東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

香(こう)

バランス感覚

診たては 今まで養ってきた思考がとても大切だが、 その思考ばかりに偏ってしまい、 目の前の情報をそのまま受け取れない状態に なってしまうことがある。 そのまま受け取りつつ 今まで養ってきなものを創造的に 展開していく。 このバランスが取れてこそ 診…

便利であるがゆえに失われているもの

見立ては 「なぞらえる」「物を本来あるべき姿ではなく、別のものとして見る」という意味で 使われることがあるようだ。 私は茶道のことはよくわからないが、 千利休は見立ての心を生かし、日常使いの生活用品を茶道具として取り入れていたという。 今の時代…

妥協

ミタテは創造的思考が導くものだと思う。 思考している頭の中は 10個の視点での展開なのか? 100個の視点での展開なのか? 10,000個の視点の集合が展開されているのか? どれだけの視点で展開しているのだろう。 どれだけの視点を活用して展開できているのだ…

味覚

最近、食べ物を口にした時の 味覚の変化を観察するようにしている。 味覚に意識を置いていると、 自分の食事の内容にいかに無頓着(無意識)になっているかが よくわかる。 体感して、驚かされたことは、 好物で食べていた物の 味が濃くて食べれないという経…

ミタテ

今日から8月。 私はある経験をしてから 8月が1年間の中で、好きな季節になった。 私的なことだが1年間の中で 一番自分の変化に敏感になれるような感覚があるからだ。 さて、自然の偉大さにふれるたびに、感動する。 その感動は何度あじわっても同じとい…

日々

私たちは、変化の中に生きている。 同じ日付、時間というものは当たり前だが、二度と来ない。 しかし、日常の中でいつの間にか 日々、変化の中で生きていることを忘れてしまう。 忘れてしまう、無意識になっている小さな変化に どれだけ自分が向き合うことが…

玉ねぎの根

7日間担当します、香です。 よろしくお願いいたします。 「ミタテ」について考えると、いつも思い出す方がいる。 私の髪を切ってくださる美容師の砂原由弥さんだ。 学生時代から切っていただいているので、10年以上、お世話になっている。 美容師として最前…

学びの質

ノーベル物理学賞受賞者の江崎玲於奈さんの本に アインシュタインの学習態度について記載されていました。 創造力の育て方・鍛え方 作者: 江崎玲於奈 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1997/02 メディア: 単行本 クリック: 6回 この商品を含むブログ (1件) …

怠らない意識

自分がプロ(プロフェッショナル)として関わっていることが どんなことであれ 必ずその環境には 人間関係が存在します その人間関係が円滑に 適切な関係性が築かれているかどうかが プロとして関わり続けることができるかどうかに 深く繋がっています 関係…

水玉

根性は 物事をやりとおす精神(気持ち)という意味があると思います この精神、気持ちを持続するためには 自分の中の創造力を育て、鍛えていくことが 必須になると思います 今、国立新美術館で開催されている草間彌生展「わが永遠の魂」 美術界の頂点に君臨…

湧き水のように

過去形にしない いつも「今」という 進行形の中に プロは生きている 流れが止まることの 深淵さを感じながら、 流れ続けられるように 日々を 丁寧に 意識的に 向き合っている

目には青葉 山ほととぎす 初鰹

今日から7日間担当いたします、香です。よろしくお願いいたします。 新緑が目をたのしませてくれる季節。 新芽のエネルギーがからだを優しく包んでいます。私の周りには ありがたいことにプロ意識プロ根性を大切に生きている方が多くいます。 そのような方…

ミガク

本物にふれたことがないと、本物はわからない。 偽物にしかふれたことがないのに、本物はわからない。 自分を磨いておかないと、 いざ本物にであっても、気づくことができない。 メッセージも同じこと。 受け取るためには、 メッセージに気づけなければ、 ど…

手段と目的

日常を振り返ると、 目的達成の手段として用いていたことが、いつのまにか目的になっていることがある。 手段が主になり、そこにばかり意識が向いている。 この状態が続くと、本来の目的にはたどり着くことはできない。

主訴

何を選ぶか。 どんな情報もインターネットで調べれば手軽にわかる今、 選択する力が身についていないと、思わぬ事態が展開されてしまう。 情報は少なくても問題になるが、多くても問題になる。 何をメッセージとして受け取り、 何にアプローチ、何をアプロー…

