東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

免疫力と寛容力

自分のからだや自分の都合ばかりを考えているだけでは間に合わず、自分以外の他者という存在について、もう少し改まって考えざるをえない状況にちょうど対峙していたタイミングで、今年の春季東京操体フォーラムは開催された(zoomによる開催)。 その際に、…

点検してみて感じたこと

おはようございます。瀧澤さん、一週間の投稿、ありがとうございました。本日から寺本がバトンを引き継いでまいります。テーマは引き続き「この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法」です。宜しくお願い致します。 ここ数か月間、これまでリアルタイムで経験…

ここから これから⑦

今回のブログも今日で最終日を迎える。前回のブログを振り返りつつだったので、続きを書いているような気分だった。当初、不安を感じたり、悩んだ時期もあったけれど、結果的には色々と変わるきっかけになったと思っている。色んな自分がいてもいいし、色ん…

ここから これから⑥

月が出ている夜に外に出てみると、ほとんど街灯のない家の前も、月の光で思いのほか明るい。お陰で山に続く坂道も仄白く浮かび上がり、目が慣れてくるとさらに奥にある木々の輪郭も見えてくる。足下から立ち上がってくる青々とした草の匂い、近くをチョロチ…

ここから これから⑤

今回の豪雨災害のニュースを見る度に、被害に遭われた方々の悲しみや辛さ、無念さを思うといたたまれないきもちになる。ここ何年か毎年各地で水害が起こり、被害状況も厳しくなってきているように感じる。僕の住んでいる久慈市も、ここ数年で2度、台風による…

ここから これから④

前回のブログの中で、職場まで歩くようになった話を書いた。さしたる目的があったわけではないけれど、外に出たくなるような陽気に後押しされて、職場までの道のりをいろいろ感じながら愉しんでいた。あれからしばらく続いていたけれど、朝の生活リズムが変…

ここから これから③

朝一番に各部屋のカーテンと窓を開けてまわる。そこに停滞していた空気が流れ出す瞬間を肌で感じる。風通しがいいっていうのはきもちがいい。不安を感じていた3月、4月は、からだの中は何かが詰まったように、固まったように、重くなったように感じることが…

ここから これから②

そのとき強烈に感じたことでも、日が経つにつれて、頭の中の記憶は否が応でもどんどん薄れていってしまう。1週間前の記憶だってもうすでに怪しい。あのときどんなことを感じていたんだっけ?こんなときだからこそ、そんな生の感触をとっておきたくて、最近は…

ここから これから①

香さん一週間の投稿ありがとうございます。今週は瀧澤が引き継ぎます。テーマは引き続き「この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法」です。よろしくお願いします。前回ブログを書いたのは、4月も半ばが過ぎた頃で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が、…

変化の観察

自分の感情を観察することで、どんな変動が起きているのかを自分で把握していく努力をしたいと思っています。自分を客観的、俯瞰的にみることで、からだや心の状態を多角的に見ることができたら、そこには余裕がうまれるのではないだろうか?と思います。こ…

思考と持ち物

部屋や自分の持っているものを整理すると、自分の思考の整理にもつながると感じています。迷いや悩みを直接的に考えていなくても、解決のヒントにむすびついた経験から、時々自分の身の回りのものを整理することを大切にするようになりました。 普段の自分の…

変動を楽しむ

1日の中で体重は変動していますが、体重の変動と入浴についても観察すると面白いです。 入浴とは、シャワーだけでなく、湯船につかるという意味です。 私の実体験では入浴した日とシャワーだけの日では、入浴前と入浴後の体重には200g〜500gの差があります。…

日々の習慣

免疫力アップや健康に睡眠は密接です。 睡眠が大切とは誰もが知っていると思いますが、私は基礎体温をとおして、毎回ハッとします。 毎日の体温をグラフにすると忠実に自分の生活を反映していると気づかされます。 基礎体温は睡眠だけではなく、様々な関与が…

苦痛と感覚

病気や怪我をすると健康のありがたみを実感します。 普段当たり前にしていることが何もできません。 トイレに行くことができないどころか、寝返りをすることもできません。 酸素マスクをつけていれば、マスクからの酸素を吸うことに慣れるまでにも苦痛がとも…

学びが活きる

新型コロナウィルス感染症により、日常生活に大きな変化がおきています。 今まで当たり前だった日常が非日常になっています。 人と直接会う、接することに制限があるのが当たり前になりました。 このような環境になり、操体法のなかで説いている自力自療(診…

温泉

今日から7日間、香が担当します。よろしくお願いいたします。 今回のテーマは「この時代の暮らし方 私の免疫力アップ法」ということですが、 免疫力アップと考えた時に浮かんだのは温泉でした。 私は幼少期、温泉地の近くで育ちました。 共同浴場といって、…

