読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

おさまる。六日目

あることがあり、

ポルトガルリスボン云々という話になりました。

今現在、東京大学駒場生産技術研究所で、
月に何度か、東北の再生可能エネルギー関係のプロジェクトを
手伝っています。このプロジェクトで微力ながら、東北復興のお手伝いをと。

よく、私達を朝から晩まで白衣着て治療室にこもってると
思ってる方もいらっしゃいますが、

「治療所にこもってばかりいると、脳みそがくさるぞ」by Dr. Keizo Hashimoto
というわけで、大学院にいたりするわけです。


実はこちら、理系の研究室なんですが
英文学、それもオカルトとかファンタシー(英国式では、ファンタジーとは
言わず、ファンタシーというのです)を英文学科で勉強していた私にとって、
たまに「メガワット」とかいう記号がでてくるとそれだけでびびります(笑)。

 

また、大学院の研究室って、先生方がそれぞれコアな研究をなさっているので
操体もどこかの大学で

私を「特任教授」として雇用してくれないかね、とかマジで考えたりします。

 

話は戻りますが、リスボンというのは1755年の大地震津波と火災により
町が壊滅し、なんと復興に250年(失われた250年とも言う)かかったのです。
津波と火災で6万人が亡くなったと言われています。

この時の復興を日本でも見習っていいのでは、という話もあります。

 

そして、私が手伝っているのは先の震災後の復興を、再生可能エネルギーでやろう
というプロジェクトの一端です。

 

釜石市岩手県大槌町が出資する「釜石・大槌地域産業育成センター」(同市)などが提案したリニア式波力発電システム開発プロジェクトが25日、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)の事業に採択された。
 開発するのは、波のうねりによる上下運動を最大限に利用する発電システム。発電コスト低減を図る次世代発電制御技術の確立を目指す。
 研究はセンターのほか東大、東北大、ともに釜石市の小鯖船舶工業、及川工務店などが参加。研究期間は2014~17年度の4年間。事業費約7億円はNEDOが負担する見通し。
 期間終了後は、開発した技術を釜石沖で実証実験し、地元企業などによる事業化を目指す。
 釜石市は、漁業者との調整を図るほか岩手県と連携し、取り組みを後押しする方針。

以上河北新報 2014年12月26日金曜日

 


というわけで、また、私が20代の時の英会話の先生、Margot(カナダトロント在住)のお兄さんが住んでいたりもします。なので割と意識に昇っている土地なのでした。

また、今年、毎年スペインでやっている「操体フォーラム」が
夏にリスボンで開催されることもあります。

「あること」ってコレなんですけどね。

 

あ、すいません、ついつい(笑)

 でもね、

こういうことはちゃんと言わないといけないんです。
誰も言わないから。

 

以前、スペインで、

奥さんが日本の方なので、
夏休みに二週間ある操体の先生の講義をうけ(根本先生です)
スペインで「ヨーロッパの正式な操体の継承者は自分だ」と
ネモトを名乗っていたのがいました。


また、30年位前だと、
町の八百屋さんがカイロプラクティック
短期間のセミナーを受けて突然開業し、
未熟な手技で事故が多発するという問題などもありました。

 

さて、
数日前のことです。

師匠、三浦先生に
「おい、ボルネオってどこだ」と聞かれました。

「ボルネオですか?」

私のアタマの中には、オランウータンとか
インドネシアとかマレーシアとか(行ったことがないので
地理をよく理解していない)色々思い浮かびました。

「う〜ん、インドの向こうあたりですかね」
(めちゃくちゃうろ覚え)

「えっ?インドか?」

「そんなとこでやるのか????」

「先生、それはボルネオじゃなくて」

リスボンでは??」

 

ああ、おさまった(笑)