読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

おさまるところにおさまる。初日

畠山裕美(はたけやまひろみ)

今週一週間は畠山裕海が担当致します。

よろしくお願い致します。

さて、私の本名は「畠山裕美(はたけやまひろみ)」です。
一昨年からペンネームというか芸名というか
「裕海」を使っています。

読み方は変わりませんが
ハタケとヤマと裕(ゆたか)な海、って何だかいいじゃないですか(笑)

また、ますます性別不明っぽいし(笑)


私が生まれた頃は、親が子供の名前を色々考えるというよりは、
割と適当につけていた時代ですから、字画を考えるとか
そういうことはなかったと思います。

何でも最初は「美香」だかなんだか忘れましたが、
そんな感じだったらしいのですが、父の姉の伯母が

「名前負けするからやめろ」
と言ったので、ヒロミになったと聞いています。

「名前負けとはなんと失礼な!!!」と思いますよね。

 

なお、私の世代はお父さんが「サユリスト」(吉永小百合ファン)が
結構多いので「小百合」という子も結構いましたが、

「名前負け・・・」(すんません・・)という子もいたので
確かにちょっと考えてもいいかと思いました。

 

ちなみに、私は「姓名判断」についてはあまりいい印象がありません。

というのは、昔銀座の占い師のところに行ったら、

「あんたの名前はこの前殺された(幼女連続殺人事件の被害者)○○ちゃんと
同じ画数だから、厄除けにハンコを買ったほうがいい」
と、高価な印鑑を買わされそうになったことがあるからです。

恐怖を煽って印鑑とか壺を買わせるとか、霊感商法ですよね。

 

そして、私は10年弱ヨメに行っていたのですが、
ヨメに行った先の名前にどうしても馴染めず
(仕事をしているから別姓を頼んだが却下)
元の「畠山」に戻った時は
「おさまるところにおさまったなあ」と思ったものです。

 

ちなみに「美」を「海」に変えてからどうなったかというと
「ハタヤマユミさん」と言われなくなりました。

 

これは結構「へえ~」ものです。
それまで結構な割合で間違えられていましたし、
名刺にフリガナをふっても、ローマ字読み仮名をつけても間違えられることが
多かったものですから。

 

名前というのは、実は最強の呪文なのだそうで、
それを読み間違えられた時は、その場で訂正したほうがいいんだそうです。

 

この他に俳句を詠まないのに俳号とか、
師範代を頂いた時の名前とか占術時の雅号とかもありますが、

 それはそれで面白がっています。

 

f:id:tokyo_sotai:20150523142305j:plain