日常の選択

最近読んだ本、「がんが自然に治る生き方」。 私にとって、からだからのメッセージをどう受け止めるかを考える良い一冊でした。 記載されていることが、万人に当てはまることではないかもしれません。しかし、記載されているように患者さんが変化することで…

マリー・アントワネット

昨年秋から六本木ヒルズで開催されている、マリー・アントワネット展。 終了が近づき、ようやく見に行ってきました。 今まで興味がなかったもの、知らなかったことに「興味がないから」と情報を排除しがちになりますが… 「はい」と受け取ると メッセージをメ…

ウェディングマーチ

今日から七日間、香が担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。 立春が過ぎると日の入りが伸び、夕方になっても明るい日が増えてきます。 今年も春が来ると体感するこの頃です。 東京操体フォーラムでも春のイベントが開催されます。 2017春季…

気づく

空間・間という字、 実際の空間やイメージの空間に 意識をおくようにすると、みえてくる景色が確実に変化してきます。 主張の強いもの 派手なもの 興味のあるものに 意識が無意識に働きすぎている日々があることにきづかされます。 意識の向かなかったところ…

乳歯から永久歯

今朝、小学生の前歯がない子を見かけました。ちょうど乳歯から永久歯の生え変わる時なんだなあと思いながら見ていると、友達とニコニコ楽しそうに話をしていました。 その表情を見て、「愛くるしいなあ」と感じました。 その時、中年のおじさまで前歯が無い…

いってきます

今朝、太陽が昇るのを眺めていたら、ふと「行って参ります」と自宅を出る時に言葉にするけれど、この言葉って誰に向かって言っているのだろうと、なぜだか不思議に思いました。 「行ってきます」「いってらしゃい」 「行って参ります」「いってらっしゃい」 …

なぜ生きるのか

どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書) 作者: 名越康文 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/11/15 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 昨年のちょうど今頃、師匠にこの一冊を紹介されました。 その時、読み始める前に、まず「どうせ…

木枯らし

だいぶ寒くなりましたが、少し前は紅葉している木々がとても綺麗でした。 なぜ美しいのか?と思いながら、しばらく見ていると、葉と葉はぎゅうぎゅうに枝についているのではなく、あいだが空いています。 そのあいだには、枝や、他の木が入り込む空間が空い…

床の間

最近の住宅は和室がない建物も増え、床の間がないことも多いようですが、旅先の旅館で、床の間を目にすると豊かさを感じます。 華や掛け軸も美しいのですが、その床が掛け軸や華によって、より際立っていることです。華が主になっているようだけれども、実は…

干渉しない

今日から一週間担当いたします、香です。よろしくお願いいたします。 円のビジョンをえがきながら、書いていきたいと思います。 MA 最近、自分の常識は他人にとっては非常識であると感じるできごとがありました。 詳細は書きませんが、私の中で「あたりまえ…

ゆめ

夢。 寝ている間に見ている、夢。 どんな夢を見ていたのか? 忘れてしまっている時と鮮明に覚えている時があります。 現実ではこんなことはないだろうという夢、現実と同じような内容で、夢なのか現実なのか混同するような夢もあります。 記憶と関係するとい…

コンサート

昨日、クラシックコンサートに行ってきました。 曲をたのしみながらも、演奏者の姿勢、立ち居振る舞いから伝わってくるノンバーバル(非言語)なものも、かなり受け取りながら聴いているのだと再認識する時間でした。 音楽にふれると、日々、視覚が非常に優…

ニーチェ

他人がどう言おうと 自分が自分を 愛することが 夢の実現につながる ミッキーマウス決断する言葉 ニーチェの強く生きる方法 作者: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/03/20 メディア: 単行本 この商…

なにげないこと

最近「自己責任」の意識を身近に感覚できるようになりました。 橋本敬三氏は、最小限責任生活として、息(呼吸)、食(飲食)、動(身体運動)、想(精神活動)といわれていました。 この感覚が自分の中に馴染むと、日々の行動も変化します。なにげなく選択…

生花

今日は、いけばなについて書いてみます。 生花には基本花型という、ルールに則って生けるものがあります。長さ、角度、方向性がそれぞれの花型によって決まっています。このルールに従い生けるのですが、初めて生ける時は、そのルールをうまく表現できません…