東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

半蔵(はんぞう)

わからないから、やる

丁寧に生きようとすると、我々は過去の誰かが創った言葉や概念を使って、日々多くの物事を処理していることが分かる。 でも、本当に生きる(少なくとも、人生の重大な決断をする)時は、自分の内から湧いて来る感覚やことばに依拠するはずである。 人生は、…

入門

念願の操体法を学べる喜びで、講習会に参加することが嬉しかった。 当時、三浦先生は、第2分析から第3分析へ飛躍しようとされている時期だった。 とにかく、三浦先生は止まらない。 「やっていれば、変化するのがあたりまえだろう。」これが先生の口癖であ…

「生体の歪みを正す」

「召命」という言葉がある。 私は、この本に呼び出された。 当時、私が住んでいた所の最寄り駅のそばにある本屋の家庭の医学の棚に置かれていた一冊から、私は声を掛けられた。 「オイ君、そこの君!」それは、声ではなかったかもしれない。かなりの距離があ…

鍼灸学校

理学療法士として勤務しながら、夜学で鍼灸学校に通った。 そこには、18才~60才の老若男女達が居て、毎夜が異文化交流会でとても楽しかった。人生で一番面白く充実した学生時代だった。講師陣も個性が強く、今では望んでも得られない懐の深さと多様性が…

出逢い

理学療法学科に入学し、勉強を始めると、色々と疑問が浮んで来た。 2年生の時の夏に、評価実習というものがあり、実習先の病院で最初の「操体法」との出逢いがあった。 実習生の私を担当して下さったスーパーバイザーのU先生の粋な計らいで、リハドクターD…

前夜

文系の大学に進学した私は、趣味で東洋医学、民間療法、ボディーワーク、身体論などの本を読んでいた。 やがて、それが高じて、こちらの方を本業にした方が自分には合っているのではないかと思う様になった。 さて、これから医学を勉強するにはどうしたら良…

プロローグ

悩み多き少年時代だった。 兼業農家に育った私は、将来、農業の方は時勢により継いでいけないと思い、それに代わる何かをボンヤリと模索していた。 そんな中で、徐々に東洋医学に惹かれていった。 東洋には、天文・地理・土木・農業・医学・占術・・・それら…

今、幸せかい?

NHKのニュース番組に、山田洋次監督が出演していた。令和になって改めて、寅さんの「今、幸せかい?」というメッセージを伝えるために。 しあわせはいつも自分の心が決める (相田 みつを) 自分の軸を持っていますか?

タモリ

「笑っていいとも」を30余年続けた事は、すごい。 「ブラタモリ」も、味わい深い。 ビートたけし による「タモリは、白飯の様な芸人」という評が全てを語っている。 希有である。

Ichiro

やっぱり、Ichiroは、すごい。 大好きな野球に徹したのが、すごい。チームプレーの中で、十分に自分を表現できたのが、すごい。引退してからも、求道者であり続けるのが、すごい。 政治に近づかなかったのが、偉い!

ジャンクからトレジャーへ

かつてDNAの98%はゴミだと言われていたという。それが、ここ10年くらいの研究成果により、その中にたくさんの宝物が発見される様になった。 遺伝子の中の70個余りは、受精卵の時点で突然変異を起こし、親に無い形質を発現するのだという。 エラーがあ…

習合

これからは観光だけでなく、もっと日本の国は開かれて行かなければならないだろう。 どんどん外国の人や文物が入って来る。どの様に受け入れるのか? 古くは、神仏習合がその代表であり、以後文化の底流となっている。やはり、日本人は、日本的なものの裏付…

グローカル

かつて、SONYの盛田昭夫さんは、グローバル・ローカリゼーションという考え方を提唱された。 自国の文化があってこその世界の一員、という認識である。グローバル・スタンダードとは対極をなすものである。 私が若い頃、信頼できると思う大人は、「何か一つ…

令和

平成が終わった。 私は、平成は昭和の締め括りの時代だと思っている。 映画『三丁目の夕日』に描かれた様な、戦後復興から高度経済成長時代に形造られた様式やロールモデルが消え去って行った。 これから、多くの若い芽が現われ、大きく伸びて行くだろう。 …

「憶の快」七日目

2019年春季東京操体フォーラム は4月29日の開催です。テーマは2018年秋に引き続き「身体芸術と操体」です

「憶の快」六日目

脳に入力される情報は膨大なものである。それを全て取り上げて処理していては、生きて行けないだろう。 意識で掬い上げて、その一部だけが脳裏に残る。でも本当は全ての情報は記憶されている。無意識の中にストックされているはずだ。 見た(look)と思って…

