東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

自分達の理屈ではなく。

おはようございます。

江戸時代の国学者、医師であった本居宣長は、若くして儒学を学んでいながら、後に儒学をはじめとする中国から入った思想や理論を、日本古来の「 真心 」を乱すものとして目の敵にするようになったという。
その一方で、儒家の始祖とされる孔子は尊敬していたという。

宣長孔子以外の儒家を目の敵にした理由。
その一つには、物事( 自然現象 )を代々受け継がれてきた教えによる自分達の道理によって理解し、その道理の理屈に合わないことは無視して、自分達の理論体系や思想に物事を当てはめようとする、そういったはからいの多い態度に警笛を鳴らしていたのだと思う。

操体法創始者橋本敬三先生の頃から、常に見直しと改良がされてきました。
自分達が治しているのではなく「 治すのは、からだ 」であり、からだや自然は自分達の理屈に向いているわけではないからです。
それ故、からだや自然から素直に学ぶ姿勢を大切にしています。

また、操体創始者が成してきた事をそのまま受け継ぐだけでなく、成さんとしてきた事を学ぶ学問でもあります。
ですから、改めて創始者の真意を見つめ直し、より良くしていくものなのです。

2019年春季東京操体フォーラムは4月29日の開催です。
テーマは2018年秋に引き続き「身体芸術と操体」です。

f:id:tokyo_sotai:20190402183041j:plain