東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

友松 誠(ともまつ まこと)

操体の説明・・・7

おはようございます。 東京操体フォーラム理事長である三浦寛先生が、操体創始者である橋本敬三先生の内弟子になった時に、初めに教えていただいたのが、人間を含めた生物の起因や生命現象創生にまつわる話だったと聞きます。 生命現象の生物の組成を逆に考…

操体の説明・・・6

おはようございます。 人間は、様々な要因、お陰で、有難く生かされている。そして、その上で生きている。 道元禅師の有名な言葉に「鳥の命は鳥にあらづ空にあり、魚の命は魚にあらづ水にあり」 というのがあります。 イノチあるものは、生かしてくれている…

操体の説明・・・5

おはようございます。 生き方の自然法則の中の一つである「身体運動の法則」は、確立されたものではなく研究と研鑽が重ねられるにつれ、何度も修正がされ、より良いものへと更新されてきました。 しかし、どんなに良いものとなっていったとしても感覚は無視…

操体の説明・・・4

おはようございます。 「気持ちよさをききわければいいんだ、気持ちよさで治るんだからな」 この真理は、操体法の法を治療テクニックの方法論として捉えてしまう人には、理解しがたいことだと思います。 しかし、生命現象の根底には「イノチあるものの存在は…

操体の説明・・・3

おはようございます。 操体創始者、橋本敬三先生が長年の研究と研鑽を重ねた末に辿り着いた 「気持ちよさをききわければいいんだ、気持ちよさで治るんだからな」 という真理。 この真理に対して、臨床で気持ちよさをききわけさせる為にどうすれば良いか、と…

操体の説明・・・2

おはようございます。 「イノチあるものの存在は快の方向性にむく」という大原則。 そして、イノチあるものには元々、快か不快かを識別する能力である原始感覚が備わるという事実。 この大原則と事実を無視したのでは操体にはならないし、操体法とも呼べない…

操体の説明・・・1

おはようございます。 今日から一週間、友松の担当となります。 どうぞ宜しくお願い致します。 今回のテーマは「私があなたに操体を説明したら」となります。 随分と昔に、月間医道の日本誌の「歴史に残る斯界の人々」という特集に操体の創始者、橋本敬三先…

愉しむ学びを。

おはようございます。 今回のブログ担当も、今日で最終日となります。 今回のテーマは「私の操体歴」という事で、20年位前から振り返って書いてみましたが、自分の事だけでなく、これから操体を学びたいという人にも向けても、少し書いておかなければなり…

「病気なんかねぇ」の意味を考える。

おはようございます。 操体の創始者である橋本敬三先生は、生前よく「病気なんかねぇ」と言っていたと聞きます。 この言葉を、入門当初に聞いた時は、まるで意味がわかりませんでした。 病気を治せるようになりたくて、勉強しに来ているのになんで?という感…

ビジュアルの改善・・・2

おはようございます。 昨日は、呼吸、飲食、身体運動、想念の生命活動の営みと、空間をはじめとする環境とは、同時相関相補連動性という性質を持って密接に関連し合っており、身体運動のバランスがよくなれば、他の呼吸、飲食、想念もよくなり、空間との調和…

ビジュアルの改善。

おはようございます。 私は今でこそ、身長175cm、体重62kgで、毎年の健康診断も所見なしの状態です。しかし、16年前の操体入門時は体重が100kgを超え、何かいつも気分や体調がすぐれない、いわゆるメタボ状態にありました。 昨日は、急激に…

当時の私のビジュアル。

おはようございます。 昨日、ビジュアルということを書いていて思い返されましたが、実は私、16年前の入門時は随分と太っていまして、体重も100kgを超えていました。 もともと体重が100kgあったわけではなく、その当時30歳代中盤だった私は、…

ビジュアル。

おはようございます。 今回のテーマが「私の操体歴」ということで、20年ぐらい前から振り返って書いておりますが、正式に操体を学びはじめるにあたっては、やはり直系の第一人者に学びたいと思いました。 しかし、どういった人が第一人者なのか?たにぐち…

操体法も操体から。

おはようございます。 今週は友松が担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。 今回のテーマは「私の操体歴」です。 私が操体法を知ったのは20年ぐらい前で、正式に操体から学びはじめてからは16年となります。 正式に学ぶ前は、整体院や整骨院…

日記より。

おはようございます。 毎日書いている日記も、もう10年以上続けていますから結構な量になっていました。一日に10行弱しか書いていなくとも、一日一日なにがしかの気づきがあるのがうれしいし、有難くも感じます。 日記を改めて見直してみると、平成23…

物のあはれを知る、より

おはようございます。 本居宣長によれば、中国をはじめとする外国からの思想や知識が入ってくる前の日本には、はかりごとを加えず善悪ともにありのままのさまを尊ぶ、大和民族古来の素直な態度があったという。大和民族古来の素直な態度、それは物のあはれを…

自分達の理屈ではなく。

おはようございます。 江戸時代の国学者、医師であった本居宣長は、若くして儒学を学んでいながら、後に儒学をはじめとする中国から入った思想や理論を、日本古来の「 真心 」を乱すものとして目の敵にするようになったという。その一方で、儒家の始祖とされ…

見直して再生へ。

おはようございます。 昨日紹介した橋本敬三先生の「 二宮尊徳は字に書いてない天地の書を読めと教えられたそうだが、これこそ本当の学問であろう 」という文章。 これは、なかなか難解ですが、一つには学問という知識体系になっていないものにこそ、本当に…

見直しから観直しへ。

おはようございます。 今回のテーマは「 改めて見直してみる 」ですが、私は以前から何か文章を書く時、通常は「 見る 」と書くところを「 観る 」と書きたくなる衝動に駆られることがありました。 通常、「 見る 」は物の形や色を目で感じる、判断するの意…

改元より…2

おはようございます。 来月から元号が変わりますが、新しい元号の選定にあたっては、色々と苦労もあったと思います。 それはいつの時代でもと思いますが、明治という元号はくじ引きで決めたというエピソードが残っているようです。 この時代の元号の選定を任…

改元より。

おはようございます。 今週は友松が担当いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。 今回のテーマは「 改めて見直してみる 」です。 「 改めて 」という語から、すぐに連想されたのが改元ということでした。 来月からは元号が、「 平成 」から「 令和 」に…

憶の快を想う。

おはようございます。 昨日、第3分析(D3)、渦状波®について少し書きましたが、実際に臨床で被験者(患者)の方の皮膚に接触し、そこから感じとれるものからは、メカニズム的に言い表せるものではなく、生命そのものの生といった印象を受けます。 そして…

からだがききわけてくる快。

おはようございます。 これまで、操体臨床の第1分析(D1)、第2分析(D2)について書いてきましたが、どちらも、被験者本人(患者)の意識関与が多分に関わっています。 しかし、第3分析以降では、被験者本人の意識関与は遠ざけ、治しをつけてくるか…

からだに快の質をききわける。

おはようございます。 一つ一つの動きから、からだに、気持ちよさをききわける第2分析(D2)において、大事なのは快感度の質をからだにききわけるということです。 操体の病に対する捉え方は、 からだが本来のバランスを保てず、不快な動きの方向に歪むと…

まずは楽との袂別から-2

おはようございます。 操体法も初期の頃は、正體術をヒントに客観的に骨格、関節の構造を診て、運動系の歪みを修正する方法がとられてきた。 この、客観的に診るとは、本来は凄く熟練を要する事なのです。 二者択一的に対なる動きを選択し、楽か辛いかの運動…

まずは楽との袂別から。

おはようございます。 東京操体フォーラム実行委員ブログ、今週は友松の担当となります。 一週間どうぞよろしくお願いいたします。 今回のテーマは「憶の快」となります。 憶の快。この憶の快という言葉は、まだ操体関連の書籍にも載ってない新しい言葉です…

「常識を疑う目」より・・・良識から。

こんにちは。 今回のブログ担当も、今日で最終日となりました。 陽が暮れるのが早いせいか、一週間が過ぎるのも、凄く早く感じる今日この頃です。 ふと、遠くから石焼き芋の移動販売車の声が聞こえてきました。 「 石や~きぃ~もぉ~ 早く来ないと行っちゃ…

「常識を疑う目」より・・・自明だけでなく。

おはようございます。 ふと、頭に浮かんだメロディー。 ♪ いつだってわすれない エジソンはえらい人 そんなの常識 タッタタラリラ~ ♪ 歌手:B.B.クイーンズ 作詞:さくらももこ 作曲:織田哲郎 おどるポンポコリン アーティスト: B.B.クィーンズ,さくら…

「常識を疑う目」より・・・どう見える?

おはようございます。 一般的に、目で見るという行為は、メカニズム的にカメラのような仕組みとその情報が脳に伝達されて見ている、という説明がなされる。 しかし、生体はカメラと違う。例えば、アモーダル補完というのがあるが、これは対象物の一部がレン…

「常識を疑う目」より・・・救いの生命観を持つ。

おはようございます。 昨日ブログを書いていて、書き進むまま文中に「目から鱗が落ちる」と自分で書いていましたが、なにかこの言葉が離れなくなっていました。 目から鱗が落ちるとは、何かがきっかけとなり、急に視野が開けて、物事の実態が理解できるよう…