読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

畠山裕美(はたけやまひろみ)

 六日目。死者への愛

ある医師がいた。 彼の妻は生まれた時から決まっていた 許嫁だった。 学生結婚し、医師は戦争中何度も戦地へ 軍医として赴き、 終戦を北朝鮮で迎えた。 3年間のシベリア抑留の後、 やっと日本に帰ってきた。 妻は息子と共に家を守っていた。医師は最新の西洋…

五日目。陰と陽

でも、人間は魂と肉体を持っている(二分化)されているので、 一つじゃわからない。というか 本来「愛」というものは「無償」なのだ。なので、魂にも肉体にもわかるよう裏と表 陰陽を作ったなので人間は精神的なもの(縦軸) 物質的なもの(横軸) 両方必要…

四日目。そもそも愛って

昨日3月3日はひな祭りでした。ひな祭りとは関係なく 昨日はコンサートに行って来ました。 師匠と実行委員の寺本君と一緒です。エンターテイメントの王者、 KISS です。師匠は三度目、寺本君は初体験★です。私は忘れました(笑)思えば「愛」の概念は、この…

 三日目。宇宙不変の法則

橋本敬三先生は「社会主義的弁証法よりも、陰陽弁証法のほうが優れている」 というようなことを書いていらっしゃいます。シベリア抑留中、いわゆる「アカ(社会主義)」思想を 叩き込まれるわけですが、その中で 陰と陽のある日本神話(例えばイザナギとイザ…

二日目 愛あればこそ。

突然ですが、 団十郎さん、勘三郎さんに続き 三津五郎さんまでお亡くなりになりました。 歌舞伎の名優がまた・・という感じです。合掌。私は生まれて初めて見た歌舞伎が 団十郎(当時はまた海老蔵)さんで、高校生の時 文化鑑賞に力を入れていた学校の課外授…

 一日目。 愛の反対側にあるもの。

ご無沙汰しております。 畠山裕海(はたけやまひろみ)です。 一週間よろしくお願い致します。 愛の反対側にあるもの。今回のブログの共通テーマは「愛」だそうです。「哲学」とか「操体」とか「編集」という言葉くらい 幅広い言葉ではありませんか。愛の反…

 操体はリベラルアーツだ!(その6)

さて、これは何かというと、温古堂の「料金表」です。 橋本先生が79歳ですから、1976年(昭和51年)頃です。健康保険は効きません。 自費診療です。 医者が自費診療で、というのは相当覚悟がいったのでは と思います。三浦先生によると警察官とか自衛隊とか …

 操体はリベラルアーツだ!(その5)

私が最初に三味線に接したのは、 父親が仕事のご縁で貰ってきた津軽三味線のあるお師匠の リサイタルに行った時でした。 その頃から洋楽(ハードロックとか)好きだったのですが、 津軽三味線ってすごい迫力なんですよ。あの激しいのを集団でやられると 結構…

 操体はリベラルアーツだ!(その4)

結構カメラが好きで、ずっとデジカメを使っていました。 SONYのフロッピーディスクで撮る時代のも持っていました。 一時は、ソニーのサイバーショットに凝っていましたっけ。そして、デジタル一眼レフですが、 欲しいと思いつつも「買ったら絶対はまる・・・…

操体はリベラルアーツだ!(その3)

横山大観という画家の名前はご存じだと思います。 横山大観と若い頃一緒に活動していた菱田春草という画家がいました。 彼は37歳という若さでこの世を去ります。ある美術展で、ポスターを見ました 「あ、目が合いましたね」、と書いてありました。 そうです…

 御礼 2014年秋季東京操体フォーラム

お陰様で、2014年秋季東京操体フォーラムを無事終えることができました。 皆様のご参加ご協力に心より御礼申し上げます。 福岡からゲスト講師としてお越しいただいた新部健太郎先生による 易と八卦掌は「8繋がり」で何やら深いものを感じました。操体と「8」…

操体はリベラルアーツだ(その2)

リベラルアーツとは、大学の教養学部のことを指したりします。 専門分野の研究もいいのですが、専門に偏り過ぎて、一般教養がおろそかになり、 もう少し一般教養を深めようという動きがありました。操体は、単なる「手技療法」ではありません。 創始者、橋本…

