読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

ソクラーテスのアプローチ

 今回の大テーマは 「アプローチとメッセージ」 である。 

 

 これを受けて初日は、真実へのアプローチとそのメッセージという 「ソクラーテスのクライマックス」 を題材にしてみようと思う。

 

 時代は二千数百年遡ったギリシャアテネの裁判で神を冒涜した罪で毒を盛られたソクラーテスが今まさに死のうとしていたときのこと。 そのとき、ソクラーテスの弟子たちは泣き叫んで、涙を流し始めていた。 そこまでは普通にごく自然なことだった。

 

 そして、弟子たちはソクラーテスの葬式のことについて心配をし始めた。 弟子たちはソクラーテスに訊いた。 「どうしたらいいのでしょう?」 ソクラーテスはこう応えた。「私の敵は私を殺すために毒を持ってきた。 そしてお前たちは私を埋める計画を立てている。 となると誰が私の友で誰が私の敵なのかね? 双方とも私の死を気にしていて、私の生に関わっているものは誰もいないようだ・・・・・・」

 

 それならば、と、ソクラーテスは弟子たちに言った。 「泣くのはもうやめなさい! 生に興味がないのなら、私の邪魔はしないで欲しい。 どうか私に死を探らせておくれ、だから気を散らさないで欲しい! 泣くのは後でいいではないか、私はもうすぐいなくなる、いまの今は、私に死が何であるか探らせてほしい。 私は全生涯にわたって、死の真実に足を踏み込むこの瞬間をずっと待ちわびていたのだ」

 

 ソクラーテスはベッドに横たわり、死が何であるのかをじっと見守っていた。 死が何であるのかを深く探っていた。 そして、ソクラーテスは弟子たちに向かって言った。 「私の足が痺れてきた、が、私は依然として前と変わらぬ私だ! 何ひとつ私から奪い去られてはいない。 私が実存している感覚は前と同じだけトータルで変わりない、が、足はすでに終わりを告げている」

 

 それから 「私の脚も駄目になってきた。 だが、私は同じままだ。 私自身が少しでも減っているなどということはない。 私は全くトータルなままである」 それから 「私の胃が痺れてきた。 私の腕も痺れてきた」 だが、ソクラーテスはとても興奮し、恍惚としていた。

 

 ソクラーテスは言う、 「だが、私は依然としてこう言おう、私は同じだ! 何ひとつ私から取り去られてはいない。」 そして、ソクラーテスは微笑み始めるとこう言った、「この調子だと遅かれ早かれ私の心臓をも奪うだろう。 だが、それでも私を奪うことはできない!」

 

 そうして、「私の手も駄目になった。 もう、心臓も弱まっている。 そして、これが私の最後の言葉になるだろう。 私の舌が痺れてきているからだ。 だが、言おう、覚えておきなさい、これが私の最後の言葉だ。 私は依然として同じだ! そしてトータルなままだ!」 これはソクラーテスが生のクライマックスに行なった、死へのアプローチである。 

 

 まさに受胎の瞬間からいまわの際まで人間はひとつのアプローチなのである。 真実の探求!・・・・・・そして、もし我々が真実を探し求めていないのだとしたら、もうすでに人間ではない。 そのとき、我々は人間を逃してしまった。 そのとき、我々は外からは人間に見えるかも知れない、が、それは人間じゃない。

 

 我々の人間性は見かけだけでハートの中ではそうではない。 そのような見かけにはだまされてはいけない。 というのは、鏡を見れば自分が人間だとわかるだろう。  しかし、それは人間であるという何の証拠にもならない。 我々のアプローチが募ってその全エネルギーが、アプローチの中へと転換されるほどの高みに至らない限り、我々は人間にはなれない。

 

 それが他の動物と人間との違いである。 動物たちはただ生きている。 が、動物たちは決してアプローチしたりしない! 動物たちはただ単に生きるだけで、真実にアプローチすることはない。 今まで 「真実とは何か? 生とは何か? 生の意味は何なのか? なぜ自分はここにいるのか? 自分は何処から来ているのか? どんな目的地に定められているのか?」

 

 というようなアプローチをしている動物などまったくもって存在しない。 一本の樹も、一羽の鳥も、一匹の動物も、この大きな地球も、こんなことをアプローチしたことはない。 このとてつもなく巨大な空であっても、一度としてこんなことをアプローチしたことはない。 

 

 そこに人間の永遠の栄光がある。 人間はとても小さいが、空よりも大きい。 なぜなら、人間の中の何かがユニークなアプローチをしている・・・・・・。 あの広大な空でさえ人間ほど広大ではない。 なぜなら、空には果てがあるかも知れない、が、人間のアプローチには果てしがないからである。 それは永遠のアプローチ、始めなく、終わりもない。 ただ進化だけがある。

 

 ソクラーテスのアプローチとは、このようなメッセージを残したのではないだろうか。

 

2017春季東京操体フォーラム速報!