読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

「間」のデザイン

寺本 雅一(てらもと まさかず)

長年操体を勉強し続けてきた人。

まわりを見渡してみると

みなさん独自・独特の「間」を

持っていることに気が付きます。

 

これは操体に限らないことですが、

「この人はタダモノではない」

と感じるような

その道に通じている人は

極上の「間」を持っている人だと思います。

 

「持っている」というのは、

結果的にそういう風に見えるというだけで

実際には、「間」の使い方を心得ている人 とも言えるでしょう。

通常は長い年月をかけて、養われる世界観なのだと思います。

 

実は操体って「常」に、

「間」のことについて

学習しているようなところがある。

そんな風に思うようになりました。

 

からだを介して、「間」をデザインする。

そういう面白さが、とってもあるように感じます。

実行委員のなかで「藝術部」が盛んなのも、

この辺のこととも関係している、

のかもしれません。 

 

操体を勉強し始めると

醸し出される「間」も変化していく。

そういった変化も、興味深いところです。