操体はリベラルアーツだ(その1)

こんにちは。 畠山裕海です。昨日からいよいよ秋季東京操体フォーラムがはじまりました。今、フォーラムの会場で、休み時間です。昨日は「操体はリベラルアーツだ!」というテーマで、 今日は「操体進化論」。 「操体はリベラルアーツだ!」ということで、 …

 おとひめカード

一週間お付き合い、ありがとうございました。大河ドラマで「軍師官兵衛」をやっています。官兵衛が何に長けていたかというと、易占(えきせん)・天文学・地理学だったのだそうです。 勿論官兵衛が占筮(せんぜい)しているシーンが放映されるわけでもないよ…

真田十勇士

島地勝彦先生が薫陶を受け、乗り移り人生相談にも登場の文豪、柴田錬三郎先生。 「眠狂四郎」で有名ですが、 なんと、これが最初の時代劇執筆だったとか。NHKの人形劇シリーズで、柴田錬三郎先生が原作を書いていらっしゃったのが 「真田十勇士」。初日にご…

 日本近代文学館

少し前の話になりますが、駒場公園内にある、日本文学館に行って来ました。偶然にも今、月に何度かお隣の東大駒場生産技術研究所にお手伝いに行っています。 元々の上司が東大の特任教授をやっていて、ちょっと頼まれているのです。というわけでお昼休みに行…

 偶然。

偶然は必然とか、シンクロニシティとかいいます。 あれと「直感」はどう違うのか考えたりします。今朝のことです。 道を歩いていたら、ふと、ある女性のことを思い出しました。 そんなに親しい間柄ではないのですが、15年位前の、知り合いの彼女でした。 確…

熱中症 つづき

仕事の最中に、熱中症で搬送されたりするのは、建設業の現場だそうです。 最近は、現場にクーラーボックスを置いて水分補給を積極的にやっているところも多いようですが。さて、ある先生が、過酷な夏の労働について調べたところ、 イタリアはヴェネチアの、…

熱中症

湿気と暑さには滅法弱いのですが、この連日の猛暑にちょっとやられました。テレビを見ると、一日に何人熱中症で病院に搬送されたかやっていますが、 ここ数年の増加数はすごいですね。亡くなる方も多いようです。 私が子供の頃と、あきらかに夏の暑さの質が…

 国保検診。

何とも強烈なコピーなんですが 年に一度位は血液検査くらいはしなよ!ということなのかもしれません。 というか、 ここまで脅かさないと受診しないかコラ!みたいな感じです。私は自営業者なので、国民健康保険のお世話になっています。5月が誕生日なので、…

 脳内視力と眼球視力。

私は読書が好きです。 一週間に7冊から10冊は読みます。 ド近眼なので、コンタクトレンズをしていますが、 疲れ目や肩こりなどとはほとんど無縁です。紙の本だけではなく、並行読書をするので、 昼間移動する時にはiPad miniで。 夜、布団の中ではkindleで読…

 鉄不足。

あまりテレビを見ないのですが、 この前たまたまついていた「ためしてガッテン」を見ていたら、 鉄不足のことをやっていました。登場したのは二人の女性。 一人は原因不明のうつ。 もう一人はつらい睡眠障害。この二人、フェリチンという鉄成分が不足してい…

  漢方薬。

今年は1月から定期的にプラセンタ注射を真面目に打っているせいか、 例年に比べ、花粉症がそんなにひどくありませんでした。ちなみに、プラセンタは「紫河車(しかしゃ)」という漢方薬でもあります。効能が 補腎益精 益気養血作用、補肺止咳作用で アンチエ…

 三年の経過。

初診のクライアント(女性)に「操体は何で知ったのですか?」と聞いてみたところ、本で読んだと聞いた。内澤旬子さんという方の本だそうなので、早速買ってみた。身体のいいなり (朝日文庫)作者: 内澤旬子出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2013/08/07…

 睡眠と運動。春季東京操体フォーラムご報告

昨日「2014年春季東京操体フォーラム」が、開催されました。ご参加の皆様、ありがとうございました。本邦初の「よつんばいでの基本運動(般若身経)、 これも初の、グレゴリー・ローゼン氏による 「英語での操体指導(それも第二分析)などなど、 結構「はじ…

