読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

「感覚する」ことを「おさめる」

「感覚する」ということを怠ることは

自己責任を放棄していることになります。

 

自分の行為が果たしてからだの要求に適っていることなのか…

 

橋本先生は

「治すことまで関与するな」とおっしゃっていましたが、

「きもちよさをききわけさせればいいんだ。きもちよさで

治るんだからな」ともおっしゃっていました。

 

きもちよさをききわけるプロセス。

本当にその行為がからだにとってきもちいいものなのか、

からだが要求しているきもちよさなのか。

 

「感覚する」ということは自分自身のからだへの

礼節でもあります。

 

からだの個々の細胞が健康を維持するために

それぞれの役目を日々おさめているように、

私たちも「感覚する」ということを「おさめる」責任が

あります。

 

橋本先生が

「これからは動きよりも感覚だ」とおっしゃってから

操体も随分変化(進化)しました。

 

操体にはもともと自己最小限責任生活必須条件(息、食、動、想)

の営みが崩れると「生活の歪み」から「ボディの歪み」につながり、

不健康に傾くという自己責任におけるプロセスがあります。

 

「動きから感覚」に変化(進化)したことで

「感覚する」というプロセスを自己責任において

「おさめる」必要性が一層増してきたように思います。