東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

石田哲也(いしだてつや)

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その7  

自粛要請期間中、真面目に仕事ことや勉強ばかりしていても行き詰ってしまうのでお笑いの動画をYouTubeで見ていた。ふさぎ込んでばかりではからだによくない。この期間中、一日一回はお笑いをみて思いっきり笑うことが私のストレス解消と共に免疫力アップの源…

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その6

コロナウイルスの件ではテレビは不安ばかり煽って嫌な感じです。 これは実際のコロナウイルスよりも悪影響を及ぼす気がします。 事実な何なのか?正しい情報とは何なのか? テレビを見ていると毒されてしまいます。 そんな時は一度、テレビを消して情報を遮…

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その5  

私は朝起きると必ずカーテンを開けてその日の天気を確認します。 もし晴れていたら太陽浴び、今日生きていること感謝します。 太陽を浴びるとセレトニンが増えるそうです。 セロトニンは脳から分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンの原料。 メラトニンに…

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その4

このコロナウイルス下で本をたくさん読めました。 その中でファクトフルネス(FactFullness)という本を読みました。 人々は情報がアップデートされず、 多くの勘違いや思い込みをしていることに気がつきました。 世界は自分たちが想像していたよりも良くなっ…

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その3

Withコロナで生活様式もガラッと変えないかもしれません。 しかし、私の心の持ちようは以前から何も変わっていないようです。 元々新し物好きで試したい好奇心があるのかもしれません。 毎日が日々目まぐるしいスピードで変化している時代、 追いつかなけれ…

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その2  

このコロナウイルス下の中で非常に規則正しい生活と睡眠を得ました。 もしコロナウイルスが周りにあっても重症化になる気がしません。 それは毎日からだに問いかけて無理をしていないからだと思います。 からだの声を無視して無理な行動に移せばすぐにかかっ…

この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法 その1

今週からブログのテーマが 「この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 コロナウイルスの影響で毎日自宅にてテレワークを余儀なくされています。 ネガティブに考えるとよくないことばかり。 しかし…

飛ばす その7

眼(がん)を飛ばす時は右目で見ていることがほとんど。 逆にやさしく接したいなら左目が操体の当たり前。 電話で話す時もなるべく左目で話すようにしています。 同じ言葉でも伝わり方が違います。 一週間お付き合いいただきありがとうございました。 来週か…

飛ばす その6

最近は神社やお寺によく行きます。 毎回、念を飛ばしています。 日常のモヤモヤや不満、不安を一度リセットしたくて。 忙しい毎日の中、心の中に抱え抱えているものを全部吐き出しに行きます。 神様や仏様の前では素直な気持ちになります。 春季東京操体フォ…

飛ばす その5

何かに夢中になると記憶が飛ぶほどがよくあります。 その時の時間はあっという間に過ぎます。 逆に会議などダラダラとつまらないと時間は非常に長く感じます。 空間を削り取り時間を短縮させたい気分です。 同じ1時間でもあっという間に過ぎる時間を過ごした…

飛ばす その4

趣味の話ですいません。 ゴルフでは力入れすぎはボールが飛びません。 力を抜いて軽く振るとボールはよく飛びます。 じゃあ力を抜いて振りぬけばいいじゃないかと思います。 しかし実際に行うと力(りき)みます。 いかに力まないようにするかプロゴルファー…

飛ばす その3

なんだか理由はわかりません。 最近他の人のからだの状態を診るのが癖になりました。 痛みの訴えている人のどの部分に原因なのか? おぼろげながらわかるようになりました。 知人であれば触診させてもらってます。 触る前に圧痛などがわかると大変助かります…

飛ばす その2

妻が通勤中に腰が痛いと言ってきました。 満員電車でつり革を掴みお互いに立っている状態です。 触ることも出来ずに妻のからだの気になるところに意識を飛ばし、呼吸を通しました。 その後、痛みは消えたそうです。 触らない臨床を初めてやってみました。 う…

飛ばす その1

今週からブログのテーマが「飛ばす」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 操体の操法中に被験者の意識が飛ぶことがあります。 簡単いうと夢を見ない眠りと言ったらいいんでしょうか? 自分がいったいどこにいるのかわからなくなってしま…

ととのう その7

朝起きてシャワーを浴びてコーヒーを飲む。 朝のうちに仕事のメールをチェックして仕事に出かける。 毎日のルーティンが生活のリズムを作っている。 いつもの行動が少しでも違うと何か違和感がある。 ワクワクすることは毎日ないが一定のリズムを保っている…

