東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

友松 誠(ともまつ まこと)

感性 > 知性と知識。

おはようございます。 愉しい時、嬉しい時というのは、脳内にドーパミンが分泌されているようです。ドーパミンは報酬系の神経伝達物質ですから、何かを達成したときや満足感によって分泌され、快感をさそうようです。ですから人間が創造性を発揮することに於…

感性と知性・・・2。

おはようございます。 知性とは、物事を知り、考え、判断する能力のことで、比較、抽象、概念化、判断、推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまで作り上げる能力。 感性とは、物事を直感的に感じ取る能力のことで、これは言語では表現しづらく、実感…

感性と知性。

おはようございます。 知性とは、物事を知り、考え、判断する能力のことで、比較、抽象、概念化、判断、推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまで作り上げる能力。 感性とは、物事を直感的に感じ取る能力のことで、これは言語では表現しづらく、実感…

感性とバルの戒め。

おはようございます。 天才的とか感性が豊かとか、何かの才能に秀でるセンスというのは、遺伝や脳の使い方、育て方によって決まってくると言われます。 だいたい60パーセントぐらいは遺伝子の影響を受け、40パーセントぐらいは生まれた時代や受けた教育…

感性と努力。

こんにちは。 今週は友松の担当となります。 どうぞ宜しくお願い致します。 今回のテーマは「感性」ということですが、感性と聞いてまず思い浮かんだのが、音楽や絵画といった芸術と呼ばれる分野の人達でした。 そして、芸術の分野では、しばしば「天才」と…

真花へ。

おはようございます。 今回のブログのテーマは「シンカ」と聞いて、思い浮かんだものに「真花」というのがありました。関東甲信はやっと長い梅雨が明けたようですが、梅雨の季節の代名詞でもあるアジサイには装飾花と真花があります。はじめに大きな花びらの…

その進化は深化より。

おはようございます。 なんだか最近、某週刊誌で手術や薬に関する記事を毎週のように取り上げています。その内容を詳しく書くつもりはありませんが、やはり、からだを治すのはからだであり、そのからだの要求に応える事を最優先しなければならない、というこ…

進化と深化の求め。

おはようございます。 生き方の自然法則を究明し、それを応用して、変化する環境に適応出来るようにしていくのも進化であると思います。そして、その進化には究明した自然法則を更に原究するという深化が伴います。 つまり、時代背景やそれに伴う環境が変わ…

進化の求め・・・3。

おはようございます。 進化という事柄について、私は3つのことが思い浮かびました。 一つには、環境に適応する為に自らの生態を変化させる。もう一つは、環境をよりよく共存共栄の世界へと自ら変えていく智慧とテクノロジー。そして、もう一つ挙げるとした…

進化の求め・・・2。

おはようございます。 進化とは、環境に適応する為に自らの生態を変化させていく、という考え方が多いと思います。しかし、人間だけは自然環境に手を加えることが出来る。という事は自らの手で、よりよい環境をつくりだしていく、そのテクノロジーも、進化す…

進化の求め。

おはようございます。 あらゆる生き物の中で、自然環境に手を加えることができるのは人間だけです。そして文化を創造し、文明を発展させることができるのも人間だけです。 大元に自然環境があり、そこに人為・社会的環境が加わり、そうした空間で文化、文明…

進化と進歩。

はようございます。 今週は友松が担当いたします。どうぞ宜しくお願い致します。 今回のテーマはシンカということです。 このテーマを聞いた時、思い浮かんだのが10年以上前の東京操体フォーラムの懇親会での出来事でした。 飲みながら何人かの人と話し込…

習慣。

おはようございます。 環境に適応することが健康につながりますが、健康とは自分自身で創造していくものだと思います。創造とは新たにつくりだしていくという意味合いがありますが、まずは自然環境にからだとともに順応できるようにしていくべきであります。…

「生き方上手」という本より。

おはようございます。 今回のブログのテーマが「上手い下手」だと聞いた時、まず思い浮かんだのが「生き方上手」という言葉でした。 この生き方上手という言葉から、誰もが思い浮かべるのが、医師の日野原重明先生の書いた「生き方上手」という本のタイトル…

その感覚は財産。

おはようございます。 何事も動作一般に言えることですが、からだ全体で合目的な使い方ができれば能率が良く、見栄えも良く、心も晴れ晴れしてくるものです。 からだを動かす事は、生きていく上での最小限必須条件であり、その使い方にも責任があるのです。…

