読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

はじめに

いやぁ〜お暑う御座います、出雲之国の住人福田で御座います、今週
一週間箸休めでお願い致します。

エルニーニョの影響で当初から冷夏になるのではと言われていた今夏
でしたが、序盤はフィリピン沖の高気圧の張り出しで、猛暑。。冷夏
の代わりに台風の大発生という何とも自然の猛威を感じざるを得ない
状況となっております。

今年は台風が太平洋側に甚大な被害をもたらし、被災された方々には
お見舞い申し上げます。

災害が多い今年ですが、以前にも話しましたが、出雲には昔から
『大社さんのお陰で』というフレーズが実生活において随所に散りばめられております。
特にお年寄りさんは出雲経の人か?と突っ込みたくなるくらいにこの言葉を日常的に使います。

今年は特に出張先でこの言葉をよく聞きました。使用方法としては台風
など主に災害が日本に迫ってきているときに、何故か島根がコースから
外れて、被害を受けなくて済んだような状況の時に、『大社さんのお陰で〜』
と呟くのです。
ま、それ位大社と言えば神様の総本山位の勢いが地元住民にはあるのです。

そんな大社密着型地元住民が狂喜乱舞するような出来事が今秋、出雲之国
にて執り行われます。
ご存じの方も多いですが、先月の4日に高円宮家の次女、典子さま(25)と
出雲大社禰宜(ねぎ)の千家国麿さん(40)が一般の結納にあたる
「納采(のうさい)の儀」を東京・元赤坂の高円宮邸で行われました。

つい数年前迄は町自体が閑散としてて、閑古鳥も寄りつかなかった出雲大社が、
遷宮とスピリチュアルブームに便乗し、一昨年辺りから観光客が増加しました。
遷宮も終了し、ムムム・・・今年はどうかなぁ〜などと地元住民が観光客の出足を不安がっていたら、
さすが千家さんのウルトラCで今年も秋に向けて観光客は順調の様です。

情報番組でも東京〜出雲の寝台列車サンライズ出雲が東京のOLに大人気で、
予約が取れない人気だと何度も言っていました。もう暫くは『縁結び』ブームに
便乗して、出雲之国は若干の潤いを得られそうです。
千家さんと高円宮家とのご結婚は千家さん曰く『大変畏れ多く光栄に思っています。
私どもの家の初代が、皇祖・天照大神の次男と伝えられています。2000年を
超える時を経て、今こうして今日という日を迎えたということに深いご縁を感じ
ています』
とコメントされています。

地元でありながら古代史には全く疎い私としては、ヤマトと出雲王朝の因縁も含め、
神代の頃に思いを巡らすいい機会だなと、熊襲系出雲人は思うのでありました。

ともあれ、秋には又、賑やかになる出雲においでませ〜