に任せていいのか?)」 臨床家は、常にこの問いを突き…

「ミタテ7 ~多面性の持つ~

七日間、自分が思っている「ミタテ」について書いてきましたが、最近特にこれを行う中で強く感じていることは「多面性」を持って見ていくことの大切さです。 現在自分が取り組んでいることも、また違った方向から見てみると違った答えが出てくるということで…