東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

三浦 寛幸(みうら ひろゆき)

「操体を説明する7 ~有難さを知る学問~」

「生かされている」ことの有難さを知る学問だということです。 私は10年以上の期間操体の学びと向き合ってきましたが、その学びの中で掴んできたことは何も特別な知識とかではなく、呼吸にしても、食にしても、それまで当たり前としてきたことへの気付きが…

「操体を説明する6 ~想の重要性~」

昨日までは操体における「感覚と動き」の大切さを書いてきましたが、操体を説明する中でこの2つと同じ位大切なのが「想念」になります。 この操体における想念を理解することが出来なければ、これまでに挙げてきた「感覚と動き」をはじめとした操体の世界観…

「操体を説明する5 ~なぜきもちよさなのか?~」

昨日の続きになりますが、当時、橋本敬三先生の臨床は「辛い方から楽な方」に動かすという分析法(第一分析)で患者を診ていました。 この分析法はからだの構造を左右対称に整えることを目的としています。 歪みを改善し、からだを左右均等にすることで、結…

「操体を説明する4 ~なぜ動かして診るのか?~」

一般的に操体の臨床の一つの特徴として「動かしてみる」という「動診」という診断法が認知されていますが、橋本敬三先生はなぜこういったことに着目し、診断と治療に活かしたのかを知ることが操体を説明することにおいて重要なことです。 以前のブログでも書…

「操体を説明する3 ~一生愉しめる学問」

先日のブログでは操体は「健康医学を超えたもの」と書きましたが、また別の側面から操体を見ていくと「人生学」にも通じているように感じています。 学びの月日を重ねていく中で不思議なことに様々な分野で活躍されている方達とのご縁がありましたが、そのご…

「操体を説明する1 ~からだでキャッチするもの~」

三浦先生、一週間ありがとうございました。 今週から三浦寛幸が担当致します。よろしくお願い致します。 今回のブログのテーマは「私があなたに操体を説明したら」です。 近頃は操体を全く知らない人と接する機会が多くなりました。 患者の周囲の人達、自分…

「私の操体史 ~同志達との出会い~」

毎日同じことのサイクルを嫌い「日々冒険をするような人生」にしたいという願望を昔から持っていました。 社会人になってからは色々な人達と出会い、刺激を受けながら成長していけるような職場を求め販売の仕事をしてきましたが、そんな私だからこそ操体の学…

「私の操体史 ~感覚との信頼関係~」

大きな決意と覚悟を持ち、操体の学びの門を叩いたものの、いったい何から身につければ良いのかわからず自分の学びの方向性を手探りで探す日々が続いていました。 そんな私に師はまず ・からだの歪みを正していくこと ・身の周りの人や物に意識を行き届かせる…

「私の操体史 ~父、そして師との信頼関係~」

「自分のやりたいことをしなさい」という父の言葉から私は感じるがままに自分のやりたいことをしてきました。 自分の尊敬していた人達に囲まれながら好きなものを売る仕事に身を置き、それなりに自分の生き方に満足する生活の中で心の奥底では自分のやってい…

「私の操体史 ~子供の頃から出会っていた操体~」

三浦先生、一週間ありがとうございました。 今週から一週間三浦寛幸が担当致します。 よろしくお願い致します。 テーマは引き続き「私の操体歴」になりますが、私と操体との出会いは他の実行委員の方達とは少し異なっているように思います。 師でもあり私の…

「改めて見直してみる ~その7~」

一週間自身が見直していることについて好きに書いてきましたが、改めて思うことは「現在も昔も繋がっている」という意識で現在を生きていくことが大切だと感じました。 常に前を見てやっていることを突っ走るのも良いですが、時に後ろを振り返り自分が歩んで…

「改めて見直してみる ~その6~」

恐らく私自身の一生涯のテーマになることだと思いますが、橋本敬三先生が言われている「治すことまで関与するな」という言葉について常に考えさせられます。 改めて見直してみると毎年この言葉の捉え方は少しずつ変化してきていますが、その変化の中で私自身…

「改めて見直してみる ~その5~」

改めて自分が記載してきたメモや日誌、または人から受け取った手紙等を読み直してみると現在の自分に必要な言葉があったりします。 写真や動画に残すことも大切なことですが、書き残したものは映像と比べるとヒビキ方が何故か違うのはなぜでしょうか? 橋本…

改めて見直してみる ~その4~」

散歩をしている時や自転車に乗っている時等にふと誰かの言った言葉を思い出すことがあります。 それはまるで空から言葉が降ってきたかのように突然脳裏に蘇り、その言葉は何を伝えたかったのかを考えてみるとその時わからなかったことや見えなかったものが見…

「改めて見直してみる ~その3」

先日家の掃除をしていると、父や母、昔の友人から渡された手紙が出てきました。 不思議なことに当時読んで感じたことと現在読んで感じることは全く受け取るものが変わってくるのです。 あの時、両親が私に伝えたかったことが当時理解出来なかったことが現在…

