読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

二つの軸

瀧澤 一寛(たきさわ かずひろ)

巷で耳にする「進化」という言葉は主に「過去と比べ

てどうなのか」といった時間軸で語られることが多い

ように思います。「以前よりも性能、機能がアップし

ましたよ」というニュアンスです。

 

しかし、操体の進化は時間軸に限ったことではありま

せん。

 

「今の時代にあっているのか」といった環境との関係

性を考慮しています。操体を勉強しているなら空間軸

とか空間との調和とも言えます。

 

現在は「陰の時代」を迎えているということは、当ブ

ログで何度か紹介されていますが、操体はこの「陰の

時代」に合うように進化しています。

 

因みに「陰の時代」は物質面よりも精神面、男性性よ

りも女性性に重きが置かれる時代です。

 

臨床を通していると、「時代が求めているのかも」と

感じることがよくあります。

 

それと同時に「環境を無視して、性能だけがアップす

ることは果たして進化と呼べるのか」と考えたりもし

ます。

 

7月18日(海の日操体マンダラ2016開催

東京操体フォーラム理事長、三浦寛が50年学び続けてきた操体の今を公開します

 

2016年9月新規講座開講のご案内