読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

陰陽~その4~

臨床も一定のパターンに当てはまってくれれば

面白いように効果があらわれます。でも、そうそう

上手くいかないのが世の常。

 

パターン化できない場合や、「どうもここは当てはまるんだけど

ここは当てはまらないなあ」といった辻褄があわない場合もあります。

 

そういう時にベテランの先生や、治療の上手な先生に診てもらうと

「ああ、確かにこの人は『陰』に傾いているけれど、時間の経過と

ともに『陽』の状態も混ざってくるね」とか、

「体質は『陽』だけど、今出ている症状は『陰証』だね」とかとか。

 

パターン化に慣れてしまうと「決めつけ」に陥りがちです。

そうするとちょっとしたサインを見逃してしまったり、都合のいい

いいように解釈して、思うような結果が出ないはめになります。

結局はどんな治療論も治療法も使う人次第ということになって

しまいますが。

 

臨床を続けていくうちにそんなことに気づかされながら、ちょっと

飛んで現在。

 

今は鍼灸治療はせず、操体を学びながら、操体で臨床を通している身

ですが、改めて「陰陽」と向き合ってみると「はっ」と気づくことが

あります。

 

「『陰陽』のはたらきってお互いに対立したり、依存しあったり、片一方が

増えれば片一方が減ったり、時に『陰』から『陽』へ、時に『陽』から『陰』

へ変わったりするんでしょ?それじゃあ一時も同じ状態なんてないじゃない。

人の『からだ』を診るときも、今目の前で起きている現象をまるごと変化と

して受け取ったらいいじゃない。」

 

当時「陰陽」の理論の面白さに気づいたときはこんな感じで受け取っていた

のに、いつの間にか結果を追いかけて見えなくなっていたんですね。

 

治療の上手な先生は知識や経験はもちろんですが、「目の前の現象を

着色せずに見ていた」のかもしれません。

 

2015年冬季東京操体フォーラム 12月5日(土)6日(日)二日間開催決定

詳細は東京操体フォーラムHPをご覧下さい