ととのう その6

最近はPCの中のメールや書類、プレゼンなども整理しています。 情報量が多すぎる世の中。 PCの中も結構要らないものがたくさん存在しています。 まだこれも取っておこうかな?って思っているものはなるべく廃棄するようにしています。 結局使わないことが多…

ととのう その5

知人がTOEIC(ビジネスの場や日常生活での会話や文章でのやりとりといった英語能力を測るテスト)で私よりもよい点数を取っていた。 その方は私よりも英語は喋れないのにどのように点数を稼いだかを聞いた。 TOEIC対策用のアプリを使用していたことがわかり…

ととのう その4

普段の仕事の1週間の内、1日は予備を作っておく。 何だか詰め込み過ぎるとゆっくり考える時間がなくなり、 気持ちのととのえることもできない。 今日は無理と思ったら一度コーヒーでも飲んでゆっくりすることにしている。

ととのう その3

何か問題があったり困ったりしたことがあったらなるべくメモを取るようにしている。 最近はスマートフォンにメモを記入しておく人が多いが、 私はなるべく紙に書いて字に残しておく。 不満があったり愚痴ったりするときにもノートにメモを書く。 読み返して…

ととのう その2

整理整頓は癖ですぐに行ってしまう。 周りがキレイに片付いていると非常に気持ちがいい。 飲食店のトイレでも気が付いたら掃除をしてしまう。 私の周りの空間には片付いていることが非常に心地よい。

ととのう その1

今週からブログのテーマが「ととのう」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 ととのうというとシンメトリー(対称性)にした方が良さそうな気がします。アシンメトリー(非対称性)だと何だがバランスが取れていないような気がします。 …

操体における「頑張るな」とは  その7

最近は相性の良くない人にはなるべく近寄らないようにしています。 むかしの話ですが当時付き合ってた彼女がものすごい遅刻魔でした。 その彼女を遅刻させてないようなんとか更生しようと必死でした。 結局は付き合っている間は全く改善しませんでした。 当…

操体における「頑張るな」とは  その6

怪我しやすい人をよく見かけます。 私が思うにそのような人は怪我するべきしてしているような気がします。 その人の行動を見ていると頑張り過ぎです。 行動そのものが危ないなと感じます。 私もむかしから余裕を持って行動しろとよく言われていました。 やり…

操体における「頑張るな」とは  その5

最近は年のせいか勝手に早起きしてしまいます。 むかしのように朝バタバタして時間がないということはありません。 そもそも寝る時間も早くなり、テレビを見る時間も極端に少なくなりました。 その空いた時間で何かメモすることをしています。 これからの行…

操体における「頑張るな」とは  その4

最近は積極的にサボるようにしています。 サボるというと聞こえがよくありませんが、 喫茶店や本屋などで時間を潰して自分を見つめ直す時間を取りたいと考えています。 少し余裕を持つといった方がいいかもしれません。 なかなか時間が取れないという人は積…

操体における「頑張るな」とは  その3

俺も頑張っているんだから、お前も頑張れとずっと思ってました。 ギブアンドテイクで全ての物事が動いている世界では何も生まれないことを最近実感しています。 人は一人では生きていけないことを認識しています。 誰かの力を借りないといけない状況は多々あ…

操体における「頑張るな」とは その2

頑張りし過ぎるとろくなことはありません。 からだが痛くなり肌荒れがし怒りやすく不安になります。 あれやっとけばよかったと思うことは多々日々のなかにありますが、 健康であれば明日でもできる。 最近はどうしても明日までに終わらせなければならないこ…

操体における「頑張るな」とは その1

今週からブログのテーマが「操体における「頑張るな」とは」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 15年くらい前は非常に仕事が楽しくて残業も家に帰ってからパソコンを開けてせっせと仕事をしていた記憶があります。 もう今ではもう夜中…

私があなたに「操体」を説明したら  その7

何だかこの場が嫌だな。ざわつく。不快。 誰でもそんな経験をした人はいると思います。 その場(空間)に居たくない。 そんな時あなたはどうしてますか? 私はそんな時、即座に逃げます。 もし逃げられない時は我慢してそれが過ぎ去るのを待ちます。 空間に…

私があなたに「操体」を説明したら  その6

「操体」では感覚を重視します。 普段の忙しい生活をしていると、 それは私にとってどれだけのメリットがあるの?儲かるの? 私がこれだけやったんだからあなたもこれだけやってくれなきゃ! とギブアンドテイクの法則でつい考えがちです。 私は営業している…