読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

学生時代の授業

香(こう)

今日から7日間担当いたします、香です。

よろしくお願いいたします。

 

上手い、下手というキーワードを考えた時に、学生時代のことを思い出しました。

私は学生時代、体育学部に所属していました。

ある実技の授業では、授業が始まると、先生はまず見本を見せました。

見本以外、細かい説明などはなく、「次は皆さんがやりましょう。」という流れでした。

すると、ほぼ全員、あたりまえに、見本通りの実技をやっていました。

しかし、私は、それができませんでした。

体育学部ということもあり、「運動神経がいい」や「運動のセンスがある」といわれる人が多く所属しているということもあると思いますが、私と一番違うと感じたことは、その実技をすることに対して、恐怖を感じていないということでした。

また、見本を見ることで、イメージがしっかりとできているということでした。

決して私だけが、恐怖を感じるような環境で実技をしていたわけではないのに、私は勝手に恐怖を感じていました。

自分の勝手な思い込み(恐怖)が、できないに結びついてしまったのです。

 

2016年春季東京操体フォーラムは4月29日(金)開催です。

http://www.tokyo-sotai.com/?p=1278