東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

石田哲也(いしだてつや)

海 その7

海と聞くとなんだがウキウキします 昔の夏の思い出が蘇ります 真夏の海もいいですが明け方や夕暮れ時の海も落ち着いていて非常にいいものです 少しでも海の近くに行けたら現地に足を運ぶのが一番 現場に行くことがなにより重要だと考えます 一週間お付き合い…

海 その6

海と空の青色は全く同じではなく微妙に違う色をしてますね そのグラデーションを見ているだけでなぜこころが 落ち着くのでしょうか? 科学的なこと考えずにただただそこにいればいい 感じることが操体での一番重要なポイントになります

海 その5

波の音が母親の胎内で感じていた音と似ているそうです その音のおかけで精神が安定するとも言われています 海が荒れていれば人のこころも穏やかではないはずです 波の揺らぎが大きくならないような人生を送りたいですね

海 その4

大きな海を見に行くだけでも 何か心が洗われます 音や匂いや風がそうしてるのかもしれませんね

海 その3

日々の生活では特別なことが起こるわけではない ただ海の波のように一定なリズムを刻むことで からだの調子を整えられる

海 その2

家の近くに運河があるのでよく歩いて通る 多少、潮の匂いがする 生命が生まれた原点が海 潮の満ち引きもはっきりと感じられる 月の重力はあんなに離れた場所からも感じることができる

海 その1

今週からブログのテーマが「海」に変わります 1週間お付き合いよろしくお願い致します 海に行くとなぜか落ち着く 波の音 リズムよく波動が流れる それだけからだの調子が整えらる感覚がある

治癒 その7

最近ハッキリしましたがからだが曲がっていると性格も曲がっているようです。 そのような方は所作や振る舞いにも問題があります。 自ら治癒力を落として生活をしています。 正しいからだの使い方はどのようなものか? 操体は常にそのことを考えています。 明…

治癒 その6

治癒力を高めるにはどうすればいいか? まずは単純に愉しむことだと思います。 私は近い未来に必ず自分の愉しめるイベントを計画します。 そのイベントまでは何とか生きようと決めてます。 それを目標すると活力が湧いてきます。 もしそのイベントに欠席して…

治癒 その4

痛みを探す旅に出ると永遠に終わらないと思います。 この方向に腰を動かすと痛い。 腕をこう伸ばした時に痛む。 その旅に終わりが来るとは思えません。 それよりは痛みのない方向に動かす方がよっぽどいいと思います。 からだがそれを求めていますので。

治癒 その3

本当の意味で治癒とは何か? 痛みを取ることだけで治癒と言えるのか? その痛みが再発するような操法は正しいのか? 治ったら終わりなのか? 患者自身の普段の生活態度も含めて改める必要があると思います。

治癒 その2

痛みの根本はどこにあるのか? それを知らずに治療しても再発するかもしれません。 痛みを抑えながら我慢していくとからだがその痛みに慣れてしまい、 しまいには大病への移行します。 操体法ではまず治すことよりもからだのバランスを戻すことに注力してい…

治癒 その1

今週からブログのテーマが「治癒」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 からだの内部感覚にアプローチするのが操体法です。 外部ではなく内部に問いかけることで全体のバランスを整えます。 環境の変化により内蔵感覚が変化してしまい、…

環境 その7

私は今、非常に恵まれている環境の中で生活している。 月一回は操体の実行委員メンバーで集まりなんかかんや勉強出来ている。 仕事も協力してくれてる販売店さんが多数いる。 趣味のゴルフメンバーも最高だ。 この環境を崩さずに少しずつ変化している内容に…

環境 その6

最近、Twitterを再開した。 自分の趣味アカウントのMr.Childrenの。 このSNSの環境はファンだらけ。 同じ趣味を持つ人同士の交流がすごい! 会ったこともない人同士で盛り上がっている。 ただ単に共感することだけがどんなにありがたい環境が知ることができ…

環境 その5

天気が変わると気分が変わる。 雨が降ってどんよりしていると気分がうつ状態になる。 これって本当にあるそうで「天気うつ」というそうです。 天気が悪くても良くても同じような状態に 保ちたいというのが人間の性かもしれません。 その時は呼吸を深く吸うこ…

