読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

イノチ

瀧澤 一寛(たきさわ かずひろ)

カタカナ表記から「異質」を感じ取った経験がありま

す。

 

東京操体フォーラム理事長、三浦寛の著書である「快

からのメッセージ 哲学する操体」を初めて読んだと

きのことです。

 

 

快からのメッセージ―哲学する操体

快からのメッセージ―哲学する操体

 

 

文中では一貫して「イノチ」と表記されています。

「いのち」でもなく「命」でもなく「生命」でもなく

です。

 

カタカナ表記になっただけで、普段自分が向き合って

いる「それ」とは明らかに何かが違う。一言で言うと

娑婆臭くないという感じでしょうか。

 

初めは「ん?」という感じで読み進めていましたが、

この「異質」な感じが「イノチ」の「真価」を考える

きっかけを与えてくれました。

 

7月18日(海の日操体マンダラ2016開催

東京操体フォーラム理事長、三浦寛が50年学び続けて

きた操体の今を公開します

 

2016年9月新規講座開講のご案内