「改めて見直してみる ~その2~」

昨日私がフォーラムでのテーマについて少し触れましたが、その一つとしているのが「自然法則とは一体何なのか?」を追求していくことです。 橋本敬三先生も著書でこの壮大なテーマについては記載していますが、改めて見直してみると、当時橋本敬三先生が見据…

「憶の快を考える ~その7~」

本日で最終日になります。 一週間自分の受け止めている「憶の快」について好きに書いてきましたが、これは確かな定義もなければ、しっかりと確立されたものではないものなので、各人の感覚的に受け取ればよいものだと思います。 私自身の憶の快の対するイメ…

「憶の快を考える ~その6~」

本日は臨床における「憶の快」に話を戻し、思っていることを書いていきたいと思います。 臨床の中で被験者と共にきもちのよさを味わっていると、色が見えてきたり時に過去の記憶が蘇ることがあります。 それは自分が患者として操体の臨床を受けている時も感…

「憶の快を考える ~その5~」

最近友人の赤ちゃんを抱く機会が多いのですが、なぜ赤ちゃんは泣くのかと考えます。 大抵、私が抱くと泣かれ母親に変わってもらうことがほとんどなのですが、私とお母さんの違いについて真剣に考えていました。 顔を隠して抱っこしてみたり、服の色を変えて…

「憶の快を考える ~その4~」

最近は以前に比べ、自分の時間が取れるようになったので、毎日決まった時間に決まった場所で自分の好きなことを学ぶことが出来ています。 そのルーティーンの中で時にいつもと同じような環境が確保出来ないこともあります。 そういった時に感じるからだの感…

「憶の快を考える ~その3~」

本日書く事は私の感覚的な世界の話になりますが、最近の私は臨床の中で「記憶」を感じ取ることを一つのテーマにしています。 記憶と言っても様々で「心の記憶」もあれば、「からだの記憶」もあり、もっと辿っていくとその人の身の回りの空間や物等にも記憶が…

「憶の快を考える ~その2~」

いつも臨床に臨む前に考えていることがあります。 「いかに患者自身に考えさせないか、思考を消していくか」ということです。 このテーマはいくら臨床の場数を踏んでも、いつも考えさせられることです。 臨床のメニューはその場でその人にあったものを提供す…

「憶の快を考える ~その1~」

三浦先生、一週間ありがとうございました。 今週から三浦寛幸が担当致します。 よろしくお願い致します。 今回のテーマは「憶の快」です。 このブログを読んで頂いている皆様にはなかなか馴染みのない言葉かと思いますが、これからの操体の未来と深く繋がっ…

「常識を疑う目 ~常識と共に生きていく中で~」

今年最後のブログになります。 今回与えられたテーマは今年一年の学びそのものだったように思っています。 今まで私達が当たり前としてきた「常識」から半歩距離を置いて、何度もそれが正しいのかを検証していくことの繰り返しで、そんな中で私が掴んだこと…

「常識を疑う目 ~様々な方向から捉えてみる~」

私の中で常識というものの捉え方の参考にしているのが野村克也さんの本です。 野村さんは選手としても監督としても偉大な成績を収めてきましたが、私の印象ですと厳格な方で基本を大切にし、選手にはアスリートとしてだけでなく一社会人としての生き方も大事…

「常識を疑う目 ~選球眼を培っていく~」

以前読んだ東洋経済ONLINEのサイトで常識を疑うことにおいて重要なのは「常識を疑う態度を身につけるということではなく、見送っていい常識と疑うべき常識を見極める選球眼を持つこと」と書かれていました。 私も日々操体の学びの中で「これで本当に正しいの…

「常識を疑う目 ~常識の価値観では見えてこないもの~」

このテーマに決まってから自身の今までを振り返ってみると、学ぶということにしても臨床にしても若い頃に信じられなかった非常識的なことが今の自分の当たり前になっていることに気が付きました。 皮膚に触れるだけの臨床にしても、また空間を通じて人を診る…

「常識を疑う目 ~エジソンの言葉から思うこと~」

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」 かの有名なエジソンの言葉である。 先日、この話で話題になったのですが、私は今までずっと99%の努力によって1%のひらめきが生まれてくるものだと思っていましたが、エジソンの真意は違うことを知りました…

「常識を疑う目 ~からだにとっての常識を変える~

「操体の常識は世間の非常識」 これは先月開催されたフォーラムや今回のブログで実行委員の寺本さんが言われていた言葉です。 生前、橋本敬三先生は「ワシのやっていることは60年先のことをやっているから今理解出来る者はいない」と言われていたそうですが…

「常識を疑う目 ~何を主体にして常識にするのか?~

三浦先生、一週間ありがとうございました。 今週から三浦寛幸が担当致します。お付き合い下さい。 今回のテーマは「常識を疑う目」となりますが、振り返ると今まで非常識に思われてきたことがいつの間にか当り前の常識になっていることが多くあります。 畠山…