読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

<今後あるべき医療の陰と陽、討論会その⑤>

岡村郁生(おかむらいくお)

(陽氏)

・・潜象に通じる「息診」が大自然の摂理にかなっているというならば、

宇宙創成から地球誕生、そして現在に至るまで生命体に見立ることも

出来ないと、後継無糖なおとぎ話になってしまいます。

 

宇宙の始まりで定説とされてきた「ビッグバン理論」は未だ証明できませ

んし、宇宙全体が火の玉から爆発したのではなく、急激な膨張をしてい

るとか・・・なにかしら釈然としませんから研究が進むわけですよね。

 

その後、「インフレーション宇宙論」を提唱する学者によって、宇宙とは
「無」からはじまったと説明されていますね。

この理論を応用している例が、最先端医療にも使われる半導体です。

 

インフレーション理論」でこの宇宙が成立するにあたり、量子物理学的

考察をすると、「無」の状態でも「素粒子」が生成と消滅(生まれて消える)

を繰り返しているわけです。

 

理論によれば、このことを「ゆらぎ」といっているんですね。

つまり、この「ゆらぎ」があってこそ、壁を「粒子」がすり抜ける可能。

これを「トンネル効果」によって、この”宇宙は突然生まれた”訳です。

それは、宇宙創成からみた生命の歴史にもつながってくるんでしょうか?

 


(陰氏)

ワタシは難しいことは知らないけど、なんとなく納得できる理論ねぇ。

「息をすること」「食べること」「動くこと」「想うこと」「生きる環境」は、

それぞれ、一般的な「衣・食・住」とは異なった自己責任分担があるのよ。

 

それでね、個人の自己責任という条件そのものが「生命環境」の中にあって、

成り立っているんだから、一人の責任はすべての生命体と繋がっている、と

見立ててもおかしくないと思うのよね。

 

だから、科学が進歩して見えなかった細かな情報を、赤の他人が診断しても、

その個人のレベルに留まっているとわからない・・・ということなのね。

 

だって、現象は潜象から生まれてくる一部とか一瞬に過ぎないわけだし、

太極から陰と陽が生じてまた戻っている循環って、まさに生命のバランス

制御そのものになっているんですもの。

 

だから、疑いようもないほど生命現象は、バランス現象だってことよね。

 

この仕組みはしばらく「息」を止めてみたらわかることだし、息を止めた

ままで「食」べることができるのかでもいいし、息を止めて「動」き続け

ることができるのかでもいいし、想い続け考えることも、息を止めてたら、

すぐに「息」そのものが果たしている”サムシング”&偉大ってことなのよ。

 

「息診」から始まる「医療の連携」や「息診」から始まる「診断」そして、

「息診」から始まる「共通言語」の必要性をイメージして欲しいのよ。

 

勿論、知識の充実や最先端の情報整理、専門分野での追究にも活かせるわ。

 

聞いていた貴方はどうかしら?・・ヒビいてくるものがあったなら・・・。

生命バランス現象の「今」を掴む同志になってみない?待っているわよッ!!

 

(陽氏)

もう最終日のようですね。

一週間は早い・・・ああ、そろそろの終了合図が出ています・・・。

 

(陰氏)

そうね、速いかも知れないけど、速いことは「快」の意味もるのよ・・・。

 

(陰氏)(陽氏)

では、今朝も今宵も、日々の生命を感じる「今」に乾杯ッ。

生かされ・・生まれ、生まれ死に、死んで生まれし今を生きましょうッ!!

                          (第一部、終了)

 

(未分氏) 

いや~いかがでしたか?

お二人の交わす言葉の数々にヒントが星々のように

ちりばめているような気がしましたねぇ~。

それでは皆さん、フォーラムでまたお会いしましょうね~!

ではッ!サヨナラッサヨナラッサヨナラッ!

 

・・・明日からは太極から舞い降りし「ヨーギ」。

日下実行委員の登場です。乞うご期待!お見逃し無くッ!

 

 

※今日の一言

「行け、行け、決して安穏をむさぼるな。 

 生きているのは幸福であるが為ではない。 

 生きているのは私(神)の法(のり)を成就するが為だ。 

 悩め、死ね。しかし・・・。 

 お前があらねばならぬ、その者であれ。一人の人間であれ」                                           

                     ~ロマン・ロラン

 

おしらせ
2015年冬季東京操体フォーラム 12月5日(土)6日(日)二日間開催決定
詳細は東京操体フォーラムHPをご覧下さい