 快眠

皆様こんにちは。今週一週間は畠山が担当致します。本日は2014年春季東京操体フォーラム開催日です。 さて、どんな一日になるのでしょうか。 ご報告は追ってまたということで。これは、農文協(一般社団法人農山漁村文化協会)から発行されている 「季刊 う…

 操体は、楽な方にきもちよく動くのではない。楽と快の区別を明確にしているのが操体である。

操体は、楽な方にきもちよく動くのではない。楽と快の区別を明確にしているのが操体である。 楽な方が本当にきもちいいのだろうか?それは単に「楽でスムースでなんともない」のではないだろうか?東京操体フォーラム実行委員含め、読者あるいは操体愛好家の…

 若さの泉。

5つのチベット体操──若さの泉・決定版作者: ピーター・ケルダー,渡辺昭子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2005/01/12メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 17回この商品を含むブログ (16件) を見る「若さの泉」という本があります。十数年前、たまたま…

 スカルとダイヤモンド。

ガイコツは昔から好きだ。 海賊も好きだし、うちの先祖は代々から海の民なので、DNAに何かインプットされているのかもしれない。子供の頃「一休さん」の伝記を愛読していた。とんち小僧の一休さんの(子供の頃の法名は「周建」と言う)話しだけではなく、20…

 磨け。

私は子供の頃、そうですね12歳くらいからタロットをやっていました。 占いの結果というよりも、何が出るのか楽しみにやっていたような気がします。いずれにせよ、操体のほうが興味では上です(笑)。「愚者は占いをバカにし、賢者は占いを利用する」という言…

 神社とお参り。原始感覚を磨く。

昨年は、お伊勢と出雲の遷宮でしたが、昨年に限って行くチャンスを逃しました。 一年遅れですが、今年は参拝しようかと思っています。出雲はフォーラム理事の福田画伯(来週登場)がおりますので、大抵お世話になります。 お蕎麦も楽しみだし、大学で小泉八…

 私が守っていること。

「これだけは守っている」ということは誰にでもあると思う。私の「これ」は、 「楽」と「快」を混同しないこと。 「診断(動診)」と「治療(操法)」の区別をつけること。 この二つだ。四捨五入すると20年前のある日、ぎっくり腰で這うようにしてやってきた…

 クズ本とはこれ如何に?

寒中お見舞い申し上げます。畠山裕海でございます。今年もどうぞご贔屓に。****電車のつり広告に何気に目をやると「クズ本を選ばないための識別眼」という記事が目に入った。 ビジネス誌の特集記事だ。私は読書が好きだ。 3才の時、住んでいた団地の児…

トイレ掃除もろもろ。

お店とかそうですが、トイレ掃除は大切だと言われます。 世の中の人気商売のタレント大御所もトイレ掃除をしているとのことです。 また、トイレに神様がいるのは日本だけかもしれません。 埴山姫命(ハニヤマヒメノミコト)というのが、厠神として有名ですし…

ドライブがかかる。

10年程前までは、操体法東京研究会の受講生は、鍼灸師、柔道整復師などが殆どだった。 何故ならば、講習の告知は「月刊医道の日本」誌に掲載されていたからだ。「医道の日本」誌は、鍼灸東洋医学の専門誌であるから、一般の人にはあまりなじみがない。現在は…

封印を解く。

10数年前、私はそれまで講習で指導していたものを止めた。 プロ向けの臨床操体の講習だ。 現操体プラクティショナーの中にも受講したメンバーがいる。私が習って、それまでやってきたものは、勿論第一分析(D1)だった。 そしてそれは、「快方向に動かす」と…

猫の爪切り

以前にも書いたと思いますが、私の特技は「猫の爪切り」です。初対面の猫でも切れます(笑)。猫というのは非常に敏感です。 ある猫は、家のヒトが獣医さんに往診を頼んで、電話口での「先生」という言葉に反応し、押し入れにもぐって出てこなくなったとか。…

居つく・居つかない(2)

