読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

「○○したい」は紙一重

瀧澤 一寛(たきさわ かずひろ)

「自分の思い通りにしたい」と思うことはよくあります。

肯定的に受け取れば「意欲がある」、「意志が強い」、

「自分の道を邁進する」といったイメージに繋がりまし、

否定的に受け取れば「わがまま」、「自己中心的」、

「幼稚っぽい」といったイメージに繋がります。

 

ここで僕が言いたいのは、

いくら「自分の思い通りにしたい」と思っても自分の

思い通りにならないことはあるということです。

当たり前ですが。

けれども思い通りにいかなくて嫌な思いをした時に

「私はネガティブな感情を抱いた。それ以上でも

それ以下でもない」で済まずに、ずっとネガティブな

エネルギーを引きずってしまうこともあります。

 

特に「自分の思い通りにしたい」、「コントロールしたい」

という気持ちが強ければ強いほど、結果に執着すれば

するほど、それが叶わなかった時の心の代償は大きいと

思います。僕もそうですがこんな時ほどネガティブな

エネルギーに囚われやすくなります。

 

「あの痛みを取ってやろう」、「あの歪みを矯正してやろう」

そんな気持ちで臨床に臨んでいた時期があります。

よかれと思ってやっていたんですが、

その気持ちが強すぎて「痛みを取ること」、「歪みを取ること」

に囚われてしまうことがありました。

ですから痛みや歪みが残っていると「症状をゼロに出来な

かった」とへこんだり、時には「(健康にとって)やっち

ゃいけないことをやるからそうなるんだ」とか

「ちゃんとケアしに来ないからだ」と(心の中で)相手の

せいにしてしまうこともありました。

 

随分後になって気づきましたが、出発点がポジティブでも、

「○○したい」という気持ちが強すぎると、気づけば

ネガティブなエネルギーに囚われていたなんてこともある

ということです。

 

ここをスルーしてしまうと知らず知らずのうちに

ネガティブなエネルギーを周りに発散している

可能性があります。

 

2016年春季東京操体フォーラム  4月29日(金)昭和の日 開催決定

詳細は東京操体フォーラムHPをご覧ください