読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

感覚

出来るようになってから分かることがある。

 

僕が現役でバスケをやっていた時、苦手だったことが

一つある。

 

それは長距離のシュート(スリーポイント)。

 

スリーポイントラインはゴールから6.25m(当時)。

シュートが入る、入らないの以前にボールがゴールに

届かなかった。

 

小、中の頃はもちろん、高校一年ぐらいまではゴール

にかすりもしなかった記憶がある。

 

シュートに必要な技術、筋力、体力が足りなかったこ

とは言うまでもないが、一番は「ボールがゴールに届

く」という感覚が分からなかったのである。

 

それが、いつの頃かをきっかけにして、ボールがゴー

ルに届くようになった。

 

一度「ボールがゴールに届く」感覚が分かるようにな

ると、次は「シュートが入るか、入らないか」の感覚

が分かるようになった。

 

この感覚を掴んだことで、苦手な長距離のシュートが

面白くてたまらなくなった。

 

感覚を掴んだことで、必要なことは何かということが

分かったのである。

 

2016年春季東京操体フォーラムは4月29日(金)開催です。

http://www.tokyo-sotai.com/?p=1278

2016年9月 新創生期操体法特別臨床講座 開講!

http://www.sotai-miura.com/?page_id=1018