購読中です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

からだへのおさめ方

からだの個々の細胞たちが日々おさめてくれていても

私たちが「おさめる」ことを怠ってしまうとからだは不健康に

傾斜していきます。

 

「おさめる」ことを怠るとはやるべきことをやらないこと。

 

やるべきことをやるとはストイックに

「こうしなければいけない」と思い込んで行動することでは

ありません。

 

健康のために「ああしよう、こうしよう」とあの手、この手で

からだをこねくりまわすことでもありません。

 

なぜ、医師である橋本敬三先生は

「治すことまで関与するな」とおっしゃったのでしょうか。

 

その言葉の意味を「おさめる」と

自分たちが何をやるべきかがわかってきます。

 

健康維持においてやるべきことをやるとは

「からだが要求していることに耳を傾ける」ことです。

 

干渉するのではなく無視しないこと。

 

自分が主でからだが従ではないということ。

 

からだが健康な状態に「おさまる」ために

私たちがからだの個々の細胞たちと協力してできること。

 

それは「感覚する」というプロセスを「おさめる」ことです。