読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

③”ひずみ”と”ゆがみ”

ヒトの中心軸はどこ?鏡に映した場合、自分の「からだ」の真ん中なの?

本当にそれって理にかなっているのかなぁ・・・。

 

 ・・・「(わざわざ)歪んで(くれるから) (私たちは) 助かってるんだ!」・・・

 

 

 ≪~環境相とワタシ~≫ 

 

「最高の処世術とは、妥協することなしに適応することである」                                                                 

               ゲオルク・ジンメル (ドイツの社会学者)

 

唐突ですが、夢は夢でも妙にリアルに語りかけてくるコトがあるんですよ。

(こんなこと言ってると”変人”扱いされるから、”ココダケの話”で・・笑)

 

その世界(?)は、三浦理事長やフォーラムのメンバーも出演するのですが、

結構あっちの世界(?)でも、面白い学びを共有しているんですよねぇ~。

 

夢の世界も妥協しないんだな・・・と(笑)、寝起きに日記へ書いておくのです。

 ハイ!テーマに沿って名付けるなら、ズバリ「YouがMe」(こんなオチ?)

  

・YouはMe曰く、「調和と人間の姿について学んで欲しい・・・」

・太陽光→(+)・陽エネルギー・浄化・破壊・

宇宙線→(-)・陰エネルギー・散布・再生 

注:何か、地球上のエネルギー形態では、識別が必要なのかもしれませんね。

 

・生命の仕組み:組織→細胞→水(液状体)

        →蛋白・脂肪・線維(ゲル状体)

        →ミネラル(鉱物体)骨

注:「ん?」組織から細胞?という事は、一般的ではありませんけどネ。

 

・繊細なレベルにおいて→粒子で捉えると、生命の定理・公理は消える。

 原子・中性子・陽子・電子の素粒子は、愛・調和・意志を基に成立

 している故に、生命現象は干渉作用のあるエネルギー体でもある。

 

注:この現象界に貫通している理念も、元始無限界の理念も、同格で

  同質のものである、という哲学思想を(操体で)学びましたネ。

 

朝からこのような問いかけがあり、日々の学びに繋がるように感じます。

「好き」の反対は「嫌い」ではなくて、「無関心」という意味ですから、

「木を見て森を見ず」ではありませんが、細かいコトで無視するよりも、

ヤジウマしてヒントになるようなことは、有難く頂こうと考えています。

 

からだは歪んでいても、こころが拗(ねじ)けることのないようにネッ!

 

 

                                      岡村郁生

 

 

※おまけでゲッツ!のコーナー(チャレンジ国語辞典~福武書店~)

・ゆがむ:形が崩れて、ねじれたり曲がったりする。

     こころの考え方がひねくれて素直でない。

・ひずむ:力を加えられて形がゆがむ。

     いびつな形になる。

ん?・・・ということは、力が加わることより(ある)重要なコトに気付けば、

歪みは「歪んで 助かってるんだ!」ということになりますよね~。