読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

プロ意識とプロ根性④

 今回のブログの初日に 「真理を知るということは非常な危険をはらんでいる」 と書いた。 知るということは確かに危険である。 人が真理を知るときには、その人はこの複雑きわまる多様性を知ることになる。 そしてどんなことをしようとも、その人はこの絡み合い全体を考慮に入れなければならない。 さもなければ要点を取り逃がして、まったくの助けにならなくなる。

 

 多くのプロと称する人が医療の真理を知ったにもかかわらず、真のプロ意識をもった治療家になれるのはごくごく僅かしかいないのはどうしたことだろう。 真理に至るためだけだったら、ただ自分の健康の問題だけを解決すればいいのだから。

 

 真理を得てプロ意識をもったときに知ったその知識は、とてつもない広大な大海原だといえる。 それを巧みに操って他の人達を助けるようになるのは至難の技である。 ところが知ることのこの危険性を知らない人が時折いて、自分たちは助けている、役に立っていると思い込んでいることがある。

 

 しかし、実はその者たちがやっていることは破壊にすぎない。 親切なことをしていると考えているかも知れないが、実際は残酷なことをしている。 この人たちは病人を病の中から引っ張りだしているのだと考えているのかも知れないが、実はますますひどい病の中に押し込んでいる。

 

 病の真理とはこういうことだ。 いつも楽ばかりしていると心もからだも鈍ってしまう。 そこで病気になるというのは痛みや苦しみといった辛い目にあうことによって心やからだも強くしてくれることになる。  だから、痛みや苦しみに耐えることが必要で、すぐに楽になりたいと思うのはよくないと理解することである。 

 

 病人に対して 「すぐに楽にしてあげます」 というような医療家はプロ意識をもった者とはいえない。 「しばらくは我慢してください」 といって、そして我慢できる程度まで苦痛を和らげて、「あとは自身で頑張ってください」 と言えるのがプロ意識とプロ根性をもった医療家だといえる。