先日、夏バテしたので、かかりつけのクリニックに注射を打ちに行きました。クリニックの先生は、仙台出身で、橋本敬三先生と操体を知っていらっしゃいました。 プラセンタ療法というものを推進している先生です。 他の医師がやらないことをされている、すご…

居つく・居つかない

現在、東京操体法研究会の臨床講座では、伏臥位での足関節の外転、内転の介助法の練習を行っています。 最近の受講生は割と上手くやりますが、私は最初これができませんでした。 私は器用ではないのです。要領よくホイホイできるわけでもありません。 また、…

アキレスのかかと。

中谷さん、一週間ありがとうございました。 私も操体はまだ20年。小僧っこかピヨピヨです。こんにちは。畠山裕海です。 一週間よろしくお願い致します。足趾の操法、というものがあります。その中に「落とす」という操法があります。 被験者の足趾を保持して…

上をむいて歩こう。

何年か前、講習で三浦先生から聞いた話がある。 3つのビーカーにお米を入れる。それを三つの部屋にそれぞれ置く。 一つのビーカーには「バカヤロー」と書いた紙を貼り、毎日「バカヤロー」という。 もう一つは「ありがとう」と書いた紙を貼り、毎日「ありが…

肉食と日本食

操体の「食」の教えは「食べ物と歯の種類の相関性」である。 犬歯4本、門歯8本、大臼歯小臼歯16本、肉食の歯と草食の歯と、 穀物、果物、海草類などを噛み砕く歯の割合が1:2:4 になるので、 その割合で食事をするとよい、というものだ。 元々これは操体オリ…

変身。

気になる言葉と言えば「食べれる」という「ら抜き」表現。 あまりテレビは見ないのだが、先日NHKの番組で、取材された視聴者が 「食べれるし〜」と言っている際、キャプションでは「食べられるし」となっていた。 NHKのチェックが入るということは、やはり「…

四日目 武術の秘伝・操体の秘伝。

最近気になるのは 「○○させていただきます」という言葉の濫用。 私は以前から「○○させてもらいます」とか「してもらえますか」という言い方は 「何だか失礼」だと思っていたのである。もちろん関西と関東の違いもある。 関西の商人が「はい、勉強させていた…

 Sotai Forum 2013 Valencia(その2)

一昨日のブログで「ビジネスネーム」という言葉を使いましたが 芸名や源氏名も含まれます。 なお、親からもらった名前が嫌いなワケではありませんので(笑)。2010年、最初にマドリッドでフォーラムを行った際、 分かっていたけれど、スペインの人達の 「な…

 Sotai Forum 2013 Valencia(その1)

昨日ブログを読んだ方から、「俳号は何て読むのか」という 質問がありました。リンクを読んでいただければ詳細が書いてありますが、 あれは「序萃」と書いて「じょすい」と読みます。スペインでのフォーラムの話を少々。現在、スペインでは浪越ヨーロッパ(…

 芸名俳号ビジネスネーム。

こんにちは。畠山です。一週間よろしくお願い致します。5月1日から11日まで、スペインとトルコに行ってきました。 5月4日、5日の二日間、バレンシアで"Sotai Forum 2013 Valencia"が開催されたためです。ヨーロッパや海外の方は、ミドルネームを持ってい…

数字の謎と「8」。

最終日となりました。昨日の 8−6−8というのは、橋本敬三先生で、 4−8−4というのは、三浦理事長です。弟子がメンター数を持っているということもあるのです。「8」というのは操体に縁が深い数字です。ちなみに、私のAN(エンジェル・ナンバー)は「8」…

数字の謎(4)

今日から3月です。 昨日は全国的に暖かい一日で、春のようでした。 ひな祭りのイベントも各地で行われるようです。話を誕生数秘学に戻しましょう。三浦先生がたまに講習やフォーラムでお話されますが、 「子供は親を選んで生まれて来ている」ということ。 こ…

数字の謎(3)

「オクタント」という言葉があります。 「八分儀」という意味で、オランダ語です。橋本敬三先生の著書にも登場する言葉です。 船の位置を決めるときに、天体の高度を測る器械。六分儀の前身で、目盛り環は円周の8分の一の45度が用いられている。 オクタント…