東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

シーラカンス

「憶の快」というと、何故か脳裏に浮かぶのが、
 
 
 
私の場合、この映像だけでご飯3杯くらいいけます。。。 
 
シーラカンスとか、水族館には結構な割合で飼育されている、アマゾンのピラルク
 
ゆっくり、悠久の時を生きているような感じがするからでしょうか。
 
 
 
そもそも何億年もその形態が変わっていないというのがすごい。
(その億じゃないけど)
 
 
生命の記憶、という点では、あきらかに「もってるもってる」ですね。
 

f:id:tokyo_sotai:20190206222627j:plain

シーラカンスとは全く関係ない、駒場の「日本民藝館
 
 
2019年春季東京操体フォーラムは4月29日の開催です。
テーマは2018年秋に引き続き「身体芸術と操体」です。