読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

わたあめ

昨日の夕方、「あ、わたあめ!」と叫びたいぐらい、淡いピンクの雲が見えました。

その一方で、もう一人の私が子供でもないのに「何がわたあめなんだ?」と思うのでした。その後、はしゃぎたい自分の感情を、「なぜ肯定できなかったのだろう」と考えました。感じている(受け取っている感覚や感情)ことを否定することは、感じることができない状態を引き起こす可能性があるのに…。

 

自分自信が勝手に様々な評価や価値観を持ち、感覚、感性が鈍くなるような行動を、意識しない間に取ってしまっていることが、生活の中には多くあると感じました。

感じたものをそのまま行動や言葉に移してはいけないこともあります。

しかし、感じたことに対して、自分で必要以上に否定することはないと思います。

「感じたことは、そのまま受けとる」とにかく受け取る。その先のことは、受け取ってから考え、行動や言葉につなげていけばいいのだと思います。

 

「自分と向き合う」を感じた夕方でした。

上手い下手とは、いかに自分(いのち)と向き合っているか?なのかもしれません。

2016年春季東京操体フォーラムは4月29日(金)開催です。

http://www.tokyo-sotai.com/?p=1278