「憶の快」五日目

「人間は、眠っている状態が本当の姿ではないか」という考え方がある。 橋本敬三の言葉を引用して表現するならば、運動系が休止して、植物系を主体として活動している状態、と言えるだろう。 まさに、生きる事に徹している姿である。 よけいな雑念や欲が無い…

「憶の快」四日目

矛盾・抵抗・障害・・・・・これらは、自己を発見し確認させてくれる。 何の問題もなくスルーしてしまうと、そこに創造はない。 一方で、争いの無い平穏な場がないと、練り上げたり深めたりする事が出来ない。 緊張と解放 そのバランス 対極にある性質をも包…

「憶の快」三日目

人生は、トレード・オフだ。という合理的・実存的な考え方がある。 しかし、選択しなかった方に対しても、十分な吟味と配慮があってこそ、今の生が生きてくるのではないか? いやむしろ、それらに支えられて生きているのではないだろうか? 2019年春季東京操…

「憶の快」二日目

まるで前世からの記憶の糸を手繰り寄せるかの様に巡り逢う人。 至近距離にいてニアミスしそうなのに、擦れ違っても気付かない人。 御縁とは、その人の中に生まれる前からセットされた快・不快のお導きによるものではないか? 2019年春季フォーラム « 東京操…

「憶の快」一日目

娑婆に対して、安全に守られていて何ひとつ不自由の無い状態とは、子宮内であろうか? これを仮に胎内感覚と呼ぶとすれば、これが「憶の快」を表現するのに最も近い言葉であろう。 誰もが懐かしく、安らかな安息の空間である。究極のノスタルジーは、ここに…

7日目

我々は、混迷の中を生きている。 今一度、橋本敬三の言葉に耳を傾けるべきではなかろうか? 「世の中には、ものごとの道理のわかった立派な先生方がたくさん居られるが、多くは世に隠れている。その方々と手を取り合って良い方向へ進んで行くべきではないだ…

6日目

『からだの設計にミスはない』 と橋本敬三は言った。 世界には様々の民族が居て、それらに属する様々の歩き方がある。 歩きは本来、生得的なものであって、生まれた環境によって(恐らく、近くに居る大人の姿かっこうを見て真似て)勝手に身に着けたものであ…

5日目

官に対して民 公に対して私 これらが有機的に絡み合って働く事によって、社会は円滑に動いているのだと思う。 公的医療と民間医療 前者は、国費を使うのだから、一つの基準を示さなければならない。その分融通がきかなくなる。 個々人の多様なニーズに答える…

4日目

現代は、色々な意味で雁字搦めの時代である。(どんな時代でも、現代人はそう感じていたに違いないが) 私は、しばしば次のフレーズを引用する。 「我々の時代は、もう既にモーツァルトの時と同じ様にはいかない。しかし、彼と同じくらい純粋に作曲する事は…

3日目

今は昔、 野口 晴哉 野口 三千三 増永 静人 そして 橋本敬三 皆、冷暖自知の人だった。 あの時代の情熱は、どこへ行ってしまったのだろう。

2日目

生死の問題は、個々人にとって切実なテーマである。 しかし、よほどの人でないかぎり、人生の伏流になってしまうのがほとんどである。 若者にとって「終活」など想像の先の他人事である。 「無常迅速 生死大事」と、ブッダは言い遺した。 時はたちまち過ぎ去…

1日目

なんでだろう~♪なんでだろう~♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 少し前の漫才コンビの歌詩である。 子供の頃、誰もが自分の生きる世界の様々な事象について疑問を持ち、そう問い掛けたはずである。 それを止めることが大人(社会人)になることだ。 そう…

七日目

やはり、日本の未来のためには、若者を大事にする事だと思います。 私の尊敬する方々は、言葉や表現は多少違いますが、 「人間なんて、そんなに大差はない。要は、自分の好きな事を見つけて、それに打ち込めるかどうかだ。継続できる事が才能です。」 という…

六日目

日本文化の特性は、重層的であることだ、と言われます。 異質なものを否定せず、無毒化して吸収したり共存する技術を持ち合わせています。 「習合」という類比の方法 「ものまね」という、そのものズバリの真似ではなく、そのものの本質だけを真似て表面は適…