読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

「陰と陽 ~音楽~」

三浦 寛幸(みうら ひろゆき)

先月末にフォーラムにも起こし頂いたヒカシューのメンバーでもある佐藤正治さん率いるMASSAのライブがありました。

 

今回で二回目になりますが、良いと思う音楽というのは操体の臨床と同じで回数を重ねる度に味わい深いものとなり、心地よい感覚の世界に導かれていきます。

 

また、それと同時に「本当に良い音楽とは何なのか?」と考えさせられます。

 

たくさんの人から拍手、喝采を浴びるものが本当に良いものなのか、それとも売り上げが良いものが良い音楽なのか?

その判断は各々の価値観や時代の流れによって変わってくると思いますが、ただ一つ言えることは本当に良いものとは音楽にしても、物作りにしても、また臨床においても、魂の思い入れがどれだけあるかどうかのように思います。

 

また、それに比例するように、その人自身の生き方、品性も作品に影響しているのではないでしょうか?

 

私自身、以前のブログでも書きましたが、音楽とはあまり縁がなく、たまに聴く位です。しかし胸に響く音楽は大切にしたいという想いがあるので、佐藤さん達のライブは出来るだけ足を運び生で聞くようにしています。

 

足を運び、その人達の顔を見て、音を介して魂を感じる。それを明日からの自分の励みにする。MASSAのライブにはそんな私自身の想いがあります。

 

そういった想いで佐藤さん達の音を受け取っていくと、音楽にも「陰と陽」があるように思います。

 

心に響く音楽、皮膚を介してからだで受け取る音楽。右脳に響く音楽、左脳を揺さぶる音楽。時代が必要とする音楽、時代が隠した音楽。

 

受け取り方は人それぞれなので、あえて分別する必要はありませんが、誰もが知っている音楽の裏に「隠れた名曲」というのがあるように、音楽にも先日まで述べたような現象と潜象が潜んでいるように感じます。