読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

理由

昨日の続きを。

 

腰痛に関してもそう。

 

当時、ディフェンスの時は出来るだけ腰を落とせと言

われていた。

 

だから誰よりも腰を落としてやろうと躍起になった。

腰やお尻がどんな状態になっているかを知りもせず。

 

いつ頃からか、腰に痛みを覚えるようになった。腰を

落とそうとすればするほど、その状態を維持しようと

すればするほど痛みが強くなった。

 

ほどなくして整形外科と接骨院を受診した。

レントゲンと電気治療。しばらく部活は見学。

 

何とか早く復帰しようと某バスケ雑誌に載っていた

腰痛対策の運動を行ってみた。その運動は腰の反り

具合と骨盤に関するものだった。

 

しばらく続けるうちに、腰の痛みが減ってきた。

腰も落とせるようになり、練習に復帰。

 

結局痛みがゼロになることはなかったが、痛みが強

くなりそうなときはその運動を行った。一時的では

あるが痛みは和らいだ。ただ、当時はその理由が分

からなかった。

 

操体的目線の今なら、その理由が分かる。

 

2016年春季東京操体フォーラムは4月29日(金)開催です。

http://www.tokyo-sotai.com/?p=1278

2016年9月 新創生期操体法特別臨床講座 開講!

http://www.sotai-miura.com/?page_id=1018