感覚を取り入れましょうよ。

おはようございます。 昨日ちょっと書きましたが、これだけ練習を続けてきたのだから、という裏打ちを自信にしている人は多いと思います。しかし、量を積み重ねるだけでは自己満足は得られても、上手いにはつながらないと思います。 量より質という事は重要…

自信。

おはようございます。 昨日の最後に、自己本質の善美を信じ、という言葉を使いましたが、これは橋本敬三先生の文章の中の言葉を引用させていただいたものです。文章ですから、この言葉の前もあり後もあり、文節として以下の様になっています。 【 自分の失敗…

資本に見立てて。

おはようございます。 からだが資本という言葉をよく聞きます。怪我をしていたり、からだになんらかの不調を抱えていては何事も上手くいかないということは、誰でも周知の事柄です。資本となるものは大切にしなくてはならないですね。 資本を活動の元になる…

聴き上手。

こんにちは。 今週のブログは友松が担当いたします。 一週間どうぞよろしくお願いいたします。 今回のテーマは「上手い下手について」ということですが、このテーマは春の東京操体フォーラムのテーマでもありました。 春の東京操体フォーラムといえば、先週…

身をゆだねる。

おはようございます。 今日で、今回のブログ担当も最終日となりました。今回のテーマは「ネガティブなエネルギーから身を守る」という事でしたが、最近はネガティブになるようなニュースが多いですね。 インターネットのニュースでは、連日、元プロ野球選手…

思想による束縛。

おはようございます。 操体の創始者、橋本敬三先生は、先の戦争後、ソ連(現在のロシア)で捕虜生活を送っていた事があったという。 その当時、寒さや食糧事情もさることながら、一番苦痛に感じたのがスターリン主義とも呼ばれる、共産主義思想の強要であっ…

一番身近な理解者と偕に。

おはようございます。 心とからだ。からだは、心の状態に合わせてくれている。からだの歪体化現象も、その心の状態にからだが対応し変化してくれている、という捉え方もできる。しかし、心はどうだろうか、からだの要求に応えてあげられているだろうか。 何…

向き合い方を変えてみる・・・3。

おはようございます。 からだの歪み。それ自体は悪いものではない。からだは歪む事で、様々な環境、関係性から受けるストレスを軽減させて、その生命を維持できるようにしているのだから。からだが歪むという事は、むしろ有り難い事でもある。 健康傾斜の歪…

向き合い方を変えてみる・・・2。

おはようございます。 施術者は、依頼者の症状疾患やそれに伴う主訴をなんとかしようと、真正面から依頼者の持つネガティブな感情や思想から生じるエネルギーと向き合うのではなく、角度を変えてそれらの元になっている、からだの歪みに着目してみる。 操体…

向き合い方を変えてみる・・・1。

おはようございます。 臨床に携わって、身心の不調、症状疾患を抱えた人と向き合っていれば、ネガティブなエネルギーとは無縁でいられない。なぜなら、ほとんどの人は身心の不調、症状疾患により不快で、それが嫌で、どうにかしてほしくて、こちらに依頼して…

増幅ではなく、転換へ。

こんにちは。 今週は友松が担当いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 今回のテーマは「ネガティブなエネルギーから身を守る」との事。 臨床に携わって、身心の不調、病みを抱えている人を診させていただいていれば、ネガティブなエネルギーとは無…

互いに生かし活かし合う。

おはようございます。 今日は日の出が綺麗でした。 地にある建物や木々は引き立て役として黒くなり、その上の天につづく空が、曙色、オレンジ、黄金色と重なっていく。その重なりは、いつしか黄金色旺盛になっていき、黒い引き立て役だった木々や建物に彩を…

鬼門より。

こんにちは。 今日は朝から、どんよりと曇ってます。最近は雨が多いですね。 晩秋の雨というと、例年は傘をさす手が凍えるような、そんな冷たい雨だったような気がしますが、今年はそれほど寒くなく、静かな雨に感じます。 静かな雨。ちょっと前までは蛙の鳴…

「鬼は帰なり」を考察してみる。

おはようございます。 五行大儀の「鬼は帰なり、古は死人を帰人と為すと謂う」 この言葉の説明には「帰とは、其処から出て行ったものが再びその元のところに戻ってくることの謂。元のところとは、そのものの本来の居所なので、そうなれば帰人すなわち死者こ…

生者と死者・・・2。

おはようございます。 ちょっと昔の記憶が、ふと、蘇えって来た。 ちょっとといっても、私がランドセルを背負った小学生だった頃の事だから、随分と昔のことになる。 内気で気の弱いMちゃんという同級生がいた。学校の帰り道が同じ方向だったので、よく一緒…