読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

満ち引きと進歩

三浦 寛(みうら ひろし)

私は50年の臨床の学び、実践の中で
大きな転換期を3度、4度となく引き込んでいる。
そのたびに人の流れが変わる(患者の流れが大きくかわる)

 

 

臨床の問いかけが変わる(変える)ごとに
潮の満ち引きのように患者がとだえる。
そしてまた新たな患者が集うようにあつまってくる。

 

この変化に耐えゆること
新たな問いかけに耐え
私は関わるごとに、からだに試され、問われているのだ。

 

覚悟して、耐え、新たなる問いかけに磨きをかけていくしかないのである。

 

足踏みをするということは、「死んでいる」ことと同じである。

尻込みしている場合ではないのだ。

 

ある患者にとって否定的であっても、
ある患者にとっては肯定できることなのだ。

 

私はからだの声に耳を澄ましている。

 

その声に従っているから、
肯定的、進歩的で
こだわりはない。

 

私は「従」であり、からだが「主語」
からだの声に従っている。

 

そうした捉え方が私を救っている。

 

 

2017年4月29日(土)2017年春季東京操体フォーラム開催。
テーマは「操体新旧臨床譚~よみがえる橋本敬三&最新症例集」です

 

f:id:tokyo_sotai:20170325101135j:plain