読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

無知

瀧澤 一寛(たきさわ かずひろ)

現役でバスケをしていた頃、よくケガをしていた。

ほとんどが内反捻挫。一時期腰痛。

 

現役最後の方は、常に足首にテーピングとサポーター

を施していた。

 

捻挫に関しては、小学生の頃から。

当時仲間内で流行っていた某サッカー漫画で主人公が

足首をケガするシーンがあった。

 

足首をケガすることに憧れた小学生の自分は、わざと

足首を捻挫させ、主人公と自分を重ね合わせて痛みを

味わうという変なヤツだった。

 

話を戻して、現役時代になぜ、そこまで内反捻挫を繰

り返していたかといえば、足の裏がお留守になってい

たからだ。

 

足の裏の何処に体重をのせたらいいのか?

そのためには何をしたらいいのか?

 

そんなことを知る由もなく、ただただ足首が緩くなっ

ているものと思っていた。

 

「無知は罪」

 

からだに対しての罪である。

 

2016年春季東京操体フォーラムは4月29日(金)開催です。

http://www.tokyo-sotai.com/?p=1278

2016年9月 新創生期操体法特別臨床講座 開講!

http://www.sotai-miura.com/?page_id=1018