読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

 三日目。宇宙不変の法則

橋本敬三先生は

社会主義弁証法よりも、陰陽弁証法のほうが優れている」
というようなことを書いていらっしゃいます。

シベリア抑留中、いわゆる「アカ(社会主義)」思想を
叩き込まれるわけですが、その中で
陰と陽のある日本神話(例えばイザナギイザナミの国生みとか)、
「無双原理」を説いている桜沢如一(ジョージ・オーサワ)の
陰陽弁証法がこの世の最高原理ではないかと。

私はこの「陰陽弁証法」と「無双原理」にもう少し突っ込もうと
思っていたのですが、
ふとしたご縁で、易を勉強することになりました。

これも愛の導き(笑)

それに、易って「八卦」(はっけ)といいますが、
8×8=64卦(か)あったり、
8という数字と6という数字が結構出てきます。
8にご縁があるのも面白いなと。

さて、

宇宙の法則というものがあります。

その中で、一番確実だと思われるもの。

それは

「この世に変わらないものはない」

ということです。これが不変の宇宙の法則なのです。

つまり、宇宙は変わり続けるということですね。
宇宙は変わり続けるというのが、変わらない法則。

「愛と言葉」について私も色々考えてみました。

私は占いもやりますので、
ご相談を受けることがあります。

その多くは、男女の愛に限らず
「相手の言葉を信じられない」という
コミュニケーションの不足から来ているのです。

つまり、愛を現象に表すことができる言葉が
信じられないのです。

これは一体どういうことなんでしょうね。

言葉は時に、ウソになったり
人を欺いたりするからです。

「彼の気持ちが知りたい」という相談を受けます。

そこを深掘りしていくと、出てくる問題は

「相手の言葉の真意が読み取れない」という不安なのです。

その前に、
好きな人になにかあげたい、というのは
生物として自然なことなのではないかと思います。

花が枯れるのは当たり前です。
私達が花を愛でるのは、そのライフサイクルを目の当たりにして
改めてイノチのことを考えるからかもしれません。

「花はどうせ枯れちゃうから、悲しくなるから最初から育てない」
というのは極論ですし、
そういうヒトは、何か寂しい。

「花はどうせ枯れちゃうから最初から育てない」ということは

「愛」の否定だと思うんです。

最近「どうせ付き合っても別れて傷つくから、彼(彼女)なんて
いらない」という人もいるようですが・・。

「言葉」というのは目に見えません。
お花や宝石は目に見えます。

この世では、
目に見えるものも、見えないものも大事なのではないでしょうか。


そうなんです。私は多分「陰と陽」ではないですが、
太極のように、陰と陽は全く反対の気質を持つものも
太極図のように、丸く一つにおさまる、というのが好きなのでしょう。

また、ギリシャ十字(縦と横が同じ長さ)は、
からだ(横軸)とたましい(縦軸)が同じ長さで、
こころとからだのバランスがとれている状態なのだそうです。

いわゆる普通の十字架は、縦と横の縦が長いですが
これは身体よりもたましいを重んじているのだそうです。

○とか六芒星とかクロスとかの単純でなおかつ奥深いシンボルを
ヤントラと言います。
人間の潜在意識にアクセスするツールであるとも言われています。

愛というと、私がイメージするのは太極図かもしれません。

聖なるチカラと形・ヤントラ―なぜ、翼をもった大人になれるのか?

聖なるチカラと形・ヤントラ―なぜ、翼をもった大人になれるのか?

★ヤントラに御興味がある方はどうぞ。

以前、フォーラム相談役の太田剛先生と、実行委員の日下さんが
対談をしたことがありますが、その時「面白いな」と思ったのは、

人間が言葉を使うようになってから、そんなに時間は経っていない
ということでした。

ネアンデルタール人は、発声はできたようですが、多分
「ウホウホ」とか、会話にはなっていなかったと言われています。

クロマニヨン人(3万年〜5万年前)は、好きだとか嫌いとか
嬉しい、悲しいという表現を行っており、また装飾品を作り、葬儀を
行い、言語を使っていたと言われています。

もっと遡って、人間の脳梁(言語能力を司る)が左脳と右脳を
繋げたのは、せいぜい2000年〜3000年前だと言われています。

これは、ブッダとキリストという宗教家が登場した時期とも
重なっています。

人間の言語能力が、脳梁の発達によって一気に世に出た結果なのかも
と思います。

以前、イギリス人の友人に言われたのが
「イギリス本土で僕らの祖先が『うほうほ』言って言語を持たなかった頃
日本人は高等な言語を持っていたらしい」という話でした。

宗教の発生とともに
「最初にことばありき」だったのでしょう。

日本は、西洋に宗教が発生する以前に、
高等な言語文化を持っていたのは事実です。


畠山裕海


黒と白。陰と陽。

「2015年春季東京操体フォーラム」開催決定
4月29日(祝)に開催いたします。
『目からウロコ』のプログラムを企画しております。
詳細は以下、「東京操体フォーラムHP」をご確認ください。
http://www.tokyo-sotai.com/?page_id=980