読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

アプローチとメッセージ その6(右脳的、左脳的)

石田哲也(いしだてつや)

最近は人と話す時、見る時は左目(右脳)を使っている。いままでは右目(左脳)で見ていた。それだけで話す内容が違ってくる。右目を使うとどうしても合理的になる。穏やかではいられない。議論をしていると人を追い込んでしまう。たった使う目を使うのを変えただけで生き方が変わってくる。相手からのメッセージも受けやすくなるようだ。

 2017春季東京操体フォーラム速報!

f:id:tokyo_sotai:20170129071334j:plain