読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

陽の時代から陰の時代へ その2

寺本 雅一(てらもと まさかず)

その時代に合った学問を学ぶことが出来る。

これはとても魅力的なことだと思います。

 

歴史の遺物として消え去ることなく

また「過去のもの」として、博物館に展示してあるわけでもなく

現代に息づき、生きている学問。

 

まさに、師のもとで学んでいる「操体」は

そのような、生きている学問だと感じます。

 

「生きている」というのは

操体に関する最新の情報を学ぶことが出来る

という意味もありますが、

 

橋本敬三先生が成し、成そうとしてきたこと

その意志を継承し、「進化」と「深化」を遂げてきた、その道筋。

世代をこえた、操体という学問の生き様を まるごと見せていただいているので

そのように感じるのだと思います。

 

陰の時代に生きる人間にとって

陰の時代に息づく学問を学ぶことはとても有意義です。

 

しかし、本当に有意義なのは、陽の時代から陰の時代へ移行する

そのプロセスを理解した上で

陰の時代に生きている学問を学ぶことではないかと感じています。

 

800年という周期で陰と陽を行き来する時代の流れの中で

人が人へ、学問を通じて伝えていくものは

まさにこの「移行」のプロセス。

学問の生き様なのではないかと思うのです。

 

 2015年冬季東京操体フォーラム 12月5日(土)6日(日)

二日間開催決定 詳細は東京操体フォーラムHPをご覧下さい