読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

「シンカ ~プロセス~」

三浦 寛幸(みうら ひろゆき)

以前、三浦先生から「運命の法則」(天外伺朗著)という本を紹介して頂きました。著書の中で天外伺朗さんは様々な法則を説かれていますが、その中で「プロセスの法則」の重要性を説かれています。そこでは結果よりそこに行き着くまでのプロセスが大切だと書かれています。

 

「プロセスが悪いと、次へは繋がらない。これは個人の人生でも同じだ。結果よりもプロセスが大切なのだ」(P102より)

 

この言葉からも伝わってきますが、色々思考錯誤し、そこから生まれた結論、答えというのは意外とシンプルなもので「あ、こんなものか」と記憶にもそこまで残らなかったりします。

 

しかし、そこに至るまでのプロセスで気が付いたこと、悩まされたことというのは答えよりも記憶に残り、次の学びの糧になっているように感じます。

 

このようなプロセスの捉え方は物事を進化させていくことにおいて、とても大切なことでプロセスがない進化は真価に繋がっていきません。

 

現に私達の学びも重心の捉え方を根底から見直すことで臨床の通し方も進化の途中でありますが、そのプロセスの中で得たもの方が結果よりも大きな財産になっているように思います。

 

またプロセスの過程において過去の遺産に執着し過ぎないことも大切なことです。

 

特に私達のようにからだに学習させることを大切にしている学問は時に過去の遺産が邪魔になることが多いです。つまり過去と現在の比較が生じてしまうからです。

 

こういったことからも、結果や過去にこだわり、執着しないことが進化には必要なことだと思います。