読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

「シンカ」の味わい

今年の9月から操体法東京研究会の新しい講習が開講する。

このブログの末尾に静かに添えられているリンク先。

アンテナに触れた方は、そっと覗いてみてもらいたい。

 

いつからか、本定例講習の名称は「新創生期」という名前に変化していた。

 

まだ操体の「そ」の字もしらなかった頃。

わけもわからないままに、最初に門を叩いたとき

目の前に提示された「第77回 操体指導者養成コース」という名前に

わからないながらも惹かれるものを感じ、半歩踏み出したときのこと。

 

その半歩から数年。

それまでは好奇心の赴くまま。熱しやすく、冷めやすくもあった。

あのワタシは一体どこへ行ったのか。

 

いや、どこにも行ってはいない。

ただ、気付いたら、定例講習は4循環。

それに平行して個人レッスンは3循環。

 

 

そして「新創生期」。

今まで描いてきた螺旋の道筋。

それをもう一度スタートラインから辿ってみるようなイメージ。

 

でも「最初からやり直し」とは、ひと味もふた味も違う。

「シンカ」を味わいながら、再び歩む。

そういう地点に、いま立っているような感じだ。

 

あの操体のベテラン、畠山先生でさえも、

自身のブログ「操体法大辞典」のなかでこれから始まる「新創生期」を前に驚くべきことを、さらりと言っている。

 

blog.teizan.com

 

操体というアンパンをかじっていて、やっとあんこの部分にきたぞ、という感じです』

 

 え、まだこれから「あんこ」の部分が待っているの!?

 

…いや、そのことに心底驚きつつも、

素直に「納得」もしている自分自身がいる。

 

たしかに、そうだ。

いまだから感じられたスタート地点を前にして、

「シンカ」した操体の「そ」の字のことに、触れるタイミングに来ていると感じています。

 

一週間ありがとうございました。

 

明日からは友松実行委員の「シンカ」、始まります。

お愉しみに。

 

2016年9月新規開講のご案内