読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

陰陽の理(ことわり)と拘(こだわ)り

岡村郁生(おかむらいくお)

だれだって批判されたないし、干渉されすぎるのは避けたいが、

陽るくとも目立ちすぎれば、出る杭が如く叩かれることも多い。

ホンモノであっても定説を覆す際には、陰で嫌われることが多い。

 

といって人の性なのか、隔たりに気付いたら黙ってはいられない。

隔たりを感じて批判する側にも、崩したくない信念があるだろう。

 

ぶつかる理由がある。立派な信念といえど例外なく陰と陽はある。

その本人の輝いていた時代背景、絶ちがたき過去への拘りもある。

 

人知れず山奥で修行しているならともかく、風と気の吹くままに、

川の流れが如く、地球の回るままに過ごすには・・険しいこの世。

そうなのだ、人の世ではバランス感覚が常に要求されてしまうから。

 

ただ、陰陽の組みあわせには共通した法則性、つまりルールがある。

「太極」におさまらない「陰と陽」など、生じることはない。

 

「陰と陽」の組み合わせとは、お互いに作用し合いそれぞれ「太極」

に近づけようとする作用によって、それぞれを識別しているのだから。

 

陰と陽の”大調和”である「太極」。

コレを程よく切り取っているから、結果的に陰は成立している。

引用という作用と、引用という反作用のようなもの。

 

この微妙で精妙なバランスとは、まさに法則性がある。

陰陽でも、陰的作用の”右”と陽的作用の”左”の渦巻きは面白い。

渦の働きそのものが、イノチを生みだしてくれている感じがある。

 

そう!操体法の臨床で「D3」といえば「渦状波Ⓡ」である。

その臨床感覚はまさに、「心身」の過干渉を「からだ」に戻してくれる。

 

「身体」と「心」は共に陰陽的であり、「からだ」は太極的だともいえる。

 

 

※今日の一言

「人が変わるためには、自分についての意識を変えることが必要だ」 

                   ~アブラハム・マズロー~ 

 

おしらせ

2015年冬季東京操体フォーラム 12月5日(土)6日(日)二日間開催決定

詳細は東京操体フォーラムHPをご覧下さい