読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

7.残心 日本を愛する外国人

3月14日から北陸新幹線開通。私はいままで富山、金沢への出張は飛行機で行っていただがこれからは新幹線になる。東京から富山まで最短で2時9分となり便利になりいいことだが、少し残念なこともある。 いつも帰りの飛行機のANA便で上映している~IZA ・NOW~…

6. おさめる その6

六つ目の意味:死骸を葬る。 実家で飼っていた猫(カク)が二年ほど前に亡くなった。 たまにしか実家に帰らない私だがその次の日にカクは息を引き取ったという。 実は実家には数年前にもう一匹の猫、つまり二匹の猫がいた。 その猫(コネ)も私がたまたま帰…

5. おさめる その5

五つ目の意味:物事をそれで終わりにする。 まずは今日を終わりにするためにオサめる。 今日一日を振り返り今日も元気で過ごせたことに感謝する。 夜が来たら眠くなり、朝が来れば目覚める。 当たり前の一日だけど日々生きていることに感動できる。 そんな気…

4. おさめる その4

四つ目の意味:乱れているものを落ち着いて穏やかな状態にする。争いや動揺を鎮める。治める。 つい先日、久々に3年ぶりくらいに三浦先生の治療を受けた。 さらに気持ち良さが増している。 進化している! 治療後、三浦先生に伺ったところ先生自身も自分自身…

3.おさめる その3

三つ目の意味:渡すべき金や物を受ける側に渡す。納入する。 何事にもお金はかかる。 ではどんなものにお金をかけるべきか?生活?遊び?趣味?不動産?いづれにしても自分自身の投資。 お金は死んでからは使えない。 生きているうちに有効活用したい。 自己…

2.おさめる その2

二つ目の意味:金や物などを受け取って自分のものにする。手に入れる。獲得する。 お金をいただくこと=悪というイメージがあるがトンでもない! 対価を頂いて初めて生活ができる。 うまい飯も食える。 好きな服も買える。 死んだ後にお金を持っていくことは…

1.おさめる その1

今週から「おさめる」をテーマにブログ始まります。 お題である「おさめる」にはいろんな意味があるようだ。 一つ目の意味:一定の範囲にきちんと入れる。収納する。決まったところにしまう。 私は整理整頓が好きで、必要なものがちゃんとそこに収まっていな…

アドラー心理学(その3)

今日も引き続き「アルフレッドアドラー人生に革命が起きる100の言葉」から「愛の課題」とは異性とのつきあいや夫婦関係のことである。人生での一番困難な課題ではあるがゆえに解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう。日々一緒に暮らしていると相手の嫌な面…

アドラー心理学(その2)

今日も引き続き「アルフレッドアドラー人生に革命が起きる100の言葉」から交友や愛の課題における心配から逃げるために、必要以上に仕事に熱中する人がいる。 そういう人は週末の休日さえも恐れるのだ。実は私にもそのなかの一人かもしれない。 休日にどうし…

あけましておめでとうございます。元旦も毎年同じパターンで過ごしている。栃木、小山近くの須賀神社に妻の家族みんなでお参りに行く。 一年間、健康で過ごせますようにと。 家族が事故になど合うことなく無事でいられますように。そんな当たり前の生活を毎…

12月31日

12月31日は毎年、妻の実家栃木県間々田で過ごす。朝からレンタカーを借りて栃木に移動。妻の実家は床屋で着いたら義理の弟に髪を切ってもらう。一年のしめに身なりを整え、新たな気持ちで新年を迎える。夕食を取った後はテレビをみてゆっくり過ごしたあと、…

アドラー心理学(その1)

「嫌われる勇気」を読んでからアドラーに関する本が読みたくなった。今回のブログでは「アルフレッドアドラー人生に革命が起きる100の言葉」から特に響いた言葉をピックアップして紹介したいと思う。「○○してくれない」という悩みは自分のことしか考えていな…

「旅する木」 星野道夫

友人からもらった本をずっと読まずにいた。買った本もすべて読みあさり、もう読む本がないということで読んだ本が今回紹介する本「旅する木」星野道夫著だ。本というのは不思議で自分が読みたいと思っていなくともこのような良書にあたることがある。 星野道…

富山出張 自然には逆らえない。

今週から「愛」をテーマに東京操体フォーラム実行委員ブログを進行して行きます。 少し無理やりのところもありますがお許しください。12月17日朝から北陸地方の雪と風で天候が悪く富山への飛行機がキャンセルとなった。搭乗カウンターで相談し小松空港なら飛…

マジシャン GO!

シマジさんのメールマガジンを元にマジシャン GO!さんの経営するBarV(バーファイブ)に先日訪問した。一度GO!さんもサロンドシマジに行ったことがあるようだが私はニアミスしてしまったようだ。(ちょうどポールマッカートニーコンサートが中止になり不貞腐…

マジック

私の友人にマジシャンがいる(本業は別の職業)。すべてのタネを教えてもらっている訳ではないが、少しタネやコツを教えてもらったことがある。手品をするときは相手にタネが仕込んでいる反対の手や動作を注目させるそうだ。その手を注目させる時は必ず目線…

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳

昨日の本の話でもうひとつ。現在、映画が公開されている「万能鑑定士Qモナ・リザの瞳」もぜひ観てみたい映画だ。もちろん原作は既に読んでいて内容も知っている。私の読んだ本の原作がどんな風に映像化されているかいつも気になるところだ。以前にも百田尚樹…

