読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

ネガティブの何が嫌?

昨日は「ネガティブなものは受け取りたくないと思う

ことは当然だ」と書きました。

けれどもネガティブそのものに良し悪しはありません。

では、どうして「ネガティブなものは受け取りたくな

い」と思うんでしょうか。

僕はこう思います。「ネガティブそのものがどうこう

なんじゃなくて、ネガティブに振り回されることが

煩わしいのではないか」と。

自分の中で生まれたネガティブなエネルギーであっても。

人からぶつけられたネガティブなエネルギーであっても。

 

意見の食い違い、主張のぶつかり合い、自分の思い

通りにいかない、ネガティブになるきっかけは

たくさんあります。程度の差はありますが誰にでも

その機会は訪れます。

 

僕も先日、雪の影響もあってか通りを横切る車が

途切れずなかなか横断できませんでした。

僕の治療院は9時開院ですが8時から準備を始めます。

「このままじゃ、時間に遅れちゃうな」、

「自分のペースが崩れちゃうな」と少し焦りを感じま

した。たったこれだけのことで心がざわついたのです。

けれども一時的にそう感じただけで、一日中引きずる

ことはありませんでした。

 

瞬間的にネガティブになっても尾を引かなければ

そこで終わりです。「私はネガティブな感情を抱いた。

それ以上でもそれ以下でもない」と。

しかし「自分の思い通りに行かなかった、ガックリ」、

「うまくいかないのはあいつのせいだ、イライラ」と

尾を引きずってしまうと、段々とネガティブなエネル

ギーに囚われてしまいます。

自分にも他人にもネガティブなエネルギーが向かいます。

「ネガティブに振り回されて煩わしい」ということに

なってしまいます。

 

これは嫌ですね。けれどもよく考えてみるとこの

ネガティブなエネルギーを生み出しているのは自分

自身です。

 

 

2016年春季東京操体フォーラム  4月29日(金)昭和の日 開催決定

詳細は東京操体フォーラムHPをご覧ください