環境 その4

私は仕事柄、非常に出張が多くいろいろな地域を訪問します。 先日、北海道へ訪問しました。 現地は0℃。 帰ってきた東京は20℃近くありました。 寒暖差が激しいとそれなりからだには負担があるようです。 呼吸のリズムも変わってきます。 普段は意識もせずにし…

環境 その3

天気がいい日はなるべく外に出たいです。 最近は在宅勤務も当たり前になり、一日中外に出ない時も多いかと思います。 幸い私は犬を飼っているので散歩する習慣があります。 30分でも外に出て外の空気を吸うことは非常に気持ちがいいことです。 自分が気持ち…

環境 その2

以前の職場は人間関係が非常に悪かったです。 辞める間際は人生初の四十肩になってしまいました。 ストレスを多く感じるとからだは素直で本当に曲がってしまいます。 何とか生きていく上でバランスを取っているのですね。 からだが喜ぶような職場が理想です…

環境 その1

今週からブログのテーマが「環境」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 環境によって人のからだは確実に変化します。 人間関係、職場、普段の生活など。 その環境に適したからだになってしまいます。 なるべくいい環境にいることはから…

修業 その7

趣味のゴルフをしていていつも思う。 何で思い通りにスイングできないんだろう。 何でこの前は上手く出来たのに今日はできないんだろう。 しかし、ゴルフは面白くずっと続けられる。 操体もなんだかんだでずっと学び続けている。 毎回なぜ?に疑問を持ち、そ…

修業 その6

毎日操体の事ばかり考えているとずっとアンテナが張っているようです。 何か違和感がある。 これってどういうことだろう? いつも見ているものが違って見える。 生活が変わり、生き方が変わってくる。 少しの変化でも毎日継続することができる。 そんな毎日…

修業 その5

理解している知識でもそれを人に伝えるは難しい作業です。 人に教えるということは自分がそれ以上に、 理解していないといけないことだと思います。 人に上手く伝えられないことは言い回しを変えたり、 別の例に置き換えたりなどしないと相手に理解していた…

修業 その4

私事ですが先日の秋季フォーラムでアートについて発表させていただきました。 アートについて無知だった私はこのフォーラムのために、 わからないなりにいろいろと文献を読んだり、 実際に美術館や博物館などに足を運んでみました。 わからないことを一つ一…

修業 その3

「世界で一番ゴッホを描いた男」を観ました。 複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。 出稼ぎでこの街にやって来たチャオ・シャオヨンは独学で油絵を学び、 20年もの間ゴッホの複製画を描き続けていました。 チャオ・シ…

終業 その2

無知であることを重々理解しています。 世の中にはわからないことだらけです。 こと操体に関してもわからないことだらけ。 調べては実証し確認してみる。 忘れたらまた確認して繰り返す。 何度も行って咀嚼して理解する。 修業とはそういうものではないでし…

修行 その1

今週からブログのテーマが「修業」に変わります。 1週間お付き合いよろしくお願い致します。 毎日少しでも知識を得たくてトイレに本を置いておきます。 数分でも本を読む習慣があると1日数ページでも少しずつ進み読み終わります。 トイレに入ることが少し楽…

植物 その7

植物は何も言わないけど様子をみることで元気か元気でないかがわかります。 枯れ葉は植物体内の毒を外に出すために朽ちていき、 また新しい葉っぱを作るようです。 人間も体内溜まった毒素を外に排出しないと状態が悪化していきます。 循環が良ければ健康に…

植物 その6

脳内の深層にある大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)は爽やか・癒しなどを求めています。 人間落ち込んだり嫌なことがあって癒されたい!と思ったとき夜の繁華街にいくドーパミン的幸福よりもキャンプなど自然豊かな場所に身をゆだねることでストレス解消し…

植物 その5

植物を鑑賞することで2つの幸せホルモンを得られるそうです。 オキシトシン的幸福=つながり・愛 セロトニン的幸福=こころとからだの健康 ただそれを感じるだけで非常に持続性の高い幸福を得られます。 毎日観葉植物の世話などをするだけで幸福度が改善し…