読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

操体にはおさめが在る

おはようございます。

瀧澤実行委員、一週間ありがとうございました。

本日より、寺本が担当します。宜しくお願い致します。

 

前回のブログデーマ「愛」に引き続き、今回は「おさめ」。

 

ふと閃きました。

操体操体法」というものがあることを知り

「自分も勉強してみたい」と思い、初めて師匠に連絡をした、その時のことです。

 

電話口からきこえてくる「操体指導者」の声や言葉をききながら

「自分に足りなかったものが、この人から学べるかもしれない」と感じ、

アタマで理由はわからないけれども、

自分自身が感じているそのことに「核心」を持てている。

そんな不思議さがあったこと。

 

四年間学んできて、「不思議さ」の中身が

いまは納得できるのです。

あの瞬間から、大切なことを見せていただいていたのだと。

 

電話口の先、「声」から感じた「おさめ」の波動。

おさまっている「人間」がこの電話の先にいる。

いま、たしかに生きている。出会っている。

 

その確固たる「事実」は、

悩み、迷いながらも、生きていたその時の自分にとって

「きっと、自分自身もおさまる」という核心につながった。

 

 『自分がずっと探していたことのヒントがここにはある』

 

そのひとつは

操体には『おさめ』が在る」

ということだと思います。 

 

生きている人間のスガタに写し出された

「おさめ」に憧れて、いまも学び続けているのだと感じています。

 

f:id:tokyo_sotai:20150510051949j:plain