ボクシング

最近、ボクシング小説にハマった。きっかけは百田尚樹の「ボックス!」という本だった。友人からいただいた本だが当初は興味がなく、ずっと読まずに放置していた。他の本もすべて読み終えとりあえずと思って読んでみたらハマってしまった。「ボックス!」は…

プラモデル

以前、住んでいたマンションではよくプラモデルを作成した。特にガンダムのプラモデルはよく作っていた。今のマンションでは部屋が狭くなりプラモデルを作成する場所がなくあきらめている。前の話になるがよく整体院に通っていた。当時は肩こりもひどく、か…

マロン

私の飼っているミニチュアダックスフンドのマロンは6月1日で5歳の誕生日を迎えた。人間よりも食事に気を遣い添加物はいっさい与えていないためか毛並もよく健康である。特に芸ができるわけではないが、餌を与えるときに「待て!」の合図で待ち「よし!」の合…

ポールマッカートニー

コンサート行きたかった!折角、チケット取れたのに。非常に残念だ。現在、フルメンバーのビートルズを聞くことはできない。だが、ポールマッカートニーが生きている間にもう一度聞きたかった。思い起こせば私は高校時代に東京ドームでポールマッカートニー…

えこひいきされる技術

日曜日の操体講習後、新宿伊勢丹8Fにあるサロンドシマジに三浦先生、畠山先生と行くようになった。 シマジさんとは元プレイボーイの編集長で最近、三浦先生がよく訪問しているのがここサロンドシマジだ。既にご存じの通りシマジさんがコルセットを付けていた…

ラスベガス

通算5回目となるラスベガスは大雪の中の出発となった。 除雪作業を終えた飛行機が約5時間遅れての出発となった。 やっとの思いで着いたラスベガスはまた様変わりしていた。 新しいホテルができ、シンガポールフライヤーに似た観覧車も新しくできたようだ。 …

母からもらった「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」をつい最近読んだ。 意外と操体に近い内容が書かれていたので紹介したいと思います。 著者の藤田紘一郎先生は東京医科歯科大学名誉教授。専門は寄生虫で、その他に寄生虫関連の著書が多数ある。 寄生虫!?…

フォーム

私は学生時代からつい最近までずっとバスケットボールをしていました。 現在は専らゴルフですが。 2つのスポーツに共通する点は習慣のスポーツだということです。 もちろん、他のスポーツもそうですが実際に行ってみて実感しています。 バスケットボールの…

一人カラオケ

少し仕事が早く終わったり、出張先で時間がある時によく一人でカラオケに行きます。 最近流行りのお一人様。私が考える一人カラオケのメリットは 1. 大声を出してストレス発散できる。 2. 誰に気兼ねなく間違えても歌い続けることができる。 3. みんな…

本の虫

最近の私は本の読む量が半端ではありません。 どこに行っても本が読めるように常に鞄の中には何かしらの本が入っています。 自宅のトイレにも用を足している時に読めるように本が常備させています。 トイレではそんなに長居するわけではないので読める量は決…

スマートフォン

今週から1週間石田が担当させていただきます。スマートフォンは便利ですね。 私事ですが会社のPCを立ち上げなくてもiPhoneに会社のメールが転送され、いつでもメールがチェックできるし送付も可能です。 しかし一歩引いて客観的にみるとスマートフォンを使っ…

先日、橋本先生が昔NHKに出演した時の番組を初めて拝見させていただきました。 今まで本や写真でしか見たことのない橋本先生が動いているのだ。 (あたりまえのことだが) 橋本先生の声の質、仕草、雰囲気すべてがやさしさに包まれていた。 その番組の中…

10月17日(木)有楽町交通会館の中にある三省堂へ島田先生の新刊「星籠(せいろ)の海」の発売を記念してのサイン会に参加して来ました。 知人の紹介を受けて読み始めたのがきっかけではまってしまい、もうすでに40冊近くの作品を読んだ。 作品はほとんどが…

私はどうもメールが苦手だ。 普段の仕事でこの内容はどうも揉めそうな案件がある場合は必ず会いに行く。 もちろん相手の都合で会えない場合がある。 例えば相手が海外にいる場合などがそうだ。 最近はWebやコミュニケーションツールが発達し伝言のやり取りは…

「出会い」は重要ですね。 ふとしたこと、思いがけないことで意気投合することがよくあります。 みなさん程ではないですが、私はパッと見た瞬間から 「この人とは仲良くなれる」「この人は面白い!」と興味が沸く場合があります。 以前バスケットボールをし…

私は営業なので多少なりとは身なりに気を使っている。 初めて出会う人、極端に言えば初めて電話する人はなるべく紳士に対応しようと心掛けている。 人の中身は性格だと言われる方がいらっしゃるが、私はそれだけとは思わない。 人は視覚から入る情報で瞬時に…

私が面白いと思う話と面白くない話は決まっているような気がします。 単純に言えばそこにリアリティがあるか無いかではないでしょうか? 話し手の体験談であれば非常に興味深い話でありますが、話し手が誰かに聞いた話であれば「へぇー」とか「ほー」としか…

本日から1週間、石田が担当させていただきます。 よろしくお願い致します。私は暇さえあれば本を読む習慣があります。 本当の隙間の時間、例えば電車の移動、トイレの中。 読む本は大抵が小説でミステリーが多いです。 なぜ、ミステリーが好きかというとそこ…