東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

友松 誠(ともまつ まこと)

アートについて・・・7

おはようございます。 アートの歴史を辿れば、旧石器時代の洞窟壁画が描かれた頃まで遡ると思われる。 洞窟壁画で興味深いところは、洞窟の住人は入ってすぐの日当たりが良く広々とした空間で普段は生活しており、壁画を描く場所はそれよりも奥まった日の当…

アートについて・・・6

おはようございます。 アートに関してのテレビ番組をたまに見るが、何でこれがアートなのだろうかと思う事がある。 実際に現物に目で触れてみると、何かまた違ったものになるのだろうが…。 現代アートと呼ばれるものには、そうしたものが多い。 現代アートの…

アートについて・・・5

おはようございます。 近所の農家の庭の柿の木が、今年も橙色の実をほんわかと色づかせてきました。 そろそろ食べ頃かもしれない。 柿の木は病気しやすく、手入れが大切だという。 剪定も柿の木の特性と樹全体のバランスを考慮し、日の光が樹冠の内部や幹の…

アートについて・・・4

おはようございます。 今回のテーマは「アートについて」ということで書いているが、このテーマを確認した時に思い浮かんだのが、ジャン・フランソワ・ミレーの「落穂拾い」という絵画だった。 この「落穂拾い」の絵に関しては、中学校の美術の教科書に写真…

アートについて・・・3

おはようございます。 操体の創始者である橋本敬三先生は医師であり、サイエンスとしての医学的知識は勿論もっていた。 しかし、操体と現代医学では哲学が違う。 操体は治療医学ではなく健康医学であり、○○病を治すという考え方ではなく、この生体は元々病気…

アートについて・・・2

おはようございます。 絵画の世界で、フィンセント・ファン・ゴッホは印象派を代表する画家として名高い。 そのゴッホも、世間から評価されるようになったのは没後だという。 生前のゴッホは、キャンバスに描く絵具にさえ事欠くような暮らしぶりだったという…

アートについて・・・1

おはようございます。 実行委員リレーブログ、今週は友松の担当となります。 今回のテーマは「アートについて」ということでリレーしています。 アートというと、芸術という概念よりも革新性とか自由さとか、ジャンルの拡がりを感じる。 その自由さやジャン…

ひだり・・・7

おはようございます。 私の住む地方は車社会の為、毎日運転する機会がある。 最近感じているのは、車を運転する時も、左から空間認識をした方が視野も広がり、危険予知能力も高まるように感じる。 そして、それが気持ちにも余裕を持たせ、空間をたのしみなが…

ひだり・・・6

おはようございます。 よく買い物をしていた近くのコンビニが、場所を移して新装開店したというので行ってみた。 成程、以前の店舗と比べて駐車場も随分と広くなっている。 地方は車社会の為、左にハンドルをきって、そのまま店の前に駐車できるというのは強…

ひだり・・・5

おはようございます。 そろそろお盆です。 御先祖様を迎え入れる準備に忙しくしている人も多いと思います。 お盆飾りで欠かせないのが、まこ縄です。この縄は正月によく見かけるしめ縄と同じように左綯いとなっているようです。 綯い(ない)とは、複数の糸…

ひだり・・・4

おはようございます。 右と左の漢字、由来を探ればどちらにも神を尋ねる意味合いがあるように、古の時代には神を畏敬しつつ、身近に感じていた文化があったと思う。 今、神とか人智を超えたモノを語れば、訝しがられたり何か怪しいと思われると思う。 そうし…

ひだり・・・3

おはようございます。 右と左の漢字は、どちらも手に由来し、それぞれ役割は違うが、どちらも神を尋ねる意味合いがあるという。 姿を隠している神に対し、右手に祈りの文を入れた器を持ち、左手にはおまじないの道具を持ち、呼び寄せたり、いるところを尋ね…

ひだり・・・2

おはようございます。 左と右。 左という字には工が入り、右という字には口が入る。 違いはそれだけではなく、工と口の上の横線とはらいの長さも本来は違う。 そして、書き順も違う。 左にあるのは、ナ(サ)であり、短めの横線を書いてから、長めのはらいを…

ひだり・・・1

おはようございます。 実行委員リレーブログ、今週は友松が担当いたします。 今回のテーマは「ひだり」ということでリレーしています。 「ひだり」と聞いて、ふと漢字の「左」はなぜ「工」がはいるのか?と今更ながら思ってしまった。 「工」の意味合いは、…

あなたに操体・操体法をお薦めする理由 7

おはようございます。 操体、それは生命現象のより根底まで突き詰めているから、全ての人にお薦めできるのです。 操体には禁忌というものがないのです。 これはエクササイズや他の療法と、根本的に異なるところです。 エクササイズは、ある程度の間に合った…

あなたに操体・操体法をお薦めする理由 6

おはようございます。 からだの動きは、普段、意識にのぼらなくとも、私たちの生命活動を支えてくれている。 誰にでも、有難く生かされているという根底や背景があるという事であり、それを大切にしたい。 身体運動にしても、からだの動きという有難い根底の…

あなたに操体・操体法をお薦めする理由 5

おはようございます。 私たちが生存していくためには、必要不可欠なからだ。 からだは、感じてうごき、うごきは細胞一つ一つ、組織一つ一つの動きとなり、調和した全体的な動きとなる。 この動きは、普段、意識にのぼらなくとも、私たちの生命活動を支えてい…

あなたに操体・操体法をお薦めする理由 4

おはようございます。 臨床で診させていただく人の中には、スポーツ障害で悩んでいる人もいます。 そのような人たち、特に中学生、高校生といった若い世代の人を診ていると、つくづく操体の必要性を感じるのです。 操体は身体運動を、機能解剖をはじめとした…

あなたに操体・操体法をお薦めする理由 2

おはようございます。 どんな世界でも、はじめから器用に何でも出来てしまう人と、そうでない人はいます。 思うように上手くいかない人からすれば、器用な人は羨ましい。 しかし、思うように上手くいかないから、それだけ伸びしろがあるとも言えるのではない…

あなたに操体・操体法をお薦めする理由 1

おはようございます。 今週は友松が担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。 今回のテーマは「あなたに操体・操体法をお薦めする理由」となります。 手技療法の名人、達人と呼ばれる人も、他人様を治せても自分自身は治す事ができない、とはよく言…

私のセルフケア・・・7

おはようございます。 最近は、スーパーに行ってもセルフレジのところが増えました。 そういえば、20年ぐらい前にセルフ式ガソリンスタンドが出てきた時も驚きでした。 それまでは危険物取扱者の資格を持っている人でなければ、給油してはいけないような認…

私のセルフケア・・・6

おはようございます。 「朝きげんよくしろ」 以前、よく通っていた町中華の店の壁に貼ってあった「親父の小言」という処世訓の、始めに書いてあった文言である。 町中華はメニューが壁に貼ってある為、油と煤に塗れたその処世訓も自然と目に入る。 確か「親…

私のセルフケア・・・5

おはようございます。 朝の時間を大切にする。 忙しない中に自分を埋没させる事なく、生まれ変わった自分自身を感じてみる。 想念さえも、昨日の夜に想っていた事と違う想いが生じている事が多々ある。 まるで「こういう考え方もあるけど、どう?」と、から…

私のセルフケア・・・4

おはようございます。 日々の生活の中に、操体で長年研究されてきた身体の使い方、動かし方を取り入れていく。 どう取り入れていくかは、自分次第。 朝、眠りから覚めて、そこから起き上がる動作一つとっても、身体の使い方、動かし方の学びを生かし、からだ…

私のセルフケア・・・3

おはようございます。 自らの動きの感覚を、からだにききわけていく。 どんな人でも実行できるし、どんな人でもセルフケアにつなげられる。 とはいっても、具体的にどうするのか教えてくれなければ、その奥のことができないだろう。そんな声が聞こえてきそう…

私のセルフケア・・・2

おはようございます。 腰痛に効く動きはありますか? ○○病を治すには、どんな動きをすればいいですか? 橋本敬三先生の現役時代から現在まで、こういう質問は多いと思います。 ですが、操体には特定の症状、疾患に対する動きというのは無いのです。 仮にそう…

私のセルフケア・・・1

おはようございます。 実行委員ブログ、今日からは友松が担当いたします。 どうぞ宜しくお願いいたします。 今回のテーマは「私のセルフケア」となります。 セルフケアと聞いて、思い浮かんだのが「自力自療」という言葉でした。 操体は、動診をはじめ自力自…

私のズッコケ操体クロニコル7

おはようございます。 一部が分かったところで、勝手に全部をわかったとしてしまう早とちり。 誰でもそういうところはあるものだし、それでズッコケても自分の間違いに気付けるのだから、まだいいと思う。 しかし、自分の思い込みが強すぎて、固定観念で凝り…

私のズッコケ操体クロニコル6

おはようございます。 今回のテーマは「私のズッコケ操体クロニコル」ですが、ズッコケと聞いてからブログの執筆にあたっていると、子供の頃によく口ずさんだオバケのQ太郎のテーマ曲が、度々浮かんくる。 ♪あのねQ太郎はネ~、から始まるこの曲の2番目の…

私のズッコケ操体クロニコル5

おはようございます。 先日行われた秋季東京操体フォーラムでは、橋本敬三先生の現役時代のビデオの後に、三浦寛先生の20年以上前のビデオも上映されていました。 その中の「操体臨床の要妙」のビデオの一部を見ていて、思い返されたことがある。 操体臨床…