読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

ゆがみ~その3~

操体の臨床は「構造運動力学」に基づいています。

ですから、「構造力学」という「カタチ」だけを見て終わるのでは

ありません。その「構造」が動くという、「運動力学」の観点も

入っています。

 

「構造」と「運動」を分けて考えるのではなく、一つのものと

考えます。「構造」は「運動」に影響を与えますし、「運動」は「構造」

影響を与えます。

 

さらにからだが動くという点において

からだの使い方、動かし方のルール=身体運動の法則があります。

この法則に順応することで「運動」から「構造」に変化を与えることが

できます。感覚することをすっぽかさなければ!

 

※因みにここでいう「運動」ってエクササイズや体操、トレーニング等

ではないですヨ。

 

とかく、外見にこだわりがちになってしまいますが

「運動」をすっ飛ばして「構造」を何とかしようとしていたのは

過去の私。何とかしようとすればするほど「何かこれって違うかも」って

感じていた過去の私。

 

さらに、さらに師について現在進行形で操体を学んでいると、

この動きも単純に目に見える動きから、目には見えない動きも加わって、

より「感覚」の大切さが身に染みてきます。

 

目には見えない動きを感覚として捉えることができたなら

からだの外枠の「構造」に対する見方も変わってきます。

 

「歪んでる」、「歪んでない」とからだを構造的にしか

見ていなければ、なんとなく無機質な感じがしますが、

そこに動き(目には見えない動きも)と感覚がおさまっていれば

からだに血が通いだすような感じがしてくるのです。

 

操体は「構造」を矯正するとか、「運動」=トレーニングで鍛えるとか、

「構造」と「運動」を分離する発想ではないんですネ