衛生動物による感染被害

衛生動物とはヒトの回りにいる有害、不衛生な小動物のことで、言葉の上では逆説的な意味で捉えるかも知れないが、それらは病害を及ぼす恐れがあり、適切な距離や対処の仕方を学ぶ必要がある。 具体的には日本脳炎のウイルスを運ぶ蚊、出血熱のウイルスを撒き…

寄生虫感染症から身を守る

地球上には多種多様な動物が生存している。 そういった動物の生命活動のほとんどが食糧や酸素を得ることと種族保存のための生殖活動である。 しかし、その生存活動は過酷であり、それぞれが生存に有利な場所を選んで暮らしている。 そんな中で寄生虫という生…

真菌感染症を防ぐ暮らし方

我々の身の回りにあるものはバスルームやキッチンのような水回りの高温多湿の状況下では、真菌の一種であるカビが発生する。 食物にもカビが生えるし、同じく真菌の一種である酵母菌によって発酵するかも知れない。 当然、ヒトのからだも真菌に感染していろ…

ウイルス感染と免疫力

昨日は細菌感染に特定した内容だったので、今日はウイルス感染について述べてみる。 ウイルスはゲノム核酸とタンパク質等から成る20~300nmほどの大きさの粒子である。 宿主の生体細胞内でゲノム核酸を複製し、必要なタンパク質を合成して粒子を再生産する…

細菌感染と免疫力

感染に対する免疫力が強い弱いというのはどのように違うのだろうか? まず 「感染」 の意味は、細菌やウイルス等の微生物がヒトなどの宿主に侵入することであり、その微生物が定着して増殖することで引き起こされる疾患を 「感染症」 と言っている。 しかし…

感染症と日常生活

昨日は感染症についてコメントしたが、その感染症を警戒するあまり、ヒトにとってバイ菌やウイルスが毒だ、というので過剰にそれらを殺すことばかり考えるようになってしまった。 そうすると、抗菌・除菌・殺菌ということに専念して力を注ぐことになる。 し…

感染症

今回のリレーブログのテーマは 「この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法」 21世紀に生きる我々が健康に生活する上で 「感染症」 というものが重要な課題に挙がることに異議を唱える者はおそらくいないであろう。 感染症は人類の歴史において常に脅威の連…

空と輪に想いを重ねて⑦

(続き) もう一度「正常性バイアス」について説明します。 「バイアス」とは、認知心理学や社会心理学の分野で使われる言葉なので、 日常使用される言葉で言い換えるなら、「傾向」とか「先入観」です。 社会生活を営む上での正常性バイアスは、どのような…

空の輪に想いを重ねて⑥

(続き) 「マスクをして入店をお願いします」と書いておく入店制限。 公共性の高い場所でも行えるように、首長のお墨付きを出す。 全国初として神奈川県大和市で条例化して疑問視されている。 「大和市思いやりマスク着用条例、推奨」 これに関しては、罰則…

空の輪に想いを重ねて⑤

(続き) 人種や身体的特徴を理由に入店を拒否すれば、差別や人権侵害 に相当するけれども、事業の特殊性を維持するために、ドレス コードで入店の可否を決めるのは、事業者の自由となっている。 ただ、高い公平性の求められる金融機関とか、許可制の事業者 …

空の輪に想いを重ねて④

(続き) 「マスクも付けないで近寄るなって言ってんだよ!この野郎」 この男性は、とっさにスマートホンを取り出し撮影を始めた。 すると、恫喝した男性はそそくさと立ち去ったという。 危機管理に過敏になれば、同調圧力は生じてくる。 それは、とても不寛…

空の輪に想いを重ねて③

(続き) 散歩中のある時、あえてマスクを外し、感覚の変化を感じていた。 随分離れた場所で犬の散歩をしている方が、私を見つけて大きく 迂回して道を変えていった。 マスクは感染症対策に有効ではあっても、着用するかしないかは、 個人の自由であり矯正さ…

空と輪のあいだに想いを重ねて②

(続き) 右もマスク、左もマスク。 緊急事態宣言が発令中であった時に、自粛警察やマスク警察という、 過剰な正義を振りかざす人も出没するようになった。 「うごき」において、ニュートラル。 生活の感情においてもニュートラルでありたい。 ただ、新コロ…

空の輪に想いを重ねて①

お早うございます。 今日から一週間担当する岡村です。 テーマは、この時代の暮らし方・私の免疫力アップ法で参ります。 どうぞよろしくお願いします。 さて、世の中には原因と結果がありますね。 結果が生まれる背景は、いくつもの原因を考えられるものです…