読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

きっかけは母乳かも?

寄稿

一人目の出産では母乳がすぐ出ませんでした。
結果的にはそれでお産のことや、体のことを考えていき、操体を学ぶことへと繋がっていったように思います。
何が幸いするかわかりません。


今となればそれで良かったと思えますが、当時はすごくショックでした。母乳が出ると思っていたのに、自分だけ出ない。自分だけ出ない状況というのは結構きついものがあります。一緒に入院している人はほとんど出ていて、自分の母も苦労なく出ていましたので、母乳に関して何の疑いも心配もしていませんでした。まさに出産=ゴールの状態でした。現在の出産では命に関わることは少ないのですが、やはり命の誕生なので、ちゃんと生まれてくる
かの心配ばかり。産後のことはあまり考えられませんでした。


出ないなら別にミルクでもいいのでしょうが、出ないと尚更固執し頑張りすぎて傷を作った程です。それを見かねて病院が桶谷式母乳マッサージを紹介してくれました。そこのマッサージの気持ちのいいこと。こだわった甲斐がありました。病院でのマッサージは痛くしかも出ないのですが、桶谷式のでは痛みがなく、むしろ張りがとれて体が楽になり母乳も出ました。そのマッサージ後、子どもが目の色を変え、真剣に飲んだ姿が今でも脳裏に焼き付いています。ただ、桶谷式に依存してしまい、一人目はずーっと通うこととなり少し大変でした。


二人目は母乳で苦労したくないと思い調べると、産後すぐに母乳をあげられること、又泣いたらすぐにあげられる環境がいいということでした。色々探しているうちにお産のスタイルもさまざまで、産む場所も病院ではなく他の選択肢、助産院や自宅があることを知りました。又一人目の妊娠時に母親学級で知り合った友人が、丁度同じ頃に二人目を妊娠し、自宅出産を選ぶということでした。


自宅出産だなんて信じられない!!
一人目の時にはとても考えられませんでした。でも徐々に自宅出産のことも考えるようになりました。母乳を産後すぐにあげられ、又いつでもあげられる状況、あお向けではない生むスタイル、出産時の上の子の預け先、子どもにも立ち会ってほしい、等色々な願望が出たのです。助産院等も数箇所見学し、話合いを重ね、最終的には自宅出産を選び、助産師さん2人に来てもらい、無事出産することが出来ました。そして一人目での母乳の苦労はどこへやら。何の苦労もなく、マッサージに通うことなく無事終わりました。お産に関しても、体の原始感覚に基づき自然な形で出来大満足です。



中廣かおり