読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

皮膚からいただいて、皮膚に生かす

すぐに役立つ、なにかしらの効用を求める人が多くなった気がします。

例えば、なんでもやってもいないのに、やる前から効果を知りたがり、

「それって、何の役に立つのですか?」と聞いてしまう・・・。

 

 

ワタシ自身は三浦理事長に、”渦状波®”を臨床で見せて頂いても十年位、

D2の繋がりとしてD3を、操体の臨床で患者に通せなかったのです。

 

お願いして個人レッスンを受け始め、知ってはいても更に学んでも、

皮膚へのアプローチには、人の”間”というメッセージが必要でしたね。

 

なので、D3を始めると決めたときは、他の臨床を一切しませんでした。

皮膚からのメッセージ―操体臨床の要妙part 2

皮膚からのメッセージ―操体臨床の要妙part 2

 

 皮膚を感じる感動、驚き、皮膚に頂いたことは言葉で表現できないこと。

それこそ、もう少しで十年経過することになるけれども、全く飽きない。

 

学問だって同じでしょう?操体のアプローチも学問ですからね。

学び続ける理由は、自然の不思議を理解したい押さえがたい要求です。

 

皮膚から頂いたメッセージの一つにこんなことも…(↓擬人化仕様)

「効果だろうと、影響だろうと、役に立つかどうかなんて、

 そんなことは、二の次、三の次でもいいんですよ・・・」

この素晴らしいメッセージを理解するのに、相応の”間”は必要でした。

 

言葉の意味で理解することと、「からだ」で理解したことは違います。

対象が同じでも、アプローチが違えば、メッセージも違います。

そこに至る道筋も違うならば、頂けるものも当然違ってきます。

 

素晴らしい詩や俳句の世界観が、一体何の役にたっているのか。

日が昇る瞬間の瞬き、小鳥のさえずる歌声は、何の役に立っているのか。

そんなことまでも、役立つ言葉で全て説明するのは愚かだと思うのです。

 

必然性として、操体のアプローチも”間にあう”ように応じたのですね。

 

メッセージを生かす臨床。

それは皮膚を介して「からだ」の無意識から、メッセージを頂けること。

 

ただし、見よう見まねでやってみては火傷をしてしまいますから、

操体」というアプローチを学び続け、そして感じてみることです。

 

D3のその先こそ愉快なのですから、一生飽きないんですもの! 

 

2017春季東京操体フォーラム速報!