読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

一日目

 今週は佐助が担当となりますが、今週は大晦日と正月をまたぐ担当となります。実は昨年の大晦日もブログ最終日として担当をしていました。2年連続にして一年の最終日を担当できるということはとても光栄に思っています。今週の一週間お付き合いよろしくお願いします。
 皆さんのこの一年はどのような一年でしたか?この世に誕生し、自分の意志や意識の自我があるわけですから、きっと良い事も嫌な事も、因果応報の報いもいろいろあった一年だったと思います。ですが、「人間は生まれながらにして救われている」という真理を学ぶようになると、不思議と不平不満より感謝する気持ちになっている自分がいることに気が付きます。感謝する気持ちが生まれると、何か心に余裕が出来ているように感じます。 
 今年の僕にとっての出来事は、仕事(臨床)生活の日々で、野球の現場に顔を出せず、趣味のスノボーにも出かけず、なんと!十数年ぶりに肌の色が人並みになりました。僕を知っている方々は、佐助は日焼けいているとイメージのはずですが、人並みの肌の色に戻ったことは、僕の周りでは事件のように扱われています(笑)。
 これだけ臨床と向き合う時間が多くなると、三浦先生が若き頃、朝から晩まで臨床をやっていた時に橋本敬三先生が「治療所にばかり籠もって患者ばかり診ていると、脳みそがくさるぞ」とおっしゃったそうですが、僕自身も気を付けています。
 昨年の11月から今年の3月まで痔ろうで辛い日々をすごしましたが、今年は考え方が変わる言葉がありました。三浦先生の2011.9.11の東京操体フォーラム実行委員ブログの言葉です。「一日数十時間患者を診させて頂いていました、という云い方と、自分を診ていました、と云う言い方、どう思う?患者を診る・・とは、自分との対応でもあります。人との対応も、仕事の対応も、つまりは自分との対応であります」となります。臨床の日々において、患者を診る時間から自分自身と向き合う時間として取れ得るようになってから、仕事の時間と自分の時間を分けることがなくなり、すべての時間が自分と向き合う時間となり、毎日が充実しているように感じます。
そして今、僕自身が興味を持ち学びはじめているのが、生命エネルギーについてです。生命エネルギーを学ぶことで天然自然の法則に繋がればと思いますが、どのような学びに繋がるか楽しみです。
 僕の時間はとても充実をしています。ただこの充実が家族に伝わるかというと、休みがないと現実の時を刻む時間が気になるようです(汗)。これは家族サービスが必要ということで、両親も含め家族を連れて和歌山県の 洞窟の温泉に数年ぶりに旅行ができた一年でした。
 今日はこのあたりで・・・・ありがとうございました。