東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

くいつく その6

私はメーカーの営業として代理店さん向けに製品勉強会と称してセミナーを行うことがある。その時に参加されている方から時々どうでもいい質問を受ける時がある。くいついていただくのは非常にありがたいが、今のこの瞬間にその質問必要?と思うことがある。…

くいつく その5

そもそもの操体の始まりは「くいつく」ことだった。体調不良を抱えていた患私が三浦先生に出会いここまで来ている。人生とは出会いによって運命づけられる。もし、母から三浦先生を紹介されていなかったら。もし、肩や首に不調を訴えていなかったら。操体を…

くいつく その4

最近、「ボケて」というサイトにはまっている。出されるお題に対して写真で一言、ボケて文章を投稿するものだ。フェイスブックみたいに「いいね」ボタンのようにその回答がおもしろければ星がつく。つまらなければ評価はいまいち。その星をもらったからとい…

くいつく その3

いままでは出されていたものすべてに「くいついて」いた。あるもの全部欲しいと思っていた。もったいないという心境がそうさせていたのかもしれない。しかし、食してみてこれは必要がないと思えばそれは食べないという選択が絶対に必要だ。その判断を間違わ…

くいつく その2

私は営業なので売り上げを上げなければならない。しかし、「くいつく」意味を間違えると大変なことになる。会社の良いうわさが広がるのはいいが、悪いうわさが広がるのは最悪だ。ストーカーなのかただの恋愛感情なのかその判断されるのも日々の「くいつく」…

くいつく その1

今週からブログのテーマが「くいつく」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 先日中学校の同窓会があった。約30年ぶりに会う人も大勢いた。ほとんどの人が良い人であったが中にはこいつとは以後付き合いたくないなと思う人がいた。その人…

七日目

その「一」も、執着せず、放り投げてしまう事が出来なければ、本物ではない。 完 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラムは 4月30日(月)昭和の日に開催致します。 テーマは「スポーツ障害と操体」です ---…

六日目

自分は、これだ、これしかない、という「一」を掴んだ人は強いと思う。 しかし、 続 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラムは 4月30日(月)昭和の日に開催致します。 テーマは「スポーツ障害と操体」です …

五日目

誰かが、「正しい」とは、「一(いち)に止(とど)む」、と言った。 続 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラムは 4月30日(月)昭和の日に開催致します。 テーマは「スポーツ障害と操体」です -----------…

四日目

「正義」という言葉は、取り扱い注意である。 私は、見識とか眼力というもので、難局を乗り切るのがいいと思う。 続 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラムは 4月30日(月)昭和の日に開催致します。 テー…

三日目

「和敬静寂」、利休の言葉である。 お互いがそういう心持ちで「一座建立」といきたいものである。 続 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラムは 4月30日(月)昭和の日に開催致します。 テーマは「スポーツ…

二日目

誰にも、考え方、生き方があり、それを自分の外に出して先鋭化すれば、それがその人の正義になるだろう。ハタ迷惑な話である。 続 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラム は 4月30日(月)昭和の日に開催致…

一日目

私には、「正義」というテーマは難しすぎる。 『汚職は国を滅ぼさないが、正義は国を滅ぼす。』 昭和の名コラムニスト山本夏彦の至言である。 続 ------------------------------------------------------- 2018年春季東京操体フォーラムは 4月30日(月)昭…

「正義と悪 ~その7 筋を通す~

「自分のやっていることを貫く、または自分のやってきたことに筋が通せる」ことが現在の私が思っている「正義」の姿です。 私自身、38年間の間で様々な職に就き色々な経験もしてきましたが、橋本敬三先生や三浦先生達のようにやっていることを貫き、筋を通し…

「正義と悪 ~その6~ 歴史から学ぶ正義」 

最近、週刊ヤングジャンプに掲載されている「キングダム」を愛読しています。 キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者: 原泰久 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/06/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る この漫画は…

「正義と悪 ~その5~ 相対的な見方を変えてみる」

先日yahooのニュースを見ていると「身体完全同一性障害」について書かれている記事を目にしました。 その記事では五体満足に生活しているにも関わらず、自身の手足に違和感や不快感を覚え切断することを望む人がいるのだとされています。 驚くことにそれを達…

「正義と悪 ~その4~ 良心に問いかける」

先日のブログにも書きましたが、私の正義に対する価値観は両親や祖父といった自身の身近にいた人達からの影響が大きいです。 しかしそれをここまで育んでこれたのも、私が両親から生まれながらに授かった「良心」があるからだと思います。 近頃はこの「良心…

「正義と悪 その3 からだに聞き分ける正義」

「~がからだに良い」「~がからだに効く」等、そういった健康に関わる情報がTVやメディアを通じて見る機会が以前より多くなっている気がします。 それだけ自身の健康への意識が高まり、少しでも健康寿命を自分で掴み取ることへの意欲が高まってきていること…

「正義と悪 ~その2~ 理想の正義像」

私の「正義」に対する価値観は両親の影響も大きかったですが、それ以上に祖父の影響が大きかったように思います。 当時の私から見て祖父は曲がったことが嫌いで、特に人様に迷惑を掛けること、人や自分に嘘をつくことを何よりも嫌っている人のように見えまし…

「正義と悪 その1 悪という存在」

三浦先生、一週間ありがとうございました。 今週からは三浦寛幸が担当致します。よろしくお願い致します。 今回のテーマは「正義」となりますが、子供の時からアニメやヒーロー特撮を見ていたこともあり、このテーマはとても身近なようで奥が深いテーマだと…

からだ

「身体」と書いてからだと読む 「体」と書いてもからだと読む この違い、なにか意味があるのだろうと思っていた。 「体」とは死体の事をいうのだそうだ。 死体とは この肉体から魂が抜けて生命エネルギーがゼロの状態と 私は理解している。 私達がからだをみ…

修行の身

昨日に続き このような時期に橋本先生に迎え入れていただいた。 内弟子としての5年間が始まった。 内弟子として3年が経ち、私は両親が住んでいる神戸に帰った事がある。 その時父親から、「なぜ帰ってきた。すぐ戻れ」と一喝されたのだ。 「たとえワシの身…

正義とは

昨日に続き 「らしく」という言葉を窮屈に感じていた鍼灸学校在籍中に 整形外科のアルバイト募集を見て 北海道小樽市、朝里川温泉の整形外科で半年ほど働いた事がある。 病院のすぐ近くが絶景のスキー場だった。 冬の時期だったため、 仕事が済めば、スキー…

言葉

引き続き、ポン友のお袋さんとの思い出について書く。 私はお袋さんに言われ続けてきたことがある。 中学の頃は「中学生らしく」 高校の頃は「高校生らしくしなさい」という言葉である。 この年になっても、耳に焼き付いている。 この「らしく」がとても窮屈…

めんこい

先週、中学時代から親しき中であるポン友の母親がなくなり 急遽、九州の博多に飛んだ。 棺に納められた「お袋さん」と対面する事ができた。 私は、このお袋さんにめんこがってもらった。 最近も高校時代の同窓会が行われる10月10日に お袋さんの住むマンショ…

2018年、新たな年を迎えて、私は70歳の大台に乗る。 明日どうなるかしれぬこの身に、70年という人生が巡っているのだ。 まさに「生かされている」としか言いようがない。 この肉体に生かされているものが確かに宿っているようだ。 私が小学校に入学する前、5…

日誌の重み

本日より、三浦が担当します。よろしくお願いいたします。 さて、このブログも何年みんなが書き続けているのであろう。 私に順番が巡ってくると 「先生、そろそろ出番です。◯日までにお願いします」と連絡が入る。 私は1週間分を1時間で書き上げる。 数十年…

正義7

多くの物語の中で、正義のヒーローは人々を救ってくれる。 人間を霊と肉体とに分けて考えたとすると、 「霊は生まれる先から救いが完成している」 と橋本敬三先生は本に書かれている。 私たちの本質は、ヒーローを待つまでもなく、すでにもう救われていると…

正義6

操体を学ぶ様になってから、人に対してだけでなく、自分自身との対話も大切にする様になった。 頭の中で会話をするだけでなく、自分のからだの感覚、感情、気持ち、欲求に耳を傾け、それをききわけるのである。 そこには快的感覚を感じることもあるが、時に…

正義5

数年前、イスラエルのエルサレムを訪れた。 そこはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地である。 それぞれが自分たちの聖地であると言い、争いが起きた歴史があり、現在も治安は良くないと聞いていた。 しかし、行って見ると、それぞれ大まかなエリアに分…