読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

カガミとおさめ

先日、日本の上古代文字ホツマツタエの勉強会に参加した際に

講師の先生から興味深いことを教えていただいた。

古代日本では軽い罪を犯した人への「刑」として

「大きなカガミ」の前に連れて行く

ということが行なわれていたそうだ。

 

能楽」に興味のある方はご存知かもしれないが

能舞台の揚幕の奥、

見所(客席)からは見えない空間に

大きな「姿見」の静置された

「鏡の間」という神性な空間が存在する。

 

人間と「カガミ」。

古来より、「カガミ」とはどんな存在だったのだろうか。

人間は「カガミ」を前に、何を感じてきたのだろう。

 

操体では

「姿見」のような「大きな鏡」を用意することは無いが、

臨床のプロセスのなかで

「目に見えないカガミ」を扱っているのだと感じている。

 

からだにききわけて

自分自身の良心に問いかけて

 

この、目には見えない

そして、時として「曇って」しまうこともある

「カガミ」のおさめ方を

しっかりと学べる場が

操体の学びにはある。

f:id:tokyo_sotai:20150514092355j:plain