読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

関わり合いの中で

香さん、一週間ありがとうございます。     

今日は岩手から東京入りしている瀧澤です。

今週一週間よろしくお願い致します。

 

昨年末は割と暖冬が続いておりましたが、

今年に入ってからは全国的にすっかり雪模様。

雪が降って喜んでいる地域がある一方、雪が降って

困っている地域もあります。ニュースに目をやれば、

眉をひそめたり、胸が痛むようなものもあれば、

嬉しくなったりほほえましくなったりするものもあり

ます。

 

僕達の心は天候や世間事、身の回りの人間関係など、

外界の様々な影響を常に受け続けています。

相手が自然であれ、人間であれ、情報であれ自分以外

と関わりを持てば、そこには感情や想いといったもの

が生まれます。

「不安」、「怒り」、「焦り」、「憂鬱」、「嫌悪感」、

「排除したい」などといったネガティブなものから、

「安心」、「喜び」、「信頼」、「愛しい」、「共有したい」

などといったポジティブなものまで。

 

ネガティブ色が強くなれば「色んな事に振り回されな

がら生きている」と溜息が出そうですが、ポジティブ

色が強くなれば「他者との共感の中で生きている」、

「身の回りの事象に自分を重ねて想いを馳せることが

出来る」と素敵なことのように聞こえてきます。

 

結局は何かの影響を受けていることに変わりはないの

ですが、ネガティブに受け取るか、ポジティブに受け

取るかで自分を取り巻く世の中の見え方が180度

変わってきます。

 

「ネガティブなものは受け取りたくない」と思うこと、

これは当然だと思います。

誰だって嫌な気分にはなりたくない。出来ればずっと

良い気分でいたい。僕もそうです。

けれども交流を遮断して一生ネガティブシェルターに

引き籠るわけにはいきませんし、ポジティブ全開では

疲れそうです。

 

ネガティブな感情や想いと上手に付き合うことは

「ネガティブなエネルギーから身を守ること」にも

繋がってきます。

引いては健康にも繋がってくるのですから、

今一度向き合う価値があると思います。

 

2016年春季東京操体フォーラム  4月29日(金)昭和の日 開催決定

詳細は東京操体フォーラムHPをご覧ください