読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

床の間

最近の住宅は和室がない建物も増え、床の間がないことも多いようですが、旅先の旅館で、床の間を目にすると豊かさを感じます。

 

華や掛け軸も美しいのですが、その床が掛け軸や華によって、より際立っていることです。華が主になっているようだけれども、実はそのまわりの間が主になっているのです。

この空間のエネルギーには、いつも魅了されます。

 

 

話は変わりますが、先日、「古都」という映画を見てきました。川端康成の名作「古都」を映画化したものです。

京都で呉服店を営む家族のお話ですが、着物や茶道などを観ながら、美しいなあと心が豊かになりました。

 

f:id:tokyo_sotai:20161122232733j:plain