東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

香(こう)

ウェディングマーチ

今日から七日間、香が担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。 立春が過ぎると日の入りが伸び、夕方になっても明るい日が増えてきます。 今年も春が来ると体感するこの頃です。 東京操体フォーラムでも春のイベントが開催されます。 2017春季…

気づく

空間・間という字、 実際の空間やイメージの空間に 意識をおくようにすると、みえてくる景色が確実に変化してきます。 主張の強いもの 派手なもの 興味のあるものに 意識が無意識に働きすぎている日々があることにきづかされます。 意識の向かなかったところ…

乳歯から永久歯

今朝、小学生の前歯がない子を見かけました。ちょうど乳歯から永久歯の生え変わる時なんだなあと思いながら見ていると、友達とニコニコ楽しそうに話をしていました。 その表情を見て、「愛くるしいなあ」と感じました。 その時、中年のおじさまで前歯が無い…

いってきます

今朝、太陽が昇るのを眺めていたら、ふと「行って参ります」と自宅を出る時に言葉にするけれど、この言葉って誰に向かって言っているのだろうと、なぜだか不思議に思いました。 「行ってきます」「いってらしゃい」 「行って参ります」「いってらっしゃい」 …

なぜ生きるのか

どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書) 作者: 名越康文 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/11/15 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 昨年のちょうど今頃、師匠にこの一冊を紹介されました。 その時、読み始める前に、まず「どうせ…

木枯らし

だいぶ寒くなりましたが、少し前は紅葉している木々がとても綺麗でした。 なぜ美しいのか?と思いながら、しばらく見ていると、葉と葉はぎゅうぎゅうに枝についているのではなく、あいだが空いています。 そのあいだには、枝や、他の木が入り込む空間が空い…

床の間

最近の住宅は和室がない建物も増え、床の間がないことも多いようですが、旅先の旅館で、床の間を目にすると豊かさを感じます。 華や掛け軸も美しいのですが、その床が掛け軸や華によって、より際立っていることです。華が主になっているようだけれども、実は…

干渉しない

今日から一週間担当いたします、香です。よろしくお願いいたします。 円のビジョンをえがきながら、書いていきたいと思います。 MA 最近、自分の常識は他人にとっては非常識であると感じるできごとがありました。 詳細は書きませんが、私の中で「あたりまえ…

ゆめ

夢。 寝ている間に見ている、夢。 どんな夢を見ていたのか? 忘れてしまっている時と鮮明に覚えている時があります。 現実ではこんなことはないだろうという夢、現実と同じような内容で、夢なのか現実なのか混同するような夢もあります。 記憶と関係するとい…

コンサート

昨日、クラシックコンサートに行ってきました。 曲をたのしみながらも、演奏者の姿勢、立ち居振る舞いから伝わってくるノンバーバル(非言語)なものも、かなり受け取りながら聴いているのだと再認識する時間でした。 音楽にふれると、日々、視覚が非常に優…

ニーチェ

他人がどう言おうと 自分が自分を 愛することが 夢の実現につながる ミッキーマウス決断する言葉 ニーチェの強く生きる方法 作者: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/03/20 メディア: 単行本 この商…

なにげないこと

最近「自己責任」の意識を身近に感覚できるようになりました。 橋本敬三氏は、最小限責任生活として、息(呼吸)、食(飲食)、動(身体運動)、想(精神活動)といわれていました。 この感覚が自分の中に馴染むと、日々の行動も変化します。なにげなく選択…

生花

今日は、いけばなについて書いてみます。 生花には基本花型という、ルールに則って生けるものがあります。長さ、角度、方向性がそれぞれの花型によって決まっています。このルールに従い生けるのですが、初めて生ける時は、そのルールをうまく表現できません…

ビックとスモール

先日、映画を観てきました。 www.disney.co.jp 巨人と女の子のお話です。 原作は、イギリス児童文学界の巨匠ロアルド・ダールの作品だそうです。 女の子から観た世界と、巨人から見た世界を映像を通して楽しんできました。 視点が変わると、大きな違いがあり…

「はい」

今日から一週間担当いたします、香です。よろしくお願いいたします。 感性・センスと聴くと「磨く」というイメージが浮かびます。 磨くためには、「はい」と受け取ってみることが大切だと感じています。受け取ってみて、その後に、受け取り続けるか、止める…

アリス・イン・ワンダーランド

先日、「アリス・イン・ワンダーランド時間の旅」を見てきた。「不思議の国のアリス」を原作に映画化されたものある。数時間のワンダーランドを楽しんできた。 この映画のテーマでもある、タイム。 「時間は何かを奪うと共に、何かを与える」 失うことで何か…

動く

操体には、動診(どうしん)という診断法がある。からだを動かして診るのである。からだは動きにともない、連動がおこる。操体を学び始めた頃は、この連動を想像(イメージ)することができなかった。しかし、学び続けていると、思考で想像する以上に、から…

たなばた

今日は七夕です。星をゆっくり眺める時間をもちたいなと思います。 昨日、友人から「変わったね」と言われたと書いた。その時私は、時間が経ったのだから変わって当然なのでは?と思いながらも、そのままにしていた。そのままにしていたら、今までと違う情報…

ひとこと

自分の行動を振り返ると、興味を持つことが以前とは随分変わってきたと実感する。今まで気になっていたことが気にならなくなり、逆に今まで気にもとめなかったことに意識が向いている。 ある時、友人から「変わったね」と言われたことがあった。 この一言を…

予期しない出会い

コツコツと続ける。続けるという行動を手助けしてくれるものの一つに、本の存在がある。本は日常生活の中で身近にふれることができる。さらに、自分が全く知らなかった世界を教えてくれる。私が操体を学ぶきっかけになったのも、一冊の本だった。 からだの設…

超えた先…

蒸し暑い中、蝉の声が聞こえる今日。夏が来た!と叫びたい気持ちです。 海の日、東京操体フォーラム理事長、三浦寛のワンマンライブが開催されます。 操体、操体法を学び50年。その三浦が1日まるごと操体を語ります。 操体マンダラ2016開催 2016年9月新規講…

ほんとうの…

今週一週間担当いたします、香です。 よろしくお願いいたします。 今回のテーマ、「シンカ」。 最初に私の頭に浮かんできたのは「真価」だった。 本当のねうち、価値。 世の中では、その言葉にふさわしい評価がどのぐらいされているのだろうと考えてしまう。…

出会い

物事をするときに、私たちは、大きなことでも小さなことでも、自分の判断で選択をしています。選択をしていった行動の先に、物事(今、現在)があります。 選択をしていく段階で、望ましくない選択をしていれば、目標や実際にやりたいと思っていることには、…

自然体

いつでも、どこでも、誰といても、何かが起きて起きなくても、 ありのままの自分でいることができるということ。 ここ数年、ありのままの自分でいることができる人に接し、感動することがたくさんありました。 ありのままでいる人と一緒にいると、私にも大き…

わたあめ

昨日の夕方、「あ、わたあめ!」と叫びたいぐらい、淡いピンクの雲が見えました。 その一方で、もう一人の私が子供でもないのに「何がわたあめなんだ?」と思うのでした。その後、はしゃぎたい自分の感情を、「なぜ肯定できなかったのだろう」と考えました。…

同価値として扱っていく

下手という状況、できないという時間・期間があることで、すぐにできるようになってしまった時と違い、なぜできなかったのかをよく理解できることがあります。 この期間・時間は、できないことに意識が向きやすいのですが、 その後できるようになると、 でき…

つづけること

学んだことを学んだままにせず、 繰り返し、繰り返し磨き続けることが大切です。 毎日、毎日、向き合う意識をもち続けることができるかどうかで、現在の状況は変わるのです。向き合い続けていると、学んだことの中に、さらに疑問やわからないところがみえて…

勝手に色をつけない

学びの場で教えていただいた内容に、 学ぶ人が色をつけずに、 教えていただいたことを”そのまま受け取る”ことができるということが、 上手いという状態になるためには、必要だと思います。 昨日のブログに書きましたが、自分の勝手な思い込みがあると、機会…

学生時代の授業

今日から7日間担当いたします、香です。 よろしくお願いいたします。 上手い、下手というキーワードを考えた時に、学生時代のことを思い出しました。 私は学生時代、体育学部に所属していました。 ある実技の授業では、授業が始まると、先生はまず見本を見せ…

あられの音

おはようございます。 今朝は、「みぞれ」と「あられ」の音を聞きならが、 雨の時とは違うな〜と感じていました。 ネガティブなエネルギー。 日々の中で、どう向き合っていくべきだろうか? コツコツと学び続けること、 答えがなかなかわからなくても、学び…