読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

まわりから始まる

生きているだけでメッセージはあるものなんですね。

そして、アプローチをしている人間の何かをきっかけに、

あらゆる変化を通じて、この空間は現象を生み出せるようです。

 

始原東洋医学という故有川貞清医師の著書があります。

この書籍は面白いことに読む本ではないのです。

いや、読む本なんですが・・・ただ読んでいたのではわからないんです。

 あるもの故に、感じることに生じる”空間上の交流”でよみとる感じです。
始原東洋医学―潜象界からの診療

始原東洋医学―潜象界からの診療

 

この書の終わりのほうに、外国の某有名政治家にアプローチしている症例があります。

この症例をただただ読んでいるときは、さっぱりチンプンカンプンなんですが、

音読して、書き込んで、そして”なる”ことによるアプローチで感覚しているときに、

おや、そういうことなのかな?と想いを通じあったことは事実なんですよネ。

 

「からだにききわけて」

「ききわけたその感覚を味わう」

このことは、私が一番はじめに講習会に参加したとき、感じたものと似ています。

橋本敬三師のメッセージを受け取っている三浦理事長も全く同じように感じます。

 

あぁ、東京操体フォーラムブログなのだから言い方に工夫も必要ですね。

 

では・・・。

操体」は何でも入るし、なんでも生かせる器なのだから、わかるまでやりなさい。

せっかく頂いているのだから、メッセージに何か入ったなら生かしなさい。

 

そのためには、それに適うようにアプローチを通してみるしかないんですよね。

アプローチの最も簡便な第一歩は、興味を持ったら行動に移すことですね。

そのための呼び水は、↓こちらですよ!

 

2017春季東